本のページ

SINCE 1991

『血の雫』刊行記念!「相場英雄祭り」開催 代表作『血の轍』の全文無料公開も

相場英雄さんの最新刊『血の雫』

相場英雄さんの最新刊『血の雫』

相場英雄さんの最新刊『血の雫』(幻冬舎文庫)が幻冬舎より刊行されました。

本書の刊行を記念して、幻冬舎では「相場英雄祭り」と称し、代表作『血の轍』の期間限定全文無料公開や、愛用文房具が当たるプレゼントキャンペーン、著者関連作品がお得に買える電子書籍のフェアなどを実施中です。

 

『血の雫』について

本書は、食品偽装や大手企業の粉飾決算、派遣労働など、数々の社会問題に鋭く切り込んできた人気作家・相場英雄さんが、SNSの功罪、格差社会の現実を描き切った、現代ニッポンの闇を抉るノンストップ警察ミステリーです。

 
<あらすじ>

東京都内で連続殺人が発生。凶器は一致したものの、殺されたタクシー運転手やお年寄りに接点は全くなく、捜査は難航を極めた。過去のトラブルで心を壊したベテラン刑事・田伏はITオタクの新米・長峰と犯人を追うが、事件はインターネットを駆使した劇場型犯罪に発展してしまう……。SNSの功罪、格差社会の現実を描き切る傑作警察ミステリー!

 

 
★『血の雫』特設ページURL:https://note.com/gentosha_dc/n/n1ad30bcc5002

 

著者プロフィール

著者の相場英雄(あいば・ひでお)さんは、1967年生まれ。新潟県出身。1989年、時事通信社に入社。2005五年、「デフォルト 債務不履行」で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞しデビュー。

2012年『震える牛』がベストセラーに。他の著書に『ナンバー』『血の轍』『トラップ』『リバース』『御用船帰還せず』『ガラパゴス』『クランクイン』『不発弾』『トップリーグ』『キッド』『アンダークラス』『Exit イグジット』『レッドネック』など。

 

「相場英雄祭り」概要

 
◆『血の轍』期間限定一冊まるまる無料公開キャンペーン(11/30まで)

血のシリーズの第一弾ともいえる『血の轍』全8章を、note上で全文読めるキャンペーンを実施。毎週金曜日更新で配信中。

★連載ページURL:https://note.com/gentosha_dc/m/mf55a221f8c65

 
◆プレゼントキャンペーン

Twitterにて相場英雄さんの愛用グッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中。下記リンクより、フォロー&クイズに答えてエントリー完了です。

★リンク:https://twitter.com/gentosha_dc/status/1445992285984919552?s=20

 
◆電子書籍フェア

「相場英雄フェア~幻冬舎作品30%OFF~」を10月28日(木)まで実施中。各電子書店にてお買い求めください。

★AmazonストアページURL:https://amzn.to/3mznTyU

 

血の雫 (幻冬舎文庫)
相場 英雄 (著)

<既刊>

血の轍 (幻冬舎文庫)
相場 英雄 (著)

元刑事が絞殺された。警視庁捜査一課の兎沢は、国家を揺るがす大事件の真相に元刑事が辿りついていたという糸口を掴むも邪魔が入る。立ちはだかったのは公安部の志水。兎沢に捜査のイロハを叩き込んだ所轄時代の先輩だった。事件の解決を泣ぐ刑事部と隠蔽を目論む公安部の争いが激化。組織の非情な論理が二人の絆を引き裂く…。胸打つ警察小説!

 
【関連】
『血の雫』(幻冬舎文庫)刊行記念!!相場英雄特設ページ|幻冬舎 電子書籍|note
最新作刊行記念!相場英雄の代表作『血の轍』を期間限定で全文無料公開|幻冬舎 電子書籍|note
『血の雫』文庫化記念プレゼントキャンぺーン あなたの好きな #警察小説 は? \ 気になる対立を選んで 著者関連グッズを当てよう / Twitter
Amazon.co.jp: 幻冬舎フェア: 「血の雫」文庫化記念!相場英雄フェア~幻冬舎作品30%OFF~

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です