本のページ

SINCE 1991

養老孟司さん『ヒトの壁』が20万部突破! 「壁」シリーズは670万部超えに

養老孟司さん著『ヒトの壁』(新潮新書)

養老孟司さん著『ヒトの壁』(新潮新書)

昨年12月に刊行された、養老孟司さん著『ヒトの壁』(新潮新書)が20万部に到達しました。

 

コロナ禍の2年間、84歳の知性が考え抜いた「究極の人間論」

450万部を突破した『バカの壁』に連なる「壁」シリーズ最新刊として『ヒトの壁』は刊行されました。発売2か月での20万部突破は、前作の『遺言。』をはるかに上回るペースです。「壁」シリーズの累計はこれで670万部となりました。

 
新型コロナ禍、死の淵をのぞいたという自身の心筋梗塞、そして愛猫「まる」の死という個人的な悲しい出来事を経て、養老孟司さんの思索はより深みを増しました。

コロナ禍の2年は、養老さんにとっても、大きな変化の期間となったようです。

新書では通常、男性の比率が高いのですが、この本では男女比がほぼ半々で、女性層からの支持の高さがうかがえます。

 
ご本人は、『ヒトの壁』についてこう話しています。

「自然科学の研究で当然とされる考え方と、日常の生活での考え方のズレが長年気になっていて、それがものを考えるための動機となってきました。

『バカの壁』もその産物です。

大学での研究生活を辞めて長いですが、社会の中でその種のズレを感じることはいまでもあります。同じようなズレを感じている方が多いのか、読んで『安心しました』『ホッとしました』といった感想をくださるんです。コロナではあらためて、誰もが人生の根源的な問題を考えざるを得なかったのでしょう。今回の本も、そこから何らかのズレを感じている方に読まれているのかな、と思います」

 
読者からは、広告にも使われた本文中のこんな言葉が響いた、といった声も寄せられています。

「今は人間関係ばかり。相手の顔色をうかがい過ぎていないか。たかがヒトの分際で調和をはかろうとしすぎていないか」

人間関係に悩む人が多いことのあらわれなのでしょう。

 

著者プロフィール

撮影:新津保建秀

撮影:新津保建秀

著者の養老孟司(ようろう・たけし)さんは、1937(昭和12)年生まれ。鎌倉出身。東京大学医学部卒業。解剖学者。東京大学名誉教授。

心の問題や社会現象を、脳科学や解剖学などの知識を交えながら解説し、多くの読者を得た。1989(平成元)年『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞。新潮新書『バカの壁』は大ヒットし2003年のベストセラー第1位、また新語・流行語大賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞した。『バカの壁』『死の壁』『超バカの壁』『「自分」の壁』『遺言。』(番外編)の「壁」シリーズは累計670万部を突破した。

大の虫好きとして知られ、昆虫採集・標本作成を続けている。

 

ヒトの壁 (新潮新書)
養老 孟司 (著)

シリーズ累計660万部突破! 『バカの壁』に始まる「壁」シリーズ4年ぶりの最新刊! !
84歳の知性が考え抜いた、究極の人間論!
ヒトという生物であると実感し、あらためて問い直す。

【内容紹介】
病気はコロナだけじゃない。そして、死は誰にでも平等にやってくる。
新型コロナウィルス禍と五輪、死の淵をのぞいた自身の心筋梗塞、愛猫まるの死――
ヒトという生物であると実感し、2年間の体験からあらためて問い直す。
人生そのものが、不要不休ではないか。それでも生きる価値はどこにあるのか。

【目次】
はじめに
1 人生は不要不急か
2 新しい宗教が生まれる
3 ヒトはA Iに似てきている
4 人生とはそんなもの
5 自殺する人とどう接するか
6 なせばなる日本
7 コロナ下の日常
8 ヒト、猫を飼う
あとがき

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。