気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『カエルを食べてしまえ!』なぜ人は「どうでもいいこと」から先にやってしまうのか?

ブライアン・トレーシーさん著『カエルを食べてしまえ!』(訳:門田美鈴さん)

ブライアン・トレーシーさん著『カエルを食べてしまえ!』(訳:門田美鈴さん)

ブライアン・トレーシーさん著『カエルを食べてしまえ!』(訳:門田美鈴さん)が、三笠書房より発売中です。

 

「80対20の法則」を当てはめる! シリーズ累計13万突破のベストセラーが文庫化

なぜ人は、「どうでもいいこと」から先にやってしまうのか?

時間の質を向上させ、充実した人生を送るコツは、「カエルを毎朝一番に食べること」です。

この「カエル」とは、あなたにとって最も難しく重要な仕事で、いまやらなければどんどん後回しになってしまうもののこと。

 
このやっかいな「カエル」を撃退するため、本書では

◎目標をはっきりさせる
◎「80対20の法則」を当てはめる
◎自分を奮い立たせる
◎仕事を中断しない

…など、効果抜群の21の方法を紹介しています。

 

本書の構成

・目標をはっきりさせる

・一日の計画を立てる

・「80対20の法則」をすべてに当てはめる

・結果を考える

・後回しにすべきもの

・常に「ABCD法」を用いる

・カギとなることに専念する

・三大仕事の法則にしたがう

・周到に準備する

・一度に一樽ずつ

…ほか

 

著者プロフィール

 
■著者:ブライアン・トレーシーさん

プロのスピーカー、トレーナー、コンサルタントであり、カリフォルニア州に本拠を置くブライアン・トレーシー・インターナショナルの会長。

彼自身、自力で道を拓いた億万長者である。高校を中退後、数年間肉体労働者として働いた。20代半ばでセールスマンになり、ビジネス界でその才能を発揮。
自分なりのアイデア、方法、テクニックを生かし大開発会社のCOO(最高執行責任者)にまで昇りつめる。

30代でアルバータ大学で商業の学士を得、その後アンドリュー・ジャクソン大学で経営管理学の修士を取得した。
22の会社と業界で働いた経験をもとに、1981年、全米各地で、講演やセミナーを通して成功の原則を教えるようになった。

プロのスピーカーとなって以来、45カ国の400万を超える人々に自らのアイデアを提供してきた。コンサルタントやトレーナーを務めた組織は1000以上になる。

ベストセラー作家として、著書に『契約は最初の訪問で決めなさい』『「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!』『こうなったら無敵の営業マンになってやる!』(以上、ダイヤモンド社)、『フォーカル・ポイント』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)ほか多数。

 
■訳者:門田美鈴さん

フリーライター。訳書に『カエルにキスをしろ!』『1分間顧客サービス』『「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!』『マインドセット』『1分間意思決定[新装版]』(以上、ダイヤモンド社)、『チーズはどこへ消えた?』『迷路の外には何がある?』(以上、扶桑社)、『P&G 一流の経営者を生み続ける理由』『2日で人生が変わる「箱」の法則』(以上、祥伝社)など多数。

 

カエルを食べてしまえ! 新版 (知的生きかた文庫)
Brian Tracy (原著), ブライアン トレーシー (著), 門田 美鈴 (翻訳)

「カエル」とは一番大きく重要なこと。一番重要でやっかいな事からすませなさい!!シリーズ累計13万部突破のベストセラー待望の文庫化!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です