本のページ

SINCE 1991

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2022」最もヒットしそうな電子コミックNo.1を選ぶ一般投票がスタート

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2022」の一般投票がスタート

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2022」の一般投票がスタート

電子書籍配信サイト「コミックシーモア」は、、「次に来るヒット作品はこれだ!」というネクストブレイクを探す「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2022」を開催します。
なお、開催にともない2021年11月30日まで一般投票を受付中です。

 

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2022」とは

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2022」では、出版社59社が、「2022年にヒットしそうな電子コミック」を推薦し、読者にその作品を実際に読んでもらい、気に入った作品に投票してもらいます。そして、投票作品の中から、得票数が最も多い作品を「みんなが選んだ、2022年に最もヒットしそうな電子コミック」として発表するコミック賞です。

 
第5回目となる今回は、前回に引き続き「男性部門」「女性部門」「異世界コミック部門」「ラノベ部門」「BL部門」「TL部門」の6部門を設けています。なお、今回、110作品がエントリーしています

 

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2022」 開催概要

■投票期間:2021年9月14日(火)~11月30日(火)

■部門:男性部門、女性部門、異世界コミック部門、ラノベ部門、BL部門、TL部門

■エントリー作品数:110作品

■投票方法:特設サイトの「投票する」ボタンをクリック
※会員登録は不要
※1部門1回まで(合計6部門)投票できます。

■作品推薦出版社(※五十音順):59社
Bevy、forcs、KADOKAWA、TOブックス、wwwave comics、アース・スター エンターテイメント、アイエムエー、アイプロダクション、秋田書店、アルファポリス、一迅社、オーバーラップ、宙出版、オトメチカ出版、乙女ドルチェ・コミックス、海王社、快感倶楽部、笠倉出版社、幻冬舎コミックス、コアマガジンdrap編集部、コアミックス、講談社、コミディア、実業之日本社、シュークリーム、集英社、ジュネット、主婦の友社、ジュリアンパブリッシング、小学館、祥伝社、少年画報社、新書館、新潮社、スクウェア・エニックス、スクリーモ、スターツ出版、ソルマーレ編集部、大都社/秋水社、大洋図書、東京漫画社、日本文芸社、白泉社、ファンギルド、双葉社、フューチャーコミックス、ブライト出版、プランタン出版、フロンティアワークス、ぶんか社、芳文社、ホビージャパン、マーマレード文庫、マッグガーデン、メディアソフト、モバイルメディアリサーチ、リイド社、リブレ

★特設ページ:https://www.cmoa.jp/comic_prize/

「男性部門」エントリー作品

「男性部門」エントリー作品

「女性部門」エントリー作品

「女性部門」エントリー作品

 
【関連】
電子コミック大賞2022 エントリー作品 男性部門|漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です