本のページ

SINCE 1991

浦沢直樹さんがドイツ「エアランゲンコミックサロン マックス&モーリッツ賞」特別表彰〈生涯功労賞〉を受賞!

浦沢直樹さんがドイツ「エアランゲンコミックサロン マックス&モーリッツ賞」特別表彰〈生涯功労賞〉を受賞!

浦沢直樹さんがドイツ「エアランゲンコミックサロン マックス&モーリッツ賞」特別表彰〈生涯功労賞〉を受賞!

漫画家の浦沢直樹さんが、第20回エアランゲンコミックサロン マックス&モーリッツ賞の特別表彰「生涯功労賞」を日本の作家として初めて受賞しました。

 

「ベストインターナショナルコミック」部門賞に続き、2度目の表彰に

「エアランゲンコミックサロン マックス&モーリッツ賞」は、ドイツ・エアランゲン市文化局が主催し、40年ほど前から2年に一度開催されてきた国際コミックフェスティバルです。ドイツ語圏で最も歴史のあるコミックイベントのひとつで、前回2020年はコロナのパンデミックのため開催中止となりました。

 
浦沢直樹さんは前回この賞にノミネートされていましたが開催が中止されたため、今年あらためて授賞の打診があり、マックス&モーリッツ賞の特別表彰「生涯功労賞」(Lifetime Achievement Award)の授与が決定しました。

 
なお浦沢さんは2014年に『BILLY BAT』(ストーリー共同制作:長崎尚志さん/講談社)で同賞の「ベストインターナショナルコミック」部門賞を受賞しており、今回が二度目の表彰です。

 

マックス&モーリッツ賞(MAX und Moritz Award)について

マックス&モーリッツ賞は、ドイツ語圏で最も重要なグラフィック文学賞です。エアランゲン市によって任命された、独立した専門家の審査員によって国際コミックサロン内で隔年で授与され、約40年間、コミックアートの芸術的および社会的認知に決定的な役割を果たしてきました。

 
そして、さまざまな部門賞の中で最も権威のある賞が「生涯功労賞」(Lifetime Achievement Award)とされています。

 

浦沢直樹さん コメント

このたびはドイツ エアランゲン マックス&モーリッツ賞 特別表彰「生涯功労賞」という大きな賞をいただき心から嬉しく思います。

ドイツは『MONSTER』という作品の舞台でもあったことから、何度か取材に訪れ、とても親近感を持っていました。

日本人の私がドイツを描き、それをドイツの方々が読むというのは、描き手としてはとても無謀なチャレンジに思えましたが、温かく読んでいただき、今回このような素晴らしい賞をいただくほど、私の作品に親密に接していただいたことが何より嬉しいです。

このような形で世界的な交流ができたことを大変誇りに思います。

賞の関係者の皆様、そして私の作品を愛してくださったドイツの読者の皆様、本当にありがとうございます。

まだまだ描き続けます。

浦沢直樹

 

浦沢直樹さんプロフィール

浦沢直樹(うらさわ・なおき)さんは、1960年生まれ。東京都出身。1983年『BETA!!』でデビュー。

代表作に『YAWARA!』『MONSTER』『Happy!』『20世紀少年』など。ルーブル美術館との共同制作作品『夢印』を執筆後、2018年9月より本格連載『あさドラ!』を『週刊ビッグコミックスピリッツ』にてスタート。これまでに小学館漫画賞を三度受賞したほか、2021年に4度目となるイタリア「ルッカコミックス&ゲームズ2021」ベストシリーズ賞を『あさドラ!』で受賞するなど、国内外での受賞歴多数。世界累計発行部数は1億4000万部を突破。日本のみならず4か国で個展を巡回するなど、世界中から注目を集めている。

 
【関連】
Max and Moritz Award

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。