本のページ

SINCE 1991

氷室冴子さんデビュー45周年!『海がきこえる』新装版が〈トクマの特選!〉より刊行 酒井若菜さんの巻末解説を期間限定で公開

氷室冴子さん著『海がきこえる』〈新装版〉書影

氷室冴子さん著『海がきこえる』〈新装版〉書影

YA作家・氷室冴子さんのデビュー45周年を記念して、『海がきこえる』新装版が、徳間文庫の復刊レーベル「トクマの特選!」より刊行されました。

 

スタジオジブリの長編アニメーション「海がきこえる」の原作小説が復刊!

本書のイラストは、アニメ版のキャラクターデザインを担当した近藤勝也さんのカラーイラスト34点を収録。
装丁デザインは、コミックス『アオハライド』『君に届け』『青空エール』等の少女漫画や小説の装丁で瑞々しく、〝心に刺さる〟数多くの装丁を手掛けてきた川谷康久さんが担当。

また、女優・酒井若菜さんの作品解説を巻末に掲載しています。

 
【あらすじ】

「あたし、高知に行くまでは世間とうまくやってるいい子だったのよ。あれからずっと世間とずれっぱなしの感じがする」

大学進学で上京した杜崎拓(もりさき・たく)は「ある事件」で疎遠になった高校時代の転校生・武藤里伽子(むとう・りかこ)が地元大学への進学を蹴り東京に舞い戻った事を知る。気まぐれな美少女に翻弄されながら、その孤独に耳を澄ました短い日々を回想する拓に、思いもかけない再会の機会が訪れる。

天才YA作家・氷室冴子さん、デビュー45周年。激しくも切ない「90’s青春グラフィティ」。

女優・酒井若菜さんの作品解説を収録。

 
※7月28日まで期間限定で、「トク魔くん(トクマの特選!)」のnote(https://note.com/toku2_tokumakun)にて、酒井さんの作品解説を特別公開中です。

書店用POP

書店用POP

 

本書の目次

第一章 フェアウェルがいっぱい

第二章 マン

第三章 里伽子

第四章 里伽子ふたたび

第五章 やさしい夜

第六章 海がきこえる

あとがき

解説 酒井若菜

 

本文中には近藤勝也さんによる端整なカラーイラスト34点収録! 巻頭には『アニメージュ』2008年8月号に掲載されたイラストを掲載

巻頭 口絵イラスト

巻頭 口絵イラスト

本文 扉デザイン

本文 扉デザイン

本文 扉デザイン

本文 扉デザイン

 

著者プロフィール

著者の氷室冴子(ひむろ・さえこ)さんは、1957年生まれ。北海道出身。1977年「さようならアルルカン」で第10回小説ジュニア青春小説新人賞佳作を受賞し、デビュー。

『クララ白書』、『ざ・ちぇんじ!』、『なんて素敵にジャパネスク』シリーズ、1993年にスタジオジブリによってアニメ化された本作『海がきこえる』など小説作品の他、エッセイなど多数の作品がある。2008年逝去。

 

海がきこえる 〈新装版〉 (徳間文庫)
氷室冴子 (著)

天才YA作家 氷室冴子 デビュー45周年
激しくも切ない「90’s青春グラフィティ」

 
【関連】
【7月28日まで期間限定公開】解説 酒井若菜/『海がきこえる』(氷室冴子)|トク魔くん(トクマの特選!)|note

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。