気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『社員10人の会社の1人当たり経常利益倍増ノート』4つの戦略を考え業界平均の倍にする

曲渕博史さん著『社員10人の会社の1人当たり経常利益倍増ノート 4つの戦略を考え業界平均の倍にする』

曲渕博史さん著『社員10人の会社の1人当たり経常利益倍増ノート 4つの戦略を考え業界平均の倍にする』

曲渕博史さん著『社員10人の会社の1人当たり経常利益倍増ノート 4つの戦略を考え業界平均の倍にする』が、あさ出版より発売中です。

 

利益倍増のため、4つの戦略を考え、振り返る

著者は、税理士としてこれまで、20年以上にわたってたくさんの社長と会ってきました。

そうした社長の悩みでもっとも切実なのは、
「どうしたら資金繰りが楽になるか?」です。
資金繰りを少しでも楽にするための手伝いをしても、1、2年経って訪問するとまた同じような状態に戻ってしまっています。

 
中小企業の経営者の方には、自社の経営について相談できる相手が意外にいません。
銀行は自行の利益が最優先ですし、経営コンサルタントを頼むにはそれなりのお金がかかります。

そこで著者は、クライアント会社の数字を毎月見ている税理士が、経営に関する助言をできたほうが良いと考え、行動に移します。

 
本書で紹介されているのは、これまでのクライアント企業にアドバイスし、実際に利益を倍増させてきた内容です。

しかもタイトルの通り10人前後の中小企業がターゲットとなっています。

「10人」という数字には、意味があります。
社員数が30人規模になると、社長は現場に立たず経営のことを集中して考える時間が生まれます。しかし、10人前後の会社では、社長は頭も体もフルに使わなくてはなりません。

社長が頭を使うべきは、会社の実力を端的に示す「経常利益」がきちんと上がるように会社の方向性を決めることです。
1人当たり経常利益を業界の倍にするために考えるべきは、経営戦略です。

本書では、「何を」「どこで」「誰に」「どう売るか」の4つに絞っています。実際、この4つがピタリとマッチすれば、驚くほど会社の利益がアップします。

資金も人材も少ない中小企業は、経営戦略を常に考えていく必要があります。そしてその戦略が正しかったかどうかを振り返り、先に生かすことも同じくらい大切です。

本書は、考え、振り返る習慣づくりをのきっかけとなる一冊です。

 

本書の目次

第1章 社員10人の会社が業績を良くするための心構え

第2章 業績を良くするために守ってもらいたいこと

第3章 まずは最大要因「何を」から考える

第4章 次に「どこで」「誰に」「どう売るか」を決める

第5章 事例でみる 中小企業の経営戦略

第6章 日々の勉強の継続が実力アップには不可欠

 

曲渕博史さん プロフィール

著者の曲渕博史(まがりぶち・ひろし)さんは、1960年生まれ。長野県出身。曲渕税理士事務所(東京中央区銀座)所長。

1994年税理士登録、1995年独立。これまで22年間で約400社の経営指導を手掛ける。

 

社員10人の会社の1人当たり経常利益倍増ノート
<「おわりに」より>
私は、以前、企業の再生支援をお手伝いしていました。
我々専門家が努力をしても、順調に再建できた企業は、ほんのわずかでした。
再建できない原因はなんなのか。
何件かの案件に取り組んでいるうちに、その理由がやっとわかりました。
結局のところ、経営者の力不足だったのです。
では、どうしたら経営者の方たちに実力をつけてもらえるのか?
その答えは、さまざまな人との出会いがもたらしてくれました。
最大の転機になったのは、「税理士はもっと中小企業の経営者に合ったアドバイスをしたほうがいい」という言葉とともに、経営コンサルタントの五十嵐勉氏から竹田陽一先生のランチェスター経営戦略を教えていただいたことです。
そして、「弱者の戦略」こそが、中小零細企業の武器になると確信できました。
1人でも多くの経営者の方が弱者の戦略を学び、元気になってもらいたいという思いで本書を書きました。
本書が、効率的に業績を上げる一助になれば幸いです。

 
【出版社からのコメント】
本書が目指すゴールはただひとつ。
どうすれば「1人当たり経常利益」を業界平均の倍にするかである。
どの中小企業でも悩む
「売上が伸びない」「資金繰りが厳しい」という問題。
2つの問題は「1人当たり経常利益」を業界倍にすることで、自然とクリアされるテーマでもある。
本書は従業員10人規模の企業の社長を念頭に置き、4点(「何を=商品・サービス」「どこで=地域(エリア)」
「誰に=顧客」「どう売るか=接近戦等、どうやって」)についての戦略つくりを解説するものである。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です