気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『おれは無関心なあなたを傷つけたい』ウーマンラッシュアワー・村本大輔さんが贈る「劇薬ノンフィクション」

村本大輔さん著『おれは無関心なあなたを傷つけたい』

村本大輔さん著『おれは無関心なあなたを傷つけたい』

漫才師「ウーマンラッシュアワー」村本大輔さんのエッセイ『おれは無関心なあなたを傷つけたい』が、ダイヤモンド社より刊行されました。

本書はメディアプラットフォーム「note」の記事に、新しく書き下ろしを多数加えて構成したものです。

 

見て見ぬふりをするすべての日本人へ―― ウーマンラッシュアワー村本大輔さんが贈る、最初で最後の“劇薬”!

本書は、被災地、原発、朝鮮学校、基地問題など、そこに確実に存在する問題に読者をいざない、問題の是非ではなく、われわれの無関心な姿勢そのものに疑問を投げかけ、深く考えさせる一冊です。

 
どうしてその漫才をするのか?
現地に足を運び、彼は何を感じたのか?

忖度一切なし、ウーマン村本さんからの最初で最後の本気のメッセージです。

 
<著者・村本大輔さんのコメント(本書「おわりに」より)>

この本はすべてスマホで書いた。そのときの感情で書いているから、おれとか、僕とか、自分の呼び方がバラバラで気になるかもしれない。でも、自分の言葉で見えたものをそのまま書きたくて本を書いた。僕は、朽ち果てた船ばかりを探して絵を描く。しかしそれに囚われて、その奥のキラキラした海を見ていないことがある。しかしあなたはキラキラした海ばかりを見て、朽ち果てた船を見ていないように見える。彼らはあなたと目が合わないと感じている。それが、いま僕があなたに伝えたいことだ。

 

本書「はじめに」より

この本は、僕が文字を使って描いた”絵”だ。絵は同じものを描いても人によって違うものになる。同じ富士山を描いても、遠くから見たものか、はたまた樹海の中から見たものかで変わる。

僕は福井にいた子どもの頃、目の前の海の桟橋に行き、絵を描いた。通りすがりの近所のおばあちゃんが僕の絵を見て驚いた。

「大ちゃん、なんで海を描かんの? こんなにお日さんが射してキラキラしとるのに」

僕は海の手前にあるボロボロの船小屋の、誰も乗らなくなった木の船を描いていた。それはとても寂しそうな船だった。いま思えば、当時、僕の生まれ育った漁村は過疎化が少しずつ始まり、漁をやる人もほぼいなくなっていた。木の船は朽ち果て、ゴミが捨てられ、それはそれはとても寂しそうに見えた。僕は、海ではなくその船を描いた。

世界は、日本は、人間は、そのときによって良くも悪くも見える。世界の貧困や紛争、そんなことばかりを見ていたら世界を描くときに、とても暗くて怒りに満ちた絵を描くだろう。一方で、優しい友達、新しい発明、素敵なものばかりが目につく人たちはとてもキラキラした絵を描けるだろう。

この本で僕は、文字を使って、僕から見えた世界を描いた。美しい海を見ずに朽ち果てた船を描くような男だ。あなたには、これまで見えていなかった景色を僕は描いているかもしれない。そしてそれは、誰かに恐怖や怒りを覚えさせるだろう。

もちろんそれは、僕にはそう見えた、その程度のものかもしれない。あなたとは違うかもしれない。だけど、一つだけ言えることがある。見え方は違えど、それは、確実にそこに「ある」ということだ。

あの頃に僕が見た、朽ち果てた木の船のように、そこに確実に存在するのに、ないものにされている景色がある。そんな透明にされている景色を、おれはこの本であなたたちに現実として突きつけてやりたい。

見て見ぬふりをする、すべての無関心なあなたたちへ。

村本大輔

 

本書の目次

・手作りキンパに想うこと
・犠牲の上にあぐらをかく人たちはかいている自覚すらない
・町がなくなる気持ち
・大人の着ぐるみを脱げ
・塩の効かないナメクジ
・生放送でテロを起こす
・ネットは白か黒だが、現場は限りないグレーを見せてくれる
・あのときの悲劇はこの先の喜劇に
・ウルトラマンも自分の足元を見ろ
・被災者は声を隠す
・つくり悲しみ顔
・北海道の虎と沖縄の龍
・答えの捏造
・発信するということ
・置き去りにされた被災地
・社会未経験童貞には細かな説明が必要だ
・彼らのネタ
・西部邁さん、ありがとう
・迷彩服を脱いだやつから順番に撃たれる狂った社会
・それを暴く実験
・誰もがスタンドアップコメディができる
・ダウン症の彼は、僕にない大事なものを持っていた
・僕は木刀をマイクに持ち替えてそこに潜む
・風景をリアルに
・痛みを和らげる

 

著者プロフィール

著者の村本大輔(むらもと・だいすけ)さんは、1980年生まれ。福井県おおい町出身。2008年に中川パラダイスさんとお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」を結成。2013年に漫才コンクール第43回NHK上方漫才コンテスト、THE MANZAIともに優勝。

AbemaTV「ABEMA Prime」を通じてニュースに触れ興味を持ち始めたことをきっかけに、原発や沖縄基地問題、朝鮮学校など政治・社会問題を取り上げた漫才をつくり、フジテレビ系『THE MANZAI2017』で披露。劇場を主な活動の場にしており、積極的に全国で独演会を開催している。SNSでも積極的に発信。

★note:https://note.com/muramoto
★Twitter(@WRHMURAMOTO):https://twitter.com/WRHMURAMOTO

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です