気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『マンガで「めんどくさい」がなくなる本』17.8万部突破『「めんどくさい」がなくなる本』を読むのも「めんどくさい」人のための本

『マンガで「めんどくさい」がなくなる本』(著:鶴田豊和さん/作画:藤原ちづるさん/シナリオ原作:鍋島焼太郎さん)

『マンガで「めんどくさい」がなくなる本』(著:鶴田豊和さん/作画:藤原ちづるさん/シナリオ原作:鍋島焼太郎さん)

フォレスト出版は、行動心理コンサルタントで、これまでのべ1万人を行動心理面からサポートしてきて来た鶴田豊和さんの17.8万部突破のロングセラー『「めんどくさい」がなくなる本』をマンガ化し、『マンガで「めんどくさい」がなくなる本』(著:鶴田豊和さん/作画:藤原ちづるさん/シナリオ原作:鍋島焼太郎さん)として刊行しました。

 

17.8万部突破のロングセラーをマンガ化! 本を読むのも「めんどくさい」人のための本

「会社に行くのが、めんどくさい」(会社員)
「今夜の献立を考えるのが、めんどくさい」(主婦)
「事業計画を立てるのが、めんどくさい」(経営者)
「同僚との人間関係が、めんどくさい」(OL)
「あの授業を受けるのが、めんどくさい」(学生)

…などなど、それぞれの立場で、誰もがつねづね湧き上がってくるのが「めんどくさい」という感情です。

 
そんな私たちの日常について回る「めんどくさい」という感情とどのように付き合い、どのようになくしていけばいいのか?

主人公・めんどくさがりOLのミユキが、できる上司・チサトから教えてもらった効果実証済みの心理テクニックを用いて、

◎行動するのが、めんどくさい
◎人間関係が、めんどくさい

という2大「めんどくさい」を解消していく――。

マンガ版ならではの痛快なストーリーで、楽しみながら「めんどくさい」解消メソッドを身につけられる一冊となっています。

 
【こんな「めんどくさい」を一気に解消】 ※ほんの一例

朝起きるのが、めんどくさい/化粧を落とすのが、めんどくさい/料理するのが、めんどくさい/ペットを散歩に連れて行くのが、めんどくさい/洗濯物をたたむのが、めんどくさい/掃除するのが、めんどくさい/女同士の人間関係が、めんどくさい/あの上司が、めんどくさい/雨の日に外に出るのが、めんどくさい/勉強するのが、めんどくさい/溜まったメールを返信するのが、めんどくさい/あの人に電話するのが、めんどくさい/ダイエットのために運動するのが、めんどくさい/恋愛をするのも、めんどくさい/メシを食うのも、めんどくさい/ベッドで寝るのも、めんどくさい……

 

「行動するのがめんどくさい」をなくす4つの原則

著者は、「行動するのがめんどくさい」をなくすためには、4つの原則があると書いています。

(1)「やらなきゃいけない」と思ってしまっているけれども、本当はやる必要がないことを減らす
(2)「やらなきゃ」と思ってしまっていることを、「やりたい」「やってもいい」に置き換えて考える
(3)「やらなきゃ」と思った時に、関連したネガティブなことを色々と考えない
(4)いざ始めてしまえば楽しい場合もあるため、工夫してとにかく行動に移すようにする

…ことです。

 
これらに対してこの本では、マンガと解説を合わせて「解消するためのステップ」がわかりやすく提案されています。

例えば(1)については、「事柄を紙に書きだす」→「本当にこれをする必要があるのだろうかと自問自答する」→「やらなくてもいいと考えたことはやらないという選択をする」などです。

このように「めんどくさいことをなくして毎日を楽しくするための、すぐに試せる簡単なヒント」が、この本には詰まっています。

 

もっと自分に甘くなろう

「相手に合わせようとして、自分がなんとなく無理をしている時に、人は人間関係がめんどくさくなる」と著者は分析しています。自分本来のリラックスしている状態であれば「めんどくさい」とは感じにくいのに、ありのままの自分でいられないためにそう感じやすくなっているということです。

 
そしてそれがどんどん溜まって行って、「何もかもがめんどくさい」と思ったら、「もっと自分に甘くなろう」「休もう」と著者は提案しています。

例えば自分に厳しい考えを持って「〇〇できない自分はダメだ」と考え、自分を責め続けてきた人は、たくさんのストレスを抱えています。ですが自分をいっさい責めず、甘やかし、ダラダラしたくなった時は「体が休息を求めているんだ」と思ってその時間を味わう。その方が、活動的でクリエイティブでいられ、仕事も出来るようになるそうです。

 

鶴田豊和さん プロフィール

著者の鶴田豊和(つるた・とよかず)さんは、一般社団法人本質力開発協会代表理事。行動心理コンサルタント。世界一の情熱発見ツールと呼ばれるパッションテストの日本初の指導者。

無名の中小企業で仕事が合わず、うつ状態のときに、さまざまな自己分析の末に自分の情熱を見つけ、マイクロソフトに正社員として入社。マイクロソフトの人事として、数千名の面接経験を持ち、さまざまなキャリアに精通。マイクロソフト社内でトップ3%以内の成果を出し、Asia Gold Club Awardを受賞。

その後独立し、【誰もが無理なく、自然体で結果を出せる】行動心理メソッド「エッセンシャルコード」を普及。これまでのべ1万人以上をサポートし、天職や夢の実現に導く。講演家としても国内や海外で活躍。『ザ・シークレット』登場メンターをはじめ、世界的スピーカーたちと同じ舞台に登壇し、気鋭のコンサルタント兼スピーカーとしても注目を浴びている。

主な著書に、シリーズ累計発行部数20万部突破の『「めんどくさい」がなくなる本』『「つまらない」がなくなる本』(いずれもフォレスト出版)、訳書に『心に響くことだけをやりなさい!』『ブレイクスルー!』(いずれもフォレスト出版)がある。

★鶴田豊和さん公式サイト:http://www.tsurutatoyokazu.com/
★無料「めんどくさい」診断:http://www.inspire-inc.biz/mdt/

 

マンガで「めんどくさい」がなくなる本
鶴田豊和 (著), 藤原ちづる (イラスト), 鍋島焼太郎 (その他)

【本を読むのも「めんどくさい」
あなたのために、マンガにしました】

ビジネスパーソンからOL、主婦、学生まで、全国の読者から「救われた! 」の声、続々!

■親本

「めんどくさい」がなくなる本
鶴田豊和 (著)

「行動するのが、めんどくさい」「人間関係が、めんどくさい」…。喜怒哀楽、嫉妬に続く第6の感情「めんどくさい」をスッキリ解消する技術。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です