本のページ

SINCE 1991

「読んで旅するよんたび文庫」第2弾『ニューヨーク、雨でも傘をさすのは私の自由』が刊行 NYに暮らす仁平綾さんが街で出会った人々の飾らなさ、人懐っこさ、それぞれが自分の大切なものを大切にしている日常を綴る

仁平綾さん著『ニューヨーク、雨でも傘をさすのは私の自由 』

仁平綾さん著『ニューヨーク、雨でも傘をさすのは私の自由 』

飾らず気さくで奔放なニューヨーカーたちとの触れ合いを描いた、仁平綾さん著『ニューヨーク、雨でも傘をさすのは私の自由 』が大和書房より刊行されました。

本書は、だいわ文庫の新シリーズ「読んで旅するよんたび文庫」の第2弾。行く前でも、行った後でも、なんなら行かなくても味わえる旅の面白さ、個性的な著者たちが文章や絵で贈るシリーズです。なお、第1弾は芹澤桂さんのエッセイ『フィンランドは今日も平常運転』

 

NYで暮らす著者による、人生が今より自由に感じられる、書き下ろしエッセイ

本書は、ニューヨークで9年暮らした著者による、帰国したくなくなるほど魅力的なニューヨークの日常を綴ったエッセイです。

 
家族の事情で思いがけずニューヨークに住むことになった筆者。ニューヨークでの生活は、思いがけない事ばかり!

ある日、自宅に突然ターミネーターがやってきたり、街中でやたらほめられたり、スーパーでおせっかいな地元民に忠告されたり。ニューヨーカーたちと触れ合い、生活するなかで、いつしかのびのびと生きられるようになっていきます。

ニューヨークがきっと好きになる。人生が今よりちょっと自由に感じられる、書き下ろしエッセイです。

 

本書の構成

第1章 ウェルカム・トゥ・ニューヨーク!

第2章 街角でドラマ

第3章 なんだか悪くない

第4章 ニューヨーカーたるもの

第5章 いつだって新しいことを

第6章 だれの、どんな色も、美しい

おわりに

 

著者プロフィール

著者の仁平綾(にへい・あや)さんは、エッセイスト。編集・ライターとして東京で活動後、ニューヨークに移住。約9年暮らした後、2021年より京都に在住。食べることと、猫をもふもふすることが至上の喜び。

著書に、ブルックリンの私的ガイドブック『BEST OF BROOKLYN vol.01-03』、『ニューヨークの看板ネコ』(エクスナレッジ)、『ニューヨークおいしいものだけ! 朝・昼・夜 食べ歩きガイド』(筑摩書房)、『ニューヨークでしたい100のこと』(自由国民社)、共著に『テリーヌブック』(パイインターナショナル)、『ニューヨークレシピブック』(誠文堂新光社)など。

 

ニューヨーク、雨でも傘をさすのは私の自由 (だいわ文庫)
仁平 綾 (著)

思いがけずニューヨークに住むことになった筆者。ある日、自宅に突然ターミネーターがやってきたり、街中でやたらほめられたり、スーパーでおせっかいな地元民に忠告されたり。
地下鉄で歌う人、踊る人、ドラァグクイーンの英会話講師、ヴィーガンの友人、ダウンコートにビーサンで闊歩する奔放な街の人々――そんなニューヨーカーたちと触れ合い、生活するなかで、いつしかのびのびと生きられるようになっていった。
ニューヨークがきっと好きになる。人生が今よりちょっと自由に感じられる、書き下ろしエッセイ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。