気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『廃炉 「敗北の現場」で働く誇り』「働く」とは、「仕事」とは何か――震災から10年、「未曽有の現場」を支える誇り高き人々の記録!

稲泉連さん著『廃炉 「敗北の現場」で働く誇り』

稲泉連さん著『廃炉 「敗北の現場」で働く誇り』

稲泉連さん著『廃炉 「敗北の現場」で働く誇り』が、新潮社より刊行されました。

東京電力福島第一原発では、40年かかるとされる廃炉作業が今日も続けられています。
高放射線量の下、数多の困難を乗り越える技術者。彼らを支えるバックヤードの人々。福島を離れまいと異動を拒む官僚。「加害者」になることを厭わず、東電に入社した社員たち……「廃炉」に立ち向かう彼らの姿を描いたノンフィクション作品です。

 

最先端の技術と使命感を胸に、逆境の中、しんがりを務める人々の想いを紡ぐ

東日本大震災から10年という節目を目前にした2021年2月13日、マグニチュード7・3の地震が福島県沖で発生しました。

震災の様々な記憶が思い起こされる中、福島第一原発では今日も廃炉作業が進められています。著者は東京電力や協力企業など、多くの関係者に取材を進めてきました。その中で、ある技術者が3・11の地震後に初めて福島第一原発に入った時、「敗北感」を抱いたという言葉が、心に深く刻まれたといいます。

 
彼らが働いている場所を、科学技術の「敗北の現場」と呼ぶのであれば、そこで作業に従事する彼らはどのようなモチベーションで働いているのか。そしてその胸中に去来するものは何か――取材で浮かんできたのは、誇りと使命感に満ち溢れた技術者や企業関係者、官僚たちのたくましい姿です。

廃炉への道はまだ先が長いものの、その前途には光明が見えてきていることが感じられる一冊です。

 

本書の構成

プロローグ

第一章 福島に留まり続けるある官僚の決意

第二章 四号機を覆え

第三章 イチエフのバックヤードで働く人々

第四章 高線量瓦礫は夜運ばれる

第五章 廃炉創造ロボコンの若者たち

第六章 東芝の二人

第七章 事故後入社の東電社員たち

エピローグ
あとがき

 

著者プロフィール

著者の稲泉連(いないずみ・れん)さんは、1979(昭和54)年、東京生れ。早稲田大学第二文学部卒業。在学中の1998(平成10)年『僕の高校中退マニュアル』で単行本デビュー。

2005年『ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死―』で第36回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。他の著書に『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』『仕事漂流―就職氷河期世代の「働き方」―』『復興の書店』『ドキュメント豪雨災害―そのとき人は何を見るか―』がある。

 

廃炉: 「敗北の現場」で働く誇り
稲泉 連 (著)

「これをうちがやらなければ、どうなるか分からない。選択肢はない、前を向いているしかないんだ」(4号機作業に関わったゼネコン社員)
「この仕事は何も起こらなくて当たり前で、何かが起これば新聞の一面で報じられる」(3号機作業に関わったゼネコン社員」
「あれだけ批判を受けてきた企業ですから、やろうとする人がいないんじゃないか。それなら自分が手を挙げてみよう」(事故後、東電に新卒で入った女性社員」

福島第一原発では40年かかる廃炉作業が今日も続く。最先端の技術と使命感を胸に、高放射線量の下、数多の困難を乗り越える技術者。彼らを支えるバックヤードの人々。福島を離れまいと異動を拒む官僚。「加害者」になることを厭わず、東電を選んだ新入社員たち――。逆境の中、しんがりを務める彼らの、熱き想いを紡ぐ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です