本のページ

SINCE 1991

ブレイディみかこさん『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』がシリーズ累計100万部を突破!

ブレイディみかこさん著『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

ブレイディみかこさん著『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

〈ぼくイエ〉の愛称で親しまれた、ブレイディみかこさんのベストセラーシリーズ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が、2年ぶりの続編〈ぼくイエ 2〉刊行により、累計部数100万部を突破しました。

 

熱い口コミで累計100万部突破! ブレイディみかこさん『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』

「Yahoo!ニュース|本屋大賞ノンフィクション本大賞2019」をはじめとする11の文学賞を受賞したベストセラー、ブレイディみかこさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の続編にして完結篇『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』は9月16日の刊行直後から全国の書店で次々と売上第1位を獲得、このたび単行本と文庫あわせてシリーズ累計で100万部を突破しました。

 
〈ぼくイエ〉も〈ぼくイエ 2〉も読者は女性が7割。中高年男性が読者層の多数を占めるのが一般的なノンフィクション作品のなかにあって、極めて異例です。

ブレイディみかこさん著『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』(新潮社)

ブレイディみかこさん著『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』(新潮社)

「いろいろあって当たり前。ライフってそんなもんでしょ」

13歳になった「ぼく」の日常は、今日も騒がしい。フリーランスで働くための「ビジネス」の授業。摂食障害やドラッグについて発表する国語のテスト。男性でも女性でもない「ノンバイナリー」の教員たち。自分の歌声で人種の垣根を超えた“ソウル・クイーン”。母ちゃんの国で出会った太陽みたいな笑顔。そして大好きなじいちゃんからの手紙。心を動かされる出来事を経験するたび、「ぼく」は大人への階段をひとつひとつ昇っていく。そして、親離れの季節が――。

 

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』とは

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』は、ブレイディみかこさんがアイルランド人の配偶者との間にもうけた息子さんが、荒れていたことで有名だった「元・底辺中学校」に通うことになり、個性豊かな友人や教員たちと触れ合い、現代社会が抱える問題と直面しながら成長するさまを描いたノンフィクション作品です。

 
新潮社のPR誌『波』で連載中から、熱狂的な反響が続々寄せられていました。

 
【単行本には、さまざまな著名人から推薦のコメントが寄せられました】

◎西加奈子さん(作家)
隣に座って、肩を叩いて、「一緒に考えない?」そう言ってくれました。絶対に忘れたくない、大切な友達みたいな本です。

◎中川李枝子さん(児童文学作家)
子どもの感覚に、母ちゃんとともに脱帽。先生方にも、ぜひ読んでほしい。

◎三浦しをんさん(作家)
これは「異国に暮らすひとたちの話」ではなく、「私たち一人一人の話」だ。

◎高橋源一郎さん(作家)
思わず考えこむ。あるいは、胸をうたれる。そして、最後に、自分たちの子どもや社会について考えざるをえなくなる。

 
【文庫化にあたっても、さまざまな著名人から推薦のコメントが寄せられました】

◎小川洋子さん(作家)
まさに今の状況を言い当てている。困難の中でも知恵をしぼれば生きていけるのだ。(TOKYO FM「パナソニック メロディアス ライブラリー」より)

◎仲野太賀さん(俳優)
心ない言葉に溢れた現代に、この本に出会えて本当に良かった。

◎イモトアヤコさん(タレント)
登場人物のみんなに会って話したくなりました。

 
※特設サイトでは、「ぼくイエ 1」4章分、「ぼくイエ 2」2章分を試し読みできるほか、著者インタビューや対談など、さまざまな関連読み物も掲載されています。

★特設サイト:https://www.shinchosha.co.jp/ywbg/

 

ブレイディみかこさんプロフィール

ブレイディみかこさん (C)新潮社

ブレイディみかこさん (C)新潮社

著者のブレイディみかこさんは、1965年生まれ。福岡市出身。県立修猷館高校卒業。保育士・ライター・コラムニスト。

音楽好きが高じてアルバイトと渡英を繰り返し、1996年から英国ブライトン在住。ロンドンの日系企業で数年間勤務したのち英国で保育士資格を取得、「最底辺保育所」で働きながらライター活動を開始。

2017年『子どもたちの階級闘争』で新潮ドキュメント賞、2019年『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』で毎日出版文化賞特別賞受賞、Yahoo! ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞受賞などを受賞。

著者に、『花の命はノー・フューチャー』『アナキズム・イン・ザ・UK』『ザ・レフト』『ヨーロッパ・コーリング』『THIS IS JAPAN』『子どもたちの階級闘争』『いまモリッシーを聴くということ』『労働者階級の反乱』『ブレグジット狂騒曲』『女たちのテロル』『ワイルドサイドをほっつき歩け』『ブロークン・ブリテンに聞け』『女たちのポリティクス』『他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ』などがある。

 

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー (新潮文庫)
ブレイディみかこ (著)

人種も貧富の差もごちゃまぜの元底辺中学校に通い始めたぼく。人種差別丸出しの移民の子、アフリカからきたばかりの少女やジェンダーに悩むサッカー小僧……。まるで世界の縮図のようなこの学校では、いろいろあって当たり前、でも、みんなぼくの大切な友だちなんだ――。優等生のぼくとパンクな母ちゃんは、ともに考え、ともに悩み、毎日を乗り越えていく。最後はホロリと涙のこぼれる感動のリアルストーリー。

 
11冠達成!
本屋大賞ノンフィクション本大賞
毎日出版文化賞
八重洲本大賞
キノベス!
ブクログ大賞
読者が選ぶビジネス書グランプリ
中高生におすすめする司書のイチオシ本
神奈川学校図書館員大賞
埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本
書店新風賞
君に贈る本大賞

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2
ブレイディ みかこ (著)

「ぼく」は13歳になった。
そして親離れの季節が――。
80万人が読んだ「一生モノの課題図書」、ついに完結。

【目次】
1.うしろめたさのリサイクル学
2.A Change is Gonna Come ――変化はやってくる――
3.ノンバイナリーって何のこと?
4.授けられ、委ねられたもの
5.ここだけじゃない世界
6.再び、母ちゃんの国にて
7.グッド・ラックの季節
8.君たちは社会を信じられるか
9.「大選挙」の冬がやってきた
10.ゆくディケイド、くるディケイド
11.ネバーエンディング・ストーリー

 
【関連】
特別試し読み『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』ブレイディみかこ 特設サイト | 新潮社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です