気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『図解 なんかへんな生きもの』動物の生きざまをキュートに、ときにシビアに解説 予約が殺到しすぎて発売前に大増刷決定!

『図解 なんかへんな生きもの』動物の生きざまをキュートに、ときにシビアに解説 予約が殺到しすぎて発売前に大増刷決定!

『図解 なんかへんな生きもの』動物の生きざまをキュートに、ときにシビアに解説 予約が殺到しすぎて発売前に大増刷決定!

光文社より、Twitterで大反響を呼んだ「生きもの図解シリーズ」を書籍化した、ぬまがさワタリさん著『図解 なんかへんな生きもの』が12月15日に刊行されます。

 

生きもの図解シリーズとは

「生きもの図解シリーズ」とは、イラストレーターのぬまがさワタリさんがTwitterに投稿していた作品シリーズで、身近な生きものの意外な生態や、あまり知られていない動物の生きざまを、キュートに、ときにシビアに独特の切り口で解説しています。

本書では、Twitterで既出のイラストをすべて収録。それらを大幅にブラッシュアップしたほか、15作品の描き下ろしとコラムが加えられています。

約13万RT、12万4000“いいね”がついた「ヒアリ」の図解(2017年7月8日投稿)

約13万RT、12万4000“いいね”がついた「ヒアリ」の図解(2017年7月8日投稿)

約4万4000RT、約4万9000“いいね”がついた「ラブカ」の図解(2016年11月10日投稿)

約4万4000RT、約4万9000“いいね”がついた「ラブカ」の図解(2016年11月10日投稿)

約2万7000RT、約2万9000“いいね”がついた「モズ」の図解(2016年10月6日投稿)

約2万7000RT、約2万9000“いいね”がついた「モズ」の図解(2016年10月6日投稿)

 

その他の掲載例

・ふわふわ不死身「ベニクラゲ」

・触手なインテリジェンス「マダコ」

・洗わないしクマでもない「アライグマ」

・仮面のサイレントキラー「メンフクロウ」

・深海のふしぎメガ蟲「ダイオウグソクムシ」

・世界最大の有毒生物「コモドオオトカゲ」

・波間に漂う毒天使「アオミノウミウシ」など全40種

 

予約が殺到しています!

発売前にして、Amazon売れ筋ランキング1位、人気度ランキング1位、注目度ランキング1位の三冠を達成。

(画像は2017年11月29日0時45分時点のもの)

(画像は2017年11月29日0時45分時点のもの)

【予約を済ませた方からのコメント(一部抜粋)】
「待ってました!」
「子どもも大好きなので、贈り物にしようと思います」
「自分用と、クリスマスプレゼント用で3冊予約しました」
「まずは私物で買って来年度の予算で図書室にねじこみます!」
ほか、多数のコメントをいただいております。

 

ぬまがさワタリさん プロフィール

著者のぬまがさワタリさんは、イラストレーター。2016年より、鳥と水棲生物を中心とした生きもの図解をウェブで発表している。映画やドラマ、ドキュメンタリー、アニメなどをテーマにした作品も多い。

★Twitter(@numagasa):https://twitter.com/numagasa

 

図解 なんかへんな生きもの
Twitterで大反響!
今までになかった唯一無二の生きもの図説!

身近な生きものの意外な生態や、あまり知られていない生きものの生きざまを独特の切り口で解説します。

 
【関連】
ぬまがさワタリ@生きもの図解本12/15発売!(@numagasa)さん | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です