本のページ

SINCE 1991

『ゼレンスキー大統領、世界に向けた魂の演説集』が緊急出版!

『緊急出版! ゼレンスキー大統領、世界に向けた魂の演説集』(編:「ウクライナ侵攻」分析班)

『緊急出版! ゼレンスキー大統領、世界に向けた魂の演説集』(編:「ウクライナ侵攻」分析班)

扶桑社は4月13日、『緊急出版! ゼレンスキー大統領、世界に向けた魂の演説集』(編:「ウクライナ侵攻」分析班)を刊行しました。

 

望まぬ戦争でウクライナ人は命を落とす。世界と未来のために。

ウクライナの各地で痛ましい悲劇が続いています。

ウクライナの民間人の死者は3月22日の段階で約4000人、ウクライナ軍の死者は3月上旬のデータで約1300~3000人となっています。また、ロシア軍は3月2日のロシア国防省発表で498人、3月24日のウクライナ側発表では約1万5800人と大きな乖離がありますが、これもまた現在繰り広げられている情報戦のひとつなのでしょう。

 
このように大きな被害を出しながらも、ウクライナが持ちこたえている要因は何か?
各国の志願兵による軍事支援やロシア軍の士気の低下などさまざまな理由が考えられますが、間違いなくそのひとつは、ゼレンスキー大統領の演説がウクライナ国民を鼓舞し、各国の人々に支援を呼びかけたことにあります。

そして「日本だけでなく他の国々に向けた演説はいかなるものだったのか、それについても知ってほしい」という思いから、本書が緊急発刊されました。紙幅と時間が許す限りの演説を、本書には収録されています。

 

本書の構成

■はじめに

■ロシア軍の侵攻から……28日目
ロシアのウクライナ侵攻により、この世界は不安定になりました。誰が明日を予想できるでしょう?
――日本の国会でのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……1日目
新しい「鉄のカーテン」が、ロシアを文明世界から引きずり下ろすのです
――ウクライナ市民とロシア人へのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……4日目
私たちは、自分たちが何を守っているのか正確に知っています
――ウクライナ市民へのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……13日目
私たちが始めてもいなければ、求めてもいなかったすさまじい戦争についてお話しします
――英国議会でのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……16日目
私が大統領に就任したとき、私たちの関係は冷めきっていましたね
――ポーランド共和国議会でのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……20日目
この事態を子供たちにどう説明するのか、想像してみてください
――カナダ下院議会でのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……21日目
我々はウクライナだけを防衛しているのではなく、世界のために自らの命を犠牲にしています
――アメリカ合衆国連邦議会でのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……22日目
ロシアとの交易路はヨーロッパを分断する「新しい壁」の上に張られた有刺鉄線です
――ドイツ連邦議会・下院でのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……24日目
この戦争を始めた者たちの銀行口座を完全凍結することが必要なのです
――スイスの路上集会に集まった市民や政治家へのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……25日目
「最終的解決」……またその言葉が使われています。私たちの「ウクライナ人問題」について
――クセネト(イスラエル国会)でのオンライン演説

■ロシア軍の侵攻から……27日目
ウクライナは食糧輸出国でした。しかし、ロシアの砲撃が続くなかで、どうやって種を蒔けばいいのですか?
――イタリア議会でのオンライン演説

■おわりに

 

ゼレンスキー大統領、世界に向けた魂の演説集
ウクライナ侵攻 分析班 (編集)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。