気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『結果を出すリーダーほどこだわらない』今までのやり方・常識が通用しない時代、 変化に柔軟に対応できるチーム&部下の育て方

山北陽平さん著『結果を出すリーダーほどこだわらない』

山北陽平さん著『結果を出すリーダーほどこだわらない』

人気コンサルタント・山北陽平さんが開発した、受講者の9割が結果を出しているマネジメントメソッドを活用して、変化にすこぶる強いチーム&部下を育てる方法を公開した『結果を出すリーダーほどこだわらない』が、フォレスト出版より刊行されました。

 

「NLP理論」「行動分析学」から導き出した、部下の「価値観」を変えて「やりきらせる」技術

ネットやAIの台頭、グローバリズム化、業界再編、新規競合の出現など、社会環境が急激に変化し、その変化が止まりません。

今までのやり方・常識が通用しない今、その変化に合わせて、柔軟に対応していくことが重要となり、いわゆる「変化に対応する力」が求められています。

しかし、過去の成功体験や常識にこだわり、なかなか新しい行動ができず、弱体化――。

そんな負のシナリオを打破するためには、チームメンバーや部下たちの「価値観」を変えていかなければいけません。

では、どのような形で望ましい行動に誘導していけばいいのか?その具体的な方法をわかりやすく解説したのが本書です。

 
年間3,000人以上の「現場指導」と「NLP理論」「行動分析学」から導き出し、体系化された「壁マネジメント」を活用し、チームメンバーや部下たちの「価値観」を変え、望ましい行動に誘導していく方法を伝授。

業態・業種はもちろん、メンバーの個別能力、リーダーの性格などを問わず、誰でもマスターでき、実践者の9割が結果につながっているメソッドです。たとえ突然想定外なことが起きても、柔軟に対応し、勝ち抜ける組織・チームづくりに役立つ一冊です。

 

本書の構成

第1章 「変化」を恐れるチームは消える

第2章 「価値観」はどのようにつくられるのか?

第3章 「環境」を設定して、「行動」を誘導する

第4章 「成功実感」を体験させて、「新しい価値観」を形成する

第5章 新しい価値観を浸透させ、やりきらせるメソッド――壁マネジメント

第6章 「壁マネジメント」で、変化に強いチームをつくる方法

第7章 変化に強いチームづくりに求められるリーダーの条件

第8章 成功事例に学ぶ「変化」に強いチームのつくり方

 

山北陽平さん プロフィール

著者の山北陽平(やまきた・ようへい)さんは、株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ、コンサルタント。NLPマスタープラクティショナー。営業のコンサルタントとして企業のコンサルティングに従事。

現在はNTTドコモ、パナソニックグループ、朝日新聞社などの大企業から中小企業まで、多くの企業に「行動分析学」を基にした行動改革指導を実施。その指導は年間200日、1,000時間を超え、指導対象ビジネスパーソンは年に3,000人にのぼる。さまざまな組織の行動変革を実現するコンサルティングを展開。リピートオーダーが絶えない。

机上の空論ではなく、現場の中でつくり出した「壁マネジメント」のノウハウは、受講者の9割が設定した問題を解決するという圧倒的な成果を出しており、同社のプログラムでNO1の人気を誇る。とことん結果にこだわった指導スタイルは、多くの経営者、マネージャーから絶大な評価を得ている。

 

結果を出すリーダーほどこだわらない
今までの常識・やり方が通用しない時代に突入!AI、競合出現、突然の不景気…変化にすこぶる強いチーム&部下のつくり方。NLP理論、行動分析学から導き出した部下の「価値観」を変えて、「やりきらせる」技術。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です