本のページ

SINCE 1991

小説紹介クリエイター・けんごさん『ワカレ花』刊行記念!けんごさん×「あたらよ」ひとみさんTikTok配信&けんごさん×紀伊國屋書店Tig LIVEを開催

小説紹介クリエイター・けんごさん『ワカレ花』刊行記念!オンラインイベントを開催

小説紹介クリエイター・けんごさん『ワカレ花』刊行記念!オンラインイベントを開催

「TikTok」で話題の小説紹介クリエイター・けんごさんが、4月28日に小説家デビュー作となる『ワカレ花』を双葉社から刊行しました。これを記念して2つのオンラインイベントが開催されます。

 

「けんご×ひとみ(あたらよVo & Gt)」イベント概要

 
■日時:2022年5月9日(月) 20:00開始

■内容:けんごさん × ひとみさん(あたらよVo & Gt)による「初対談」生配信トーク!
『ワカレ花』の作中には、あたらよの記述が登場する他、けんごのTikTokアカウントでは、あたらよの「10月無口な君を忘れる」を使用した動画がアップされ、注目の次世代クリエイター2人のコラボに注目が集まっています。
出版界と音楽界を代表する次世代クリエイター2人が「小説と音楽」について語ります!

■視聴方法:けんごさんのTikTokアカウント(https://www.tiktok.com/@kengo_book)にてLIVE配信

※けんごさんの最新情報は各SNSでチェック!
https://lit.link/kengobook

 

「けんご×紀伊國屋書店 新宿本店」イベント概要

■日時:2022年5月12日(木) 21:30開始

■内容
けんごさんが、4月5日にリニューアルした紀伊國屋書店 新宿本店の2階文学売場をご案内!
視聴者の皆さんと一緒に、注目の作品や気になるところを語ったり、巡ったりします。

■視聴方法:Tig LIVEにて配信。

★配信URL:https://tigmedia.jp/live/watch?id=d9126f753fd9e140a1d4

※けんごさんの各種SNS、紀伊國屋書店さんのHPからもご案内します。
https://lit.link/kengobook
https://store.kinokuniya.co.jp/event/1651140191/

 
<書籍業界初! 触れる配信Tig LIVE!>

Tig LIVEとは──
新システム「Tig」を使用したユーザー参加型のライブ機能です。
ライブ中に紹介している商品がリアルタイムで画面上にアイコンとして出てくる新しいライブサービス。
そのアイコンをタップすると自分専用のストックリストに追加されるので、ライブ終了後にそのストックリストから気になるアイテムの商品ページに飛んで購入することが出来ます。

★Tig LIVEについて詳しくはこちらから:https://www.paronym.jp/tiglive/

 

「TikTok」フォロワー28万人、総再生数1.1億回超!薦めた作品は続々重版! 話題の小説紹介クリエイター・けんごさんが手がけた初の小説『ワカレ花』について

小説紹介クリエイター・けんごさん著『ワカレ花』

小説紹介クリエイター・けんごさん著『ワカレ花』

 
【あらすじ】

出会い、失恋、両思い、別れ――
わたしのそばには、いつも花があった。
四季折々の恋模様を鮮烈に描いた、あまりに切ない物語

高校生の遥は通学の電車で、気の立った白猫に遭遇した。戸惑う彼女を助けたのは男子高校生。毎朝、同じ電車で見かける彼を振り向かせようと、遥が取った行動とは。(「始業式」)

同じく高校生の冬紗は、入学前から長い入院生活を送っている。ある日、主治医に告げられた過酷な現実。泣いていた彼女に、かつての入院仲間だった春人は声をかける。(「散り桜」)

ほか、「夕立ち」「花火」「落ち葉」「コスモス」「雪景色」「ユキヤナギ」の全8編を収録した、2つのストーリーで紡がれる恋愛小説。

 
★作品特設ページ:https://www.futabasha.co.jp/introduction/2022/kengo/

 

出演者プロフィール

 
■けんごさん

小説紹介クリエイター。ショートムービープラットフォーム「TikTok」などのSNSで、わずか30秒ほどで小説の読みどころを紹介する動画を次々に投稿。作品の的確な説明と魅力的なアピールに、SNS世代の10~20代から絶大な支持を得ている。

2021年7月、30年以上前に発表された筒井康隆さん著『残像に口紅を』(中公文庫)を取り上げたところ、話題となり、年末までに11万部を超える大重版。他にも、小坂流加さん著『余命10年』(文芸社文庫)、楪一志さん著『レゾンデートルの祈り』(KADOKAWA)も、紹介をきっかけにヒットにつながり、出版関係者や書店員からは「日本でいちばん本を売るTikTokクリエイター」とも呼ばれている。

 
■あたらよさん

「悲しみをたべて育つバンド。」
グループ名は“明けるのが惜しいほど美しい夜”という意味の可惜夜に由来している。2020年11月にYouTubeに楽曲を投稿し始め活動を開始。初のオリジナル曲「10月無口な君を忘れる」は、エモーショナルな歌声と、恋人たちの別れの場面を切り取った歌詞がリスナーの共感を呼び、YouTubeでの再生回数は3300万回を突破している(2022年4月現在)。

2022年3月には1stアルバム「極夜において月は語らず」をリリースし、5月から初のワンマンツアーを行う。

 

ワカレ花
けんご (著)

『TikTok』で薦めた作品が続々重版!
話題の小説紹介クリエイター・けんごが手がけた初の小説は、花をモチーフにした恋愛小説。
「始業式」「散り桜」「夕立ち」「花火」「落ち葉」「コスモス」「雪景色」「ユキヤナギ」の8編を収録

 
【関連】
【公式】けんご@小説紹介の小説家デビュー作「ワカレ花」| 双葉社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。