本のページ

SINCE 1991

累計40万部突破!星野源さん『いのちの車窓から』が書き下ろしを加え文庫化! 『ダ・ヴィンチ』ではロングインタビューを掲載

星野源さん著『いのちの車窓から』文庫版カバー(カバーデザイン:宮古美智代さん/カバーイラスト:ビョン・ヨングンさん)

星野源さん著『いのちの車窓から』文庫版カバー(カバーデザイン:宮古美智代さん/カバーイラスト:ビョン・ヨングンさん)

KADOKAWAは、2017年に刊行された星野源さんのエッセイ集『いのちの車窓から』文庫版を、2022年1月21日(金)に刊行します。

 

星野源さんの大ヒットエッセイ集『いのちの車窓から』が、カバーを新装&書き下ろしを加え文庫化!

星野源さんが雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載スタートした、エッセイ「いのちの車窓から」。第1巻となる単行本は2017年に刊行し、ベストセラーに。
そしてこの度、累計40万部突破となる人気エッセイ集の文庫版が発売されます。

 
文庫に収録されているエッセイは、2014年から2017年に星野さんが毎月執筆してきた30篇(単行本書き下ろし含む)。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の撮影秘話や、念願だった紅白出場、大ヒット曲「SUN」、「恋」ができるまで。さらにこっそり別人としてツイッターをやっていたエピソードや、「自分が人見知りである」と自ら言うことをやめたきっかけなど、約2年間に渡り、星野源さんが見てきた風景、感じてきた想い、経験、成長のすべてが文章に描き出されています。

 
「人生は旅だというが、確かにそんな気もする。自分の体を機関車に喩えるなら、この車窓は存外面白い。」
(本書『いのちの車窓から』より引用)

 
さらに文庫化にあたり、改めて本書を読みなおした星野さんが、エッセイ約2本半分に相当する、10ページにもわたる長い「文庫版あとがき」を書き下ろし。2021年年末に執筆したこの書き下ろしは、「いのちの車窓から」最新回とも言える内容となっています。

星野源さんの面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ、誠意あふれるエッセイ集。文庫版では、カバーも新装されます。

 
また、『ダ・ヴィンチ』2022年1月号(2021年12月6日発売)では、文庫に関するロングインタビューも掲載。『ダ・ヴィンチ』毎年恒例、その年の本のランキングを発表する「BOOK OF THE YEAR」特集号にて、星野源さんが表紙を飾ります。

『ダ・ヴィンチ』2022年1月号表紙(12月6日発売)

『ダ・ヴィンチ』2022年1月号表紙(12月6日発売)

 
<『いのちの車窓から』あらすじ>

ドラマ「逃げ恥」「真田丸」、大ヒット曲「恋」「SUN」、「紅白」出演。怒涛の毎日を送るなかで、著者が丁寧に描写してきたのは、周囲の人々、日常の景色、ある日のできごと……。その一編一編に鏡のように映し出されるのは、星野源の哲学、そして真意。
星野源さんの魅力、そのすべてがわかる、誠意あふれるエッセイ集。

★単行本特設サイト(随時更新):https://promo.kadokawa.co.jp/hoshinogen/inochinoshasokara/

 

著者プロフィール

著者の星野源(ほしの・げん)さんは、1981年生まれ。埼玉県出身。俳優・音楽家・文筆家。

俳優として、映画「罪の声」で第44回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。音楽家としては、多くのドラマ、映画の主題歌を担当するなど幅広く活動し、2020年にソロデビュー10周年を迎えた。

また、著作に『よみがえる変態』『働く男』『そして生活はつづく』。幅広い活動が評価され、2017年に第9回伊丹十三賞を受賞。

 

いのちの車窓から (角川文庫)
星野 源 (著)

星野源の大人気エッセイ集、書き下ろしを加え文庫化!

ダ・ヴィンチ 2022年1月号

BOOK OF THE YEAR 2021/食と農のマンガ

表紙★星野源

●特集1
あなたにとって、今年いちばん良かった本は?
BOOK OF THE YEAR 2021

◎小説&コミックランキングTOP50/文庫&エッセイ・ノンフィクションランキングTOP20
◎デザイナーが選ぶ今年のグッドルッキング本
◎目利き書店員のおすすめ! 2021年注目の3冊
◎本読みのプロが選ぶ「とっておき」今年の3冊
◎[今年の「顔」インタビュー]
松村北斗(SixTONES)、田中希実、SKY-HI、YOASOBI

●特集2
育てる、獲る、食べる
【完全保存版】「食と農のマンガ」特集

◎テーマ別に「食」と「農」の注目作をピックアップ!
[食編]作ってつながる食/お店で味わう/お酒と楽しむ
[農編]野菜/肉(畜産・狩猟)/魚(漁業・釣り)
◎[インタビュー]よしながふみ/久住昌之/新久千映
◎【完全保存版】食と農のコミックリスト1970~2021

●[恒例企画]各出版社のイチオシを紹介! 2022年の隠し球はコレだ!

 
【関連】
星野源『いのちの車窓から』 特設サイト|KADOKAWA

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です