本のページ

SINCE 1991

【鮎川哲也賞】兵庫県在住の今村昌弘さん『屍人荘の殺人』が受賞

第27回鮎川哲也賞の最終選考会が4月3日に開催され、今村昌弘(いまむら・まさひろ)さんの『屍人荘の殺人』が受賞作に決定しました。
また、優秀賞(前回までの佳作から賞名を変更)には、一本木透(いっぽんぎ・とおる)さんの『だから殺せなかった』が選ばれました。

 
鮎川哲也賞は、東京創元社が主催し、「創意と情熱溢れる鮮烈な推理長編」を公募する新人文学賞です。

今回の応募総数は141作品。昨年12月20日におこなわれた一次選考で21作品に、1月30日の2次選考で6作品に絞り込まれ、その6作品より受賞作を決定しました。

選考委員は、加納朋子さん、北村薫さん、辻真先さん。

 
受賞者の今村昌弘さんは、1985年に長崎県で生まれ、兵庫県在住。岡山大学卒。現在フリーター。優秀賞の一本木透さんは、1961年に東京都で生まれ、千葉県在住。早稲田大学卒。現在は会社員です。

 
なお、選考経過等の詳細は10月刊行予定の受賞作ならびに『ミステリーズ!vol.85』に掲載されます。

 
【関連】
鮎川哲也賞 | 東京創元社
【第28回鮎川哲也賞】創意と情熱溢れる鮮烈な推理長編を募集(締切:2017年10月31日) | 本のページ

〔2017.09.14追記〕
今村昌弘さんの第27回鮎川哲也賞受賞作『屍人荘の殺人』プルーフ版読者モニターを募集 | 本のページ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です