気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『パワースピーチ入門』福澤諭吉、チャーチルからクオモNY州知事まで――これが、人の心を揺さぶり動かす言葉の力だ!

橋爪大三郎さん著『パワースピーチ入門』

橋爪大三郎さん著『パワースピーチ入門』

橋爪大三郎さん著『パワースピーチ入門』(角川新書)が、KADOKAWAより刊行されました。

 

社会学の泰斗が読み解くスピーチの極意とは何か?

新型コロナウイルス危機下、あらためて問われたのは「リーダーの指導力」でした。

改めて問われたリーダーの指導力。人々を鼓舞する良いスピーチ、駄目なスピーチの違いとは何か?
福澤諭吉、齋藤隆夫、チャーチルから、コロナ渦で注目されたクオモNY州知事、メルケル首相、安倍晋三首相までのスピーチを引きながら、人々を鼓舞する良いスピーチ、落胆される駄目なスピーチの違いを解き明かします。

 
【本書で引用されるスピーチ】

NY州兵が招集されると、ニューヨーカー一人ひとりが必ず誇らしい気持ちになります。
じゃあ言おう。さあ、出て行って、コロナウィルスを一発、蹴っ飛ばしてやれ。
皆さん一人ひとりに、神の祝福があるように。
(第1章・クオモNY州知事スピーチの抜粋)

 
今日は悲しい日だ、と首相は言った。
でも、こんなふうに考えてみたらどうだろうか。
もしもこの戦争の試練がこの島にも及ぶのなら、
いまの世代の英国人たちは、待っていましたと相手になる。感謝したいぐらいだ。
イギリスの偉大さを築いた父祖たちに、ひけをとらないと証明できるのだから。
(第3章・チャーチルスピーチの抜粋)

 

本書の構成

第1部 伝説の討論

第2部 これがパワースピーチだ
第1章 クオモNY州知事の伝え方
第2章 メルケル首相の言葉を紡ぐ力
第3章 チャーチルはなぜ歴史を動かせたか

第3部パワースピーチのつくり方
第4章 添削でよくなるスピーチの実例
第5章 日本の名スピーチの実践者たち

第4部 スピーチ力を伸ばす
第6章 スピーチ原稿を磨く
第7章 スピーチ力を育む

 

著者プロフィール

著者の橋爪大三郎(はしづめ・だいさぶろう)さんは、1948年神奈川県生まれ。1977年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学者。大学院大学至善館教授。東京工業大学名誉教授。

『4行でわかる世界の文明』(角川新書)、『はじめての構造主義』(講談社現代新書)、『皇国日本とアメリカ大権』(筑摩選書)など著書多数。共著に『ふしぎなキリスト教』(講談社現代新書/新書大賞2012を受賞)、『日本人のための軍事学』(角川新書)など。

 

パワースピーチ入門 (角川新書)
橋爪 大三郎 (著)

新型コロナウイルス危機下、改めて問われたリーダーの指導力。 人々を鼓舞する良いスピーチ、駄目なスピーチの違いとは? 当代随一の社会学者が、古今東西の事例を読み解き明らかにする、人を動かし導く言葉の技法!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です