本のページ

SINCE 1991

女性のための生き方・働き方が見つかる女性起業家図鑑籍『「わたし」を見つけた女たち』が重版&海外出版決定!

『「わたし」を見つけた女たち』

『「わたし」を見つけた女たち』

Rashisa出版から1月28日に刊行された『「わたし」を見つけた女たち』が大手書店で続々とランキング1位を獲得し、重版および海外出版が決定しました。

 

大手書店で続々ランキング1位を獲得! 重版 & 海外出版決定!

『「わたし」を見つけた女たち』は、ブックファースト梅田2階店総合週間ランキング1位(2/6~2/12)、ジュンク堂書店池袋本店総合週間ランキング1位(2/7~2/13)、日経産業新聞ビジネス書ベストセラー9位(2/25掲載)、紀伊国屋書店梅田本店ビジネス書週間ランキング1位(2/28~3/6)など大手書店で次々とランキングを獲得し、話題を生んでいます。

 
さらに、中国を代表する老舗大手国営出版社である中国科学技術出版社からのオファーもあり、中国・香港・台湾・マカオでの発売も決定しました。

 
読者からは「これからの生き方や働き方の具体例や経験談が載っていて、とても参考になった」「21人の女性起業家の赤裸々な人生ストーリーが書かれていて、一歩踏み出す勇気をもらえた」などの声が寄せられています。

ジュンク堂書店池袋本店

ジュンク堂書店池袋本店

 
【『「わたし」を見つけた女たち』概要】

最近では『ジェンダーレス』というワードをTV・情報メディアなどでよく見かけるようになりましたが、実際の現場ではまだまだ課題だらけなのが実情です。

以前に比べると、女性も働きやすい社会になってきたとはいえ、キャリア・副業・結婚・妊娠・出産・子育て・介護など男性よりもライフステージが目まぐるしく変わる中で自分が理想とするライフスタイルを描けている人は少ないです。

「私らしく生きる」
「ありのままの私でいい」
「自分軸で生きる」

そんな言葉を見るたびに「私らしさって、何だろう?」と答えのない迷宮に陥る人もたくさんいます。

 
本書に登場する21人の女性たちもかつては同じような悩みを抱えていました。
でも、今ではいろんな経験を通して自分と向き合う中で、「自分の価値」を掴み理想のライフスタイルを描いています。

 
21人の女性たちのストーリー・生き方・働き方・考え方を知ることで「自分には自分だけの価値がある」という意識を掴むことができる書籍なので

◎「私らしさって、何だろう?」という答えを探している人
◎夢も希望もないと思っている人
◎やりたいことがあるけど、勇気が出ずに一歩踏み出せない人
◎生き方や働き方を変えたいと考えている人
◎これから起業を考えている人

…におススメの一冊です。

 

