気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『世界のエリートは「自分のことば」で人を動かす』世界トップ100のプロフェッショナルスピーカーが教えるリーダーの話し方

リップシャッツ信元夏代さん著『世界のエリートは「自分のことば」で人を動かす』

リップシャッツ信元夏代さん著『世界のエリートは「自分のことば」で人を動かす』

リップシャッツ信元夏代さん著『世界のエリートは「自分のことば」で人を動かす』が、フォレスト出版より刊行されました。

本書では、世界水準のブレイクスルー・メソッドを使って、営業・会議・プレゼンなど、リーダーが自分らしい言葉で語る手法を解説しています。

 

ニューヨークのスピーチ大会5連覇、世界トップ100のプロフェッショナルスピーカーの戦略コンサルタントが教える伝え方の技術

これからのリーダーは、営業や会議、プレゼン、また部下の前でも、“自信”と“存在感”をもって話ができなければなりません。
というのも、世界のエリートたちは、それが当たり前の水準になっているからです。

 
日本人はプレゼンの場においても、会社説明や本題に入る前の前置きが長く、その時点で聞き手の興味は失われてしまいます。そうならないためにも、世界水準の話し方をマスターし、それを自分らしい言葉で伝える必要があります。

 
本書では、「自分らしい言葉」や「自分や会社の体験」などからストーリーを構築し、クライアントの心をつかむ、「ストーリーを語る」という手法を紹介しています。

 
◎リーダーは「4つのF」で共感を集める
◎ひと言で共感を集める「ワンビッグメッセージ」
◎3幕構成法でストーリーの骨組みを作る
◎具体的にストーリーを作る5ステップ
◎ストーリーには「6つのC」を盛り込む
◎「5つのI(アイ)」で、ゴールの階段を昇る
◎たんなる事例紹介からコーポレートストーリーへ

…など、クライアントを動かすストーリーテクニックが満載です。

 
有名なストーリーにスティーブ・ジョブズがiPhoneを発売する際の開発ストーリーがありますが、なにも彼のようなストーリーテラーになれということではありません。
そうした壮大なストーリーではなく、上記に挙げた手法を使いながら、自分自身のストーリーを語ることによって、人を動かしていけるのです。

 

なぜ、あなたの言葉は伝わらないのか?

本書では、リーダーが実際に使えるストーリー構築法を示していきます。

「自社のサービスを導入することにより、事業プロセスを効率化させる」「働き方改革によるテレワーク導入で生産性を上げる」など、陥りやすい失敗例、それをストーリーを取り入れた成功例など、違いも理解することができます。

 
さらに、こうしたストーリーの骨組みを作成するためのワークシートも掲載。著者が提唱するブレイクスルー・メソッドに沿って、自身の課題に取り組めるよう丁寧に解説していきます。

 

本書の構成

第1章 なぜできるリーダーは「心を揺さぶる」ストーリーを語るのか

第2章 あなたのことばが伝わらない、決定的な違い

第3章 映画に学べ! 人を動かすストーリー構築法

第4章 人を動かす上級ストーリーテクニック

第5章 ビジネス戦略としての「コーポレートストーリー」の作り方

第6章 リーダーは「自分のことば」で人を動かす

 

著者プロフィール

著者のリップシャッツ信元夏代(Natsuyo Nobumoto Lipschutz)さんは、事業戦略コンサルタント、認定スピーチコーチ、プロフェッショナルスピーカー。

ニューヨーク在住。1995年、早稲田大学商学部卒業。ニューヨーク大学スターン・スクールオブビジネスにて経営学修士(MBA)取得。早稲田大学卒業後すぐに渡米し、伊藤忠インターナショナル・インク(NY)に勤務。その後マッキンゼー・アンド・カンパニー(東京)を経て、2004年に事業戦略コンサルティング会社のアスパイア・インテリジェンスを設立。同社を通して、調査分析、戦略設計、及びグローバルリーダー育成のための各種企業研修を提供。

2014年には、ブレイクスルー・スピーキング(TM)を立ち上げ、グローバルに活躍する日本人向けに人々の心を魅了するプレゼン・スピーチを指導。トースト・マスターズインターナショナルの国際スピーチコンテストでは、日本人初の地区大会4連覇、2019年の大会では世界トップ100入りを果たす。また、日本人で唯一のWorld Class Speaking認定講師となる。全米プロスピーカー協会会員。2015年にはTEDx Waseda Uにも登壇し、そのスピーチ“Living in the YES”は反響を呼んだ。

著書に『20字に削ぎ落とせ』(朝日新聞出版)、英語著書にブライアン・トレーシーさんとの共著『The Success Blueprint』(Celebrity Press)がある。

 

世界のエリートは「自分のことば」で人を動かす
リップシャッツ信元夏代 (著)

営業やプレゼンで商品説明をしていませんか?会議で部下のモチベーションは低下していませんか?トップやリーダーが“ビジネス戦略”として、コーポレートストーリーを語るのは、いまや世界の常識。“自分らしいことば”で人を導く、次世代リーダー必読の書。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です