本のページ

SINCE 1991

〔スターツ出版文庫 4月〕汐見夏衛さん文庫化+書き下ろし番外編『君はきっとまだ知らない』など4冊刊行

〔スターツ出版文庫 4月〕汐見夏衛さん『君はきっとまだ知らない』など4冊刊行

〔スターツ出版文庫 4月〕汐見夏衛さん『君はきっとまだ知らない』など4冊刊行

小説投稿サイト「野いちご」「ベリーズカフェ」「ノベマ!」を運営するスターツ出版は「スターツ出版文庫」の新刊4冊を4月28日に刊行しました。

 
■文庫化&番外編書き下ろし!『君はきっとまだ知らない』 著:汐見 夏衛(しおみ・なつえさん/イラスト:あんよさん

 

【あらすじ】

強がりで弱い私は消えたいと願ってた。でも弱音は吐いていいんだと君が気づかせてくれた――。

夏休みも終わり新学期を迎えた高1の光夏。6月の“あの日”以来ずっとクラス中に無視され、息を殺しながら学校生活を送っていた。誰からも存在を認められない日々に耐えていたある日、幼馴染の千秋と再会する。失望されたくないと最初は辛い思いを隠そうとするが、彼の優しさに触れるうち、堰を切ったように葛藤を打ち明ける光夏。思い切って前に進もうと決心するが、光夏は衝撃のある真実に気づき…。全ての真実を知ったとき、彼女に優しい光が降り注ぐ――。予想外のラストに号泣必至の感動作。

 
■第6回スターツ出版文庫大賞優秀賞受賞作!『青い風、きみと最後の夏』 著:水瀬さら(みなせ・さら)さん/イラスト:飴村さん

 

【あらすじ】

ずっと逃げてた。弱い自分と向き合うことが怖くて――。

中3の夏、バスの事故で大切な仲間を一度に失った夏瑚。事故で生き残ったのは、夏瑚と幼馴染の碧人だけだった。高校生になっても死を受け入れられず保健室登校を続ける夏瑚。そんなある日、事故以来疎遠だった碧人と再会する。「逃げるなよ。俺ももう逃げないから」あの夏から前に進めない夏瑚に、唯一同じ苦しみを知る碧人は手を差し伸べてくれて…。いつしか碧人が特別な存在になっていく。しかし夏瑚には、彼に本当の想いを伝えられないある理由があって――。ラスト、ふたりを救う予想外の奇跡が起こる。

 
■ご懐妊シンデレラ婚『今宵、狼神様の契約花嫁が身籠りまして』 著:三沢ケイ(みさわ・けい)さん/イラスト:條さん

 

【あらすじ】

恋愛未経験の平凡OLだった私が…溺愛オオカミ様とご懐妊!?

恋愛未経験で平凡OLの陽茉莉には、唯一あやかしが見えるという特殊能力がある。ひょんなことから完璧上司・礼也の正体がオオカミの半妖(のち狼神様)だと知ってしまい…!? 秘密にする代わり、あやかしから守ることを条件に契約夫婦となったふたり。しかし満月の夜、クール上司だったはずの彼がオオカミに豹変!? そして、懐妊してしまう。神様の子を身籠った陽茉莉は戸惑い、秘密にしようとするけれど――「お前を世界一幸せな花嫁にする」懐妊を知った礼也の過保護な溺愛は、さらに増すばかりで!?

 
■身代わり後宮妃の溺愛婚姻譚『偽りの後宮妃寵愛伝 ~一途な皇帝と運命の再会~』 著:皐月なおみ(さつき・なおみ)さん/イラスト:ぽぽるちゃさん

 

【あらすじ】

身代わりとして後宮入りするも現れたのは将来を誓い合った運命の人で…? 「俺はお前だけを愛している」

孤児として寺で育った紅華。幼いころに寺を訪れた謎の青年・晧月と出会い、ふたりは年に一度の逢瀬を重ね、やがて将来を誓い合う。しかしある日、父親が突然現れ、愛娘の身代わりに後宮入りするよう命じられてしまい…。運命の人との将来を諦めきれぬまま後宮入りすると、皇帝として現れたのは将来を誓った運命の人だった――。身分差の恋から、皇帝と妃としての奇跡の再会に、ふたりは愛を確かめ合うも、呪われた後宮の渦巻く陰謀がふたりを引き裂こうとしていた。ふたりの愛の行く末は!?

 
【関連】
2022年4月発売のスターツ出版文庫 | 小説サイト ノベマ! ※著者コメントあり

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。