本のページ

SINCE 1991

おぎすシグレさんデビュー小説『読んでほしい』の装画を矢部太郎さんが描きおろし

放送作家・おぎすシグレさんの初の小説『読んでほしい』が7月7日に幻冬舎より刊行されます。小説の装画は、カラテカ・矢部太郎さんが担当。

 

矢部太郎さんが、無名の新人作家・おぎすシグレさんのデビュー小説の装画を描いた理由とは

本書は、ようやく書けた小説を誰にも読んでもらえない“売れない放送作家”が、悪戦苦闘する日々を描いた物語です。

「読んでほしい」、たったその一言が、どうしても言えない主人公。「今度こそ、言うぞ!」と、次々いろんな人に会いに行くのですが、相手の話を聞くばかりで、自分の話をすることができません。果たして、彼の小説は、読んでもらえる日が来るのか――。

 
そんな小説の装画を、お笑い芸人・漫画家として活躍中のカラテカ・矢部太郎さんが描いています。

矢部さんといえば、代表作『大家さんと僕』シリーズが大ベストセラーになっていますし、最新刊『ぼくのお父さん』も発売早々、話題です。一目見ればほっこりするその世界観に、心を奪われる人は引きも切りません。

 
一方、おぎすさんは、これがデビュー作となる、いわば無名の新人作家。今回、矢部さんは、なぜ、この小説の装画を引き受けたのか――。

その理由は、装画とともに送られてきた言葉にありました。

 
「産みの苦しみを超えた先に、待っていた新たな苦しみ。
誰もが経験していたはずなのに書かれてこなