本のページ

SINCE 1991

“映えない”写真がクセになる超短篇オン・ザ・ロード!奇才・戌井昭人さん写真超短篇『沓が行く。』が刊行

戌井昭人さん著『沓が行く。』

戌井昭人さん著『沓が行く。』

劇団鉄割アルバトロスケット主宰、芥川賞5回ノミネートの奇才・戌井昭人さんによる、“映えない”写真とシュールな文章がなぜか沁みる写真超短篇『沓が行く。(くつがいく)』が左右社より刊行されました。

 

超短篇オン・ザ・ロード!

(本書「はじめに」より)
屁を嗅ぐように写真を撮り、屁をひるように文章を綴ってきて、このたび本にさせていただくことと相成りました。
まことにありがとうございます。「ふざけんな、だったら屁じゃねえか!」とお怒りになる方がいるかもしれませんが、本なので臭いません。

【内容紹介】

奇才・戌井昭人さんが行く先々で撮影した写真から文学を生み出す。
青空に浮かぶヘルスの看板、住宅街に鎮座するモーターボート、海辺で出会ったビニール袋をかぶった謎の人、etc.
映えない写真が物語る、抱腹絶倒のショートショート紀行!

196作の写真ショートショートに加え、書き下ろしエッセイ「とんとことん(贋作・トカトントン)」「UFOと桃太郎」ほか全13作、迷路イラストなど、超充実の内容でお届けする令和の奇書です。

 

著者プロフィール

著者の戌井昭人(いぬい・あきと)さんは、1971年生まれ。東京都出身。1997年「鉄割アルバトロスケット」を旗揚げ。劇作家・小説家。

2009年小説『まずいスープ』で第141回芥川龍之介賞候補。2014年『すっぽん心中』で第40回川端康成文学賞、2016年『のろい男 俳優・亀岡拓次』で第38回野間文芸新人賞を受賞。

 

沓が行く。
戌井昭人 (著)

〔目次〕
はじめに
港町
混迷
ブルー
一張羅
よっこらせ
トタン
UFO
カー

カラー I
古物

ドツボ
陳列
カラー II
とんとことん
後ろ姿

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。