本のページ

SINCE 1991

浦沢直樹さん『あさドラ!』がイタリア「Lucca Comics & Games 2021」でベストシリーズ賞を受賞!

浦沢直樹さん『あさドラ!』がイタリア「Lucca Comics & Games 2021」でベストシリーズ賞を受賞!

浦沢直樹さん『あさドラ!』がイタリア「Lucca Comics & Games 2021」でベストシリーズ賞を受賞!

イタリアで10月31日に開催されたマンガとゲームの祭典「Lucca Comics & Games(ルッカコミックス&ゲームズ)2021」において、漫画家の浦沢直樹さんが、現在『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載中の『あさドラ!』で「Lucca Comics Awards 2021, Best Series(ルッカコミックスアワーズ2021、ベストシリーズ賞)」を受賞しました。

 
浦沢さんは、2004年に『MONSTER』、2010年に『PLUTO』(原案:手塚治虫さん、プロデュース:長崎尚志さん、監修:手塚眞さん、協力:手塚プロダクション)、2012年に『BILLY BAT』(ストーリー共同制作:長崎尚志さん)でも同賞を受賞しており、今回で4度目の受賞となります。
※「手塚治虫」「手塚プロ」の「塚」は旧字体、「手塚眞」のみ新字体の「塚」。

 
「Lucca Comics & Games」は1966年にスタートした、半世紀以上の歴史を誇る伝統あるフェスティバルです。同典の賞は、イタリア内では「コミックのオスカー賞」とも呼ばれる名誉あるもので、アーティストや編集者といった専門家が審査員を務め、決定しています。

 
【受賞作品『あさドラ!』について】

物語は1959年、伊勢湾台風が迫る名古屋から幕を開ける。ヒロインは、“浅田アサ”。12歳の幼い少女は、伊勢湾台風で家族を失い、そしてその際に、目撃した巨大な“アレ”…。時は経ち、1964年10月。目前に迫る五輪に沸く東京で、17歳に成長したアサは女性パイロットとして、再び現れた“アレ”と国の命運を背負い、対峙する――。

この物語は、戦後から現代にかけて可憐にたくましく生きた、ある名もなき女性の愛と笑いと涙の一代記です。

※既刊1~5集発売中。11月22日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』51号より連載再開予定。

 
〔浦沢直樹さん 受賞コメント〕

今回は【Lucca Comics Awards 2021, Best Series】という大きな賞をいただき心から嬉しく、感謝の気持ちで一杯です。
『あさドラ!』は、私が生まれた頃からの日本の近代を舞台に繰り広げられるドラマで、イタリアの読者の皆さんがそれに興味を持って読んでいただいているのがとても嬉しいです。
ドラマはまだ核心に入る前の序盤です。今後の展開をお楽しみに!

▲受賞記念の浦沢氏描き下ろしイラスト

▲受賞記念の浦沢氏描き下ろしイラスト

 
<浦沢直樹(うらさわ・なおき)さん プロフィール>

1960年生まれ。東京都出身。漫画家。

1983年『BETA!!』でデビュー。代表作に『YAWARA!』『MONSTER』『Happy!』『20世紀少年』(すべて小学館)など。ルーブル美術館との共同制作作品『夢印』(全1巻/小学館)を執筆後、2018年9月より本格連載『あさドラ!』を『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にてスタートさせた。

これまでに小学館漫画賞を三度受賞したほか、国内外での受賞歴多数。国内累計発行部数は1億2800万部を突破。世界各地で個展を巡回するなど、海外での評価も高い。ミュージシャンとしても精力的に活動しており、これまでに2枚のアルバムを発表している。

 

あさドラ! (1) (ビッグコミックススペシャル)
浦沢 直樹 (著)

物語は、1959年の名古屋を舞台に始まる。

ヒロインの名前は“浅田アサ”。
いつも走っていて、いつも名前を間違えられてばかりいる、まだ12歳の少女。

“この物語は、戦後から現代にかけて可憐にたくましく生きた、ある名もなき女性の一代記である――”

 
【関連】
Lucca Comics & Games – Molto piu di un festival

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です