著者 & 目次

青木志織 ― 20代で鍼灸治療をする動物病院を開院。動物を本当に癒せる獣医師になるための私の選択

青山茉由 ― 会社員、インフルエンサー、実業家へ。不可能を知らないライフコンサルタントの夢を叶える秘訣

赤星麻里 ― 世界を股に掛けるヘアメイクアーティスト。仲間を増やし更なる高みを目指すプロセス

井土利恵 ― 薬剤師から東洋医学の世界へ。鍼灸院を開業し、夢に向かって輝く女性を心身ともにサポートする理由

上武由夏 ― 6500万円の負債を抱えながらシングルで子育て、逆境に負けず真の楽園「カフェ」経営にたどり着くまで

うめがきゆみこ ― ダンスを仕事に生きていく!目標を定め着実に事業展開する「おどる経営者」の戦略

小河久美 ― 育児ノイローゼ主婦が「星読み」に出会い、月商七桁の人気占星術師となるサクセスストーリー

加藤道子 ― 著者の想いを伝えるブックライターとは!?100冊以上の本を手掛けベストセラーを生み出す仕事の流儀

加藤里絵 ― モノづくりに魅了され「工場を持たない、金属加工会社」を設立した、女社長の挑戦

講内優紀 ― 14歳で家出、夜の世界から19歳で深夜のネイルサロン経営へ。本物を知る敏腕経営者が伝授する成功者の条件

小林虹子 ― ニートから、社長・アイドルになった私から、挫折を経験した女性への応援メッセージ

坂本規久子 ― 乳がんを機に自身と向き合い、夢の「ワクワクする民間学童クラブ」設立を叶えるまでのストーリー

寺井恵衣 ― 「生まれてきてごめんなさい」と苦しんでいた私が、心身共に健康を目指すオーガニックカフェを開業するまでの軌跡

中村理恵 ― 900人近くの女性起業家をプロデュース!女性の価値と素晴らしさに気付き、今日から人生の主役になる物語

二田雪絵 ― アナウンサーとアロマテラピーショップ経営の二足のわらじ。1つだけではない、自分の道の選び方

保坂葉子 ― 自殺未遂、離婚……メンヘラなまま大人になった私が女性の不調に寄り添うエステティシャンとなり、自分を愛するまでの道のり

南久惠 ― ミセスユニバースの舞台に立った美の伝道師。世界に羽ばたき、自分を見つめ、美しさを求めてたどり着いた成功ヒストリー

yucca pocca ― 愛犬と共に看護師、防災士、そして社会起業家として社会問題の解決に向き合う!肩書きにとらわれない自分の人生の歩き方

ユミ ― 副業で始めたブログが4か月で月収100万円!時間と場所にとらわれない自由な働き方を叶えるには!?

凛 ― 鬱O L がブログ を始めて、月収1500万円へ。夫婦で脱サラ、どん底から数億円を生み出す社長になった逆転人生

渡辺ゆいか ― 恋愛アドバイザーとして月収200万円を稼ぐ主婦が伝える、自分の名前でビジネスをする方法

 

「わたし」を見つけた女たち
Rashisa出版(編)

なりたい自分に、わたしはなれる

新しい時代がきました。ピラミッド型の社会形態は終わりを告げ、横つながりや「個」を尊重することこそ、新しい時代の生き方であると誰もが感じています。

個を重視し、多様性が尊重される時代だからこそ、誰もが「私らしく生きていい」という言葉に惹かれ、安堵している人も多いことでしょう。

しかし、今まで外に向けていた視点の矢印を自分に向けたとき、そこには何が見えたでしょうか?
それこそが「あなたは誰?」という質問になるわけですが、意外にも、その答えが見つからない…それが、実情ではないでしょうか。

なかには、その質問にすぐに答えられる人もいるでしょう。

「私は看護師です」
「私は二人の息子のママです」
「私は女社長です」

そんなふうに答える人も多いと思いますが、肩書きやキャリアや家族構成のなかのポジションがあなたのすべてとは限りません。
なぜなら、それは「相手から見た自分」だからです。
だからこそ、人は「自分が誰なのか」分からないのです。

本書には21人の女性たちが登場しますが「自分が誰だか分からない」「自分の価値なんてあるのか」というゼロ地点からスタートした人たちばかりです。
しかし、彼女たちは今「あなたは誰ですか?」という質問に堂々と答えることができます。
なぜなら、苦労を重ねながら、悩みながら「自分の価値」をつかんだからです。
この本を手にしてくださったあなたも「自分らしさ」という迷宮に迷い込んでいる方なのかもしれません。

見つからないからこそ「私には何の価値もない」と悩んでいるのかもしれません。

しかし、ここに登場する21人も、かつてはあなたと同じように悩んでいました。
だからこそ、今あなたが悩んでしまうのは、当たり前のことだと、まずは理解してほしいと思います。

この本は

◆これから起業をしたいと思っている人
◆漠然と未来が不安な人
◆今の仕事を続けていいか分からない人

そんな人たちに向けて作られました。もし、あなたが一つでも思い当たるなら、ぜひこの本を読んでほしいと思います。

【著者紹介】
青木志織/青山茉由/赤星麻里/井土利恵/上武由夏/うめがきゆみこ/小河久美/加藤道子/加藤りえ/講内優紀/小林虹子/坂本規久子/寺井恵衣/中村理恵/二田雪絵/保坂葉子/南久惠/yucca pocca/ユミ/凛/渡辺ゆいか

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。