本のページ

SINCE 1991

本城雅人さんが出版界の陰ともいえる存在「ゴーストライター」を主人公に贈るミステリ『にごりの月に誘われ』が刊行

本城雅人さん著『にごりの月に誘われ』

本城雅人さん著『にごりの月に誘われ』

吉川英治文学新人賞受賞作家で元ゴーストライターの本城雅人さん著『にごりの月に誘(いざな)われ』が東京創元社より刊行されました。

 

吉川英治文学新人賞受賞者が、“出版界の闇”に鋭く切り込む、驚愕のミステリ!

「なぜ、俺にまたゴーストライターを頼んだのだ」
余命6カ月の宿敵からの代筆依頼。
初版5万部の自叙伝刊行が会社存続の鍵。
続々と明らかになる、IT大企業の創業者の偽りの過去や警察沙汰……
この依頼の裏に果たして何があるのか……。

 
◆記者時代、実際に幾多のゴーストを務めた著者が描くサスペンス

著者の本城さんは、本書の主人公・上阪傑のように記者時代に直々にゴーストを頼まれ、その作品は100万部突破のベストセラーとなりました。小説家デビューしてからも、吉川英治文学新人賞を受賞した『ミッドナイト・ジャーナル』など、リアリティにこだわった魅力あふれる作品を数多く手がけています。

1980年代後半からのIT草創期のエピソードなど、実際に本城さんが経験したことを元に描いており、本書『にごりの月に誘われ』は著者の新たな代表作ともいえる、傑作ミステリに仕上がっています。

 
<刊行前から絶賛の声が続々!>

刊行前にゲラで読んだ書店員さんからは絶賛するコメントが続々と寄せられています。

取材をしていくうちに明るみになるエピソードは驚きの連続と切なさも秘めていた。
ステキなミステリでした。
コメリ書房鈴鹿店 森田洋子さん

お互いリスペクトし合い、遠くにいても気にし合い、お互いの幸せを願うそういう存在がいるということは、生涯の一番の宝物だと思った。まさか最後、そんな!と呆然とした。
ジュンク堂書店滋賀草津店 山中真理さん

度肝を抜かれるミステリ。この「うおおおおっ!」となる感覚は、読んだ人間にしかわからない。どうか手に取ってみてほしいと思います。
椿書房 渡部哩菜さん

 

『にごりの月に誘われ』概要

 
【あらすじ】

時代を先取りするカリスマ経営者として有名な、IT大企業「パーシャン」会長・釜田芳人から直々に、自叙伝の代筆(ゴースト)の依頼を受けた上阪傑。余命6カ月だという釜田とは、かつて3冊の著作を代筆した後に支払いトラブルとなり、実に11年ぶりの再会だった。

病床にある釜田を訪ね、一日一時間の約束で取材を進めていくと、創業以前の警察トラブルなど、これまでどこにも明かしてこなかったエピソードが出てくる。のみならず、今までの本の内容に嘘があったことがわかってくる――。この自叙伝代筆の裏に果たして何があるのか、謎が謎を呼ぶ傑作ミステリ。

 

著者プロフィール

著者の本城雅人(ほんじょう・まさと)さんは、1965年生まれ。神奈川県出身。明治学院大学卒業。サンケイスポーツで記者として活躍した後、2009年『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞候補となりデビュー。

2016年『トリダシ』で第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補、2018年『傍流の記者』で第159回直木三十五賞候補。2017年『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞受賞。同作はドラマ化もされ評判となる。近著に『終わりの歌が聴こえる』『黙約のメス』『四十過ぎたら出世が仕事』など。

 

にごりの月に誘われ
本城 雅人 (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。