気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『ケチじょうずは捨てじょうず』持たずに暮らし方を工夫する!

小笠原洋子さん著『ケチじょうずは捨てじょうず』

小笠原洋子さん著『ケチじょうずは捨てじょうず』

小笠原洋子さん著『ケチじょうずは捨てじょうず』が、ビジネス社より発売中です。

 

テーブルの上のものを、置きなおしてみましょう。それだけでもきっと、不要なものが見つかります。

脂肪とごみは似ています。どちらもいつの間にか溜まって、溜まると簡単には減りません。つまり、最初から”溜めない”努力が必要なんです。

 
――本書は、前作『おひとりさまのケチじょうず』が評判を呼んだエッセイストの第二弾。

“とことんまで使い切る”“できるだけ買わずにすませる”生活を実践している作家の、“モノを溜めない”生活の知恵を公開します。

 

群ようこさんが絶賛した“捨て力”!

小笠原さんのエッセイが注目されるきっかけとなったのは、作家の群ようこさんが、その“捨て力”を絶賛したこと。

 
今回は、なぜ多くのモノを捨て、シンプルな生活を志すようになったのか、ある事件が語られます。さらに、実家を整理した際のさまざまな処分体験も書き下ろしています。

 

ものが減ると、空間だけでなく、心のスペースまでが広がります。

バブル期には京都の画廊に勤め、欲しい衣服を買い、祇園で遊んでいた小笠原さん。そうした経験を経て、精神重視の生活に目覚めました。

節約はしても、みじめな暮らしにならないためには、美的センスがものをいいます。豊富な知識と、美的感覚あふれるエッセイは、人生経験を積んだ大人にしか味わえないテイスト。時に笑い、時に考えさせられ、読み終わるころには、身の回りを整理したくなります。

 
生きるということは、ごみが出るもの。日々の生活に手間をかけ、余計なものを省いてすっきり暮らしましょう。

 

著者プロフィール

著者の小笠原洋子(おがさわら・ようこ)さんは、1949年生まれ。東京都出身。東洋大学文学部卒業。京都で日本画、現代陶芸を扱う画廊に勤務。東京に移転し、弥生美術館、竹久夢二美術館にて学芸員、及び成蹊大学非常勤講師を務める。

退職後、フリー・キュレター、美術エッセイストとして活躍。昭和初期の挿絵に関する諸本を編集する。現在はエッセイストとして、新聞や雑誌への寄稿などで活躍中。

著書に、『おひとりさまのケチじょうず』『ケチじょうず 美的倹約暮らし』(ビジネス社)、『五条坂弥生坂物語』(美術出版社)、『夢二・ギヤマンの舟』(大村書店)、『フリードリヒへの旅』(角川学芸出版)などがある。

 

ケチじょうずは捨てじょうず
小笠原 洋子 (著)

巷では“捨てるノウハウ”が大流行。
でも、ちょっと待って。
せっかくお金を出して買ったものなのに捨て方を学ぶなんて、どこかヘン。

買わずに減らす生活、始めませんか?

☆これで、あなたもケチじょうず!
*「これ便利そう! 」と百均で飛びつかず、自作する。
*スーパーのレジ前で計算し、必ず1品は棚に戻す。
*ティッシュは買わず、トイレットペーパーを卓上で使う。
*タンスの肥やしは、リフォームして活用する。
*生ごみはできるだけ減らす。皮や種、骨も食べる。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
脂肪とごみは似ています。
どちらもいつの間にか溜まって、溜まると簡単には減りません。
ですから、最初から”溜めない”努力が必要なのです。
ようく、おわかりですよね?
ものが減ると、空間ばかりか、心の中まで広がります。
私がどのようにして身の回りのものを減らしてきたか、減らす努力をしてきたか、お話ししましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です