本のページ

SINCE 1991

蛭田亜紗子さん”女による女のための短編シリーズ”「「ままならない私の体」第1弾『教会のバーベルスクワット』が「U-NEXT」オリジナル書籍として配信開始

蛭田亜紗子さん著『教会のバーベルスクワット』

蛭田亜紗子さん著『教会のバーベルスクワット』

動画配信サービス「U-NEXT」は、蛭田亜紗子さんが手がける女性の心と体、選択と決定について描く珠玉の短編シリーズ「ままならない私の体」第1弾『教会のバーベルスクワット』をU-NEXTのオリジナル書籍として配信開始しました。U-NEXTの月額会員の方であれば「読み放題」でご覧になれます。

なお、シリーズは全5回、第2弾は2022年2月の配信を予定しており、以降3ヵ月に1編のペースで新作を追加していきます。装画は、漫画家・ばったんさんの描き下ろしです。

 

蛭田亜紗子さん「ままならない私の体」第1弾『教会のバーベルスクワット』

★URL:https://video.unext.jp/book/title/BSD0000496612/BID0000844937

 
<蛭田亜紗子さん著『教会のバーベルスクワット』あらすじ>

四十歳を目前に妊活をやめた「私」は、夫との間に距離を感じ、魔が差したかのようにネットで知り合った男と逢瀬を重ねるようになった。裸を見せることの緊張感からはじめた筋トレと、女性経験のない無垢な彼とのセックスは、孤独と焦燥感に駆られていた「私」の心を解し、不妊治療やホルモンバランスの乱れなどで思い通りにならなかった自分自身の体を楽しむことができるようになってきた。そんな矢先…。女性の心と体、選択と決定について描く珠玉の短編。

 
★『教会のバーベルスクワット』の冒頭部分の試し読みはこちら:https://note.com/unext_pub/n/n9cd73c02aea0

 

著者プロフィール

著者の蛭田亜紗子(ひるた・あさこ)さんは、1979年生まれ。北海道札幌市出身、在住。2008年第7回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞し、2010年『自縄自縛の私』(新潮社)を刊行しデビュー。

近刊『共謀小説家』(双葉社)では、明治期の文壇を舞台に、小説家の夫と妻の独特な絆を描いた。そのほかの著書に、『凜』(講談社)、『エンディングドレス』(ポプラ社)などがある。

 

U-NEXTオリジナル書籍について

U-NEXTは2019年1月、動画配信サービスながら、1つのアプリで電子書籍も楽しめるサービスとしてリニューアル。そして2020年8月より、月額会員であれば追加料金なく「読み放題」で楽しめるオリジナル書籍を提供開始しました。

 
なお、これらのオリジナル書籍は、U-NEXTで先行配信したのち、1~3ヶ月を目処にKindleストア、Apple Booksなど他のプラットフォームでも提供されます。また、藤井清美さん『#ある朝殺人犯になっていた』、チョン・ミジンさん『みんな知ってる、みんな知らない』、秋吉理香子さん『息子のボーイフレンド』、小野美由紀さん『路地裏のウォンビン』、柴田哲孝さん『ジミー・ハワードのジッポー』など一部作品は紙の書籍として販売されているので、全国の書店でも購入できます。

 
★「U-NEXT」オリジナル書籍一覧:https://video.unext.jp/book/originals/book

 
【関連】
教会のバーベルスクワット(書籍) – 電子書籍 | U-NEXT 初回600円分無料
【試し読み】女による女のための短編シリーズ「ままならない私の体」第一弾『教会のバーベルスクワット』|U-NEXT 出版部|note

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。