本のページ

SINCE 1991

構想30年!橋本治さん『人工島戦記』が3000枚超の遺稿と共に刊行! サイト「HB」では矢内裕子さんエッセイ「『人工島戦記』の地平線」を公開

橋本治さん著『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』

橋本治さん著『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』

橋本治さん著『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』が、ホーム社より刊行されました。

 

構想30年!橋本治さんが挑んだ、空前絶後・前代未聞の全体小説、3000枚超の遺稿と共に遂に刊行!

本作品は、集英社の『小説すばる』1993年10月号から1994年3月号まで「人工島戦記」として連載された約500枚の原稿に、その後十数年にわたって著者による大幅な加筆、修正が加えられたものです。

2019年1月29日に橋本治さんが逝去されたことで、残念ながら本作は未完となりましたが、ご遺族の了解をいただき刊行の運びとなりました。

 
なお、『小説すばる』連載時に副題はありませんでしたが、今回「――あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科」という副題が入っているのは、最も新しい加筆のある原稿の束に「人工島戦記――あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科」と書かれた扉が付けられていたことによります。

 
<あらすじ>

人工島?そんなのいらないじゃん

千州最大の都会である比良野市では、志附子湾を埋め立てて「人工島」を作る計画が着々と進んでいた。それを知った国立千州大学二年生のテツオとキイチは、すでにある市民運動に共感することが出来ず、新しい反対運動を立ち上げる。彼らにとって唯一ピンと来るのは、「人工島?そんなのいらないじゃん」という、そのことだけだったのだ。

大学ではテツオとキイチを中心に同好会が組織され、人工島建設への反対運動が動き始めるが、話はやがて彼らの父母、祖父 母、兄弟、近所の人々の人生にまで脱線し、街全体の歴史とそこで生きる人々の姿が浮かび上がっていく。

架空の地方都市を舞台に、戦後から平成に到るこの国の普通の人々の意識を描いた未完の大長編!!

※創作の秘密を明かす500枚を超える「人名地名その他ウソ八百辞典」、本作品の舞台である架空の街、比良野市及びその周辺について著者自身が描いた「人工島戦記地図」付。

 
【本文より】

平成四年の一九九二年の五月のある日、キイチの部屋でゴロゴロしながらテレビを見ていたテツオは、「こんなのいらねーよなー」と言った。
テレビは夕方のニュースで、「志附子湾人工島計画に反対する市民の動き」というのをやっていた。
比良野市長の辰巻竜一郎は、「比良野市の発展と志附子湾再開発のため」に志附子湾の四分の一を埋め立ててしまうような「人工島計画」を発表し、それに対して「環境派の市民団体」が反対を表明しているというのだった。

 
【刊行によせて】

◆糸井重里さん
橋本治は、「死んでも平気」だった。
まねしたくはないけど、ちょっとあこがれる。 

◆内田樹さん
橋本治さんの書くものの多くは『説明』です。それも『自分に対する説明』。だから、絶対に手を抜かない(自分を説得するときに手を抜く人はいません)。『人工島戦記』がこれだけ長くなってしまったのは、すべての細部について自分でも得心がゆくまで徹底的に説明しようとしたからだと思います。

◆中野翠さん
初めて橋本さんと会ったのは、もはや半世紀近く前。部屋いっぱいに広がったジグソーパズルを製作中だった。 なんて面倒くさい趣味の持ち主なのだろう!と呆れるやら笑うやら。
『人工島戦記』は、そんな橋本さんならではの、緻密にして壮大、青春ロマンにして現代日本史。まさに渾身の遺作!

◆町田康さん
気をつけてください。読み始めるとやめられません。私は深く考えずこの本を読み始めてしまったため、多くの約束を反故にして社会的生命を失いました。人生が終わりました。

 
〔刊行記念企画〕ホーム社文芸図書WEBサイト「HB」に、『橋本治の小説作法(仮)』を近く上梓する矢内裕子さんのエッセイを掲載

★矢内裕子さん『人工島戦記』の地平線:https://hb.homesha.co.jp/n/nc68269a469b2

 

著者プロフィール

著者の橋本治(はしもと・おさむ)さんは、1948年生まれ。東京都出身。東京大学文学部国文学科卒業。大学在学中よりイラストレーターとして活躍。1977年「桃尻娘」が小説現代新人賞佳作入選。以後、小説、評論、戯曲、古典の現代語訳等幅広く活動する。

1996年『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、2002年『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、2005年『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、2008年『双調 平家物語』で毎日出版文化賞、2018年『草薙の剣』で野間文芸賞を受賞。

2019年1月29日逝去。享年70。

 

 
【関連】
『人工島戦記』の地平線 矢内裕子|HB ホーム社文芸図書WEBサイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です