気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『極限力~Beyond The Self~』山岳ランニング16人のトップアスリートが見出した、限界の突破口!

『極限力~Beyond The Self~』山岳ランニング16人のトップアスリートが見出した、限界の突破口!

『極限力~Beyond The Self~』山岳ランニング16人のトップアスリートが見出した、限界の突破口!

トップアスリートの限界とその境地に迫った『極限力~Beyond The Self~』が、エイ出版社(社名の「エイ」は木へんに世)より刊行されました。

 

限界とは、いったいなんなのだろうか? その秘密・核心に迫る、エクストリームな自己改革法

実際に限界を超えた体験をしたことがある人は、そもそもどれほどいるのでしょうか。多くの人はむしろ、自分で限界というラインを引いているのかもしれません。

これはスポーツに限ったことではありません。ビジネスや日常生活のあらゆるシーンに応用できる力、限界の向こう側、極限の世界へと誘う“極限力”ともいうべき未知の能力。“極限力”とは、本来だれもが持っている秘められた能力なのかもしれません。

 
本書はトップアスリートが見出した限界の突破口、“極限力”への道。その秘密・核心に迫るドキュメント・レポートです。

さまざまなティップスを語ってくれたのは、山岳ランニング(トレイルランニングやスカイランニングなど)の世界で活躍するトップアスリートたちです。

限界ラインの引き上げ方、自身の変革・革新ともいえる限界を超えた先にある極限の世界へのターニングポイント、それぞれのトップアスリートが実体験のもと導き出した貴重なエッセンス、“極限力”を纏う術の一端を解き明かしていきます。

 
※本書は『RUNNING style』2016年12月号~2018年1月号、2018年7月号~9月号まで連載された「極限の世界」に加筆訂正したものです。

 

本書の構成

極限の世界

山本健一 “睡魔”という魔物

上田瑠偉 限界の“向こう側”

横山峰弘 “時間”という壁を越えて

松本 大 青空へと続く扉の“カギ”

大瀬和文 名もなき草に輝きを放つ“雑草魂”

吉住友里 限界を知らぬパワーの“源”

望月将悟 すべては“自分”のために

宮原 徹 突破すべき“最大の壁”

渡邊千春 やることはただ“一つ”だけ

小野雅弘 願わくは“七難八苦”を

丹羽 薫 もう一つの走る“理由”

井原知一 見たことのない“景色”へ

松永紘明 這い上がり続ける“不撓不屈”のスピリット

渡部春雅 厳しいほどに“楽しむ”思い

奥宮俊祐 未見の力が引き出す“魂”の走り

石川弘樹 “その先”にある未知の世界

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です