本のページ

SINCE 1991

劇作家・根本宗子さん初の長編小説『今、出来る、精一杯。』が刊行 本人朗読オーディオブックも同時発売 著者トークライブ&又吉直樹さんとのオンライン対談を開催

根本宗子さん著『今、出来る、精一杯。』

根本宗子さん著『今、出来る、精一杯。』

劇作家・根本宗子さんが初の長編小説『今、出来る、精一杯。』を小学館より4月21日に刊行されます。本人朗読のオーディオブックも同時発売。

 

『今、出来る、精一杯。』について

 
<あらすじ>

東京都三鷹市のスーパーマーケット「ママズキッチン」で働く人々は皆どこかヘン。しかしもっとおかしいのは、毎日この店を訪れ「お弁当をタダでくれ」を叫ぶ車椅子に座る女だった。言葉を聞き入れてもらえない少女、自分の意見を捨てた女、完璧に見えるバイトリーダーに、他人の人生を壊してしまった男……。

「黙ってれば、自分の意見を持たなければ、嫌な思いもしませんから」──バックヤードで繰り広げられる言葉の応酬と傷つけ合い。めんどうな12人の人間が曝け出した感情の先に希望は灯るのか。演劇界の異才による傑作群像劇、ついに小説化。本人朗読のオーディオブックが、Audibleより同日発売!

 
【著者コメント】

『今、出来る、精一杯。』をオーディオブックでも展開したいというお話をいただいたのは今年の2月頃。

俳優業は昨年引退していたので自分で声を入れるかすごく迷ったんですが、オーディオブックは「演じる」ということとは少し違うジャンルだし、けれど自分が今までやってきたことを活かせるのではないかと思い、今回自分で朗読させていただきました。

小説を著者自らが全編朗読するのはAudibleでは初だと書籍の編集者に耳打ちされ「初!?」って気持ちで収録に挑んだんですが、今すべてやり終えこのコメント書いている最中に「すみません、石田衣良さんがすでにやられていました」と言われ、嘘つきじゃん!! ってなってます(笑)。

とはいえ、「根本宗子だからできること」に出会えた感覚があり、皆様に届くのが楽しみです。小説とも舞台とも違ったまた新しい「今、出来る、精一杯。」を是非楽しんでいただけたらと思います。

石田衣良さんのものを参考に聴いてから自分の収録したかったなぁ。わたしは今日そちらを購入しようと思います。

 

刊行イベントを開催!

 
1)リアルトークライブ

■日時:2022年4月21日19時~

■場所:紀伊國屋新宿本店(新宿区新宿3丁目17-7)

★詳細:https://store.kinokuniya.co.jp/event/1646383603/

 
2)根本宗子さん×又吉直樹さん オンライン対談

■日時:4月22日19時より配信

■配信場所:TSUTAYA BOOKSTORE 下北沢より

★詳細:https://mikanshimokita.jp/shopnews/detail/?cd=000101&sc

 

著者プロフィール

著者の根本宗子(ねもと・しゅうこ)さんは、1989年生まれ。東京都出身。19歳で月刊「根本宗子」を旗揚げ。 以降すべての作品の作・演出を務める。

近年の演劇の作品として 2018年「愛犬ポリーの死、そして家族の話」、2019年「クラッシャー女中」、2020年「もっとも大いなる愛へ」などがある。 本書が初の小説。

 

今、出来る、精一杯。
根本 宗子 (著)

23歳の時、自分の劇団公演のために演劇作として書き下ろした「今、出来る、精一杯。」を初演から10年の時を経て小説という新たな姿で今の世の中へ解き放てること、とても感慨深いです。

どんなに劇作を続けて技術が上がっても常に自分のライバルはこの作品で、いつもこの時の自分に見張られている気がしながら劇作を続けてきたほど自分の中で大きな作品です。

そんな本作に32歳の今のわたしが新たな言葉を吹き込み、特別な小説が仕上がりました。

どうか手にとっていただけたら、そしてどこかの誰かの大切な一冊となったら嬉しいです。

根本宗子

<Audible版>

今、出来る、精一杯。Audible版
根本 宗子 (著, ナレーション), Audible Studios (出版社)

 
【関連】
【Zoom配信】『今、出来る、精一杯。』(小学館)刊行記念 根本宗子さんオンラインイベント | 紀伊國屋書店 – 本の「今」に会いに行こう
【サイン本発売のお知らせ】 『 今、出来る、精一杯。』刊行記念対談 根本宗子×又吉直樹 オンライン視聴券付 サイン本発売! | SHOP NEWS | ミカン下北

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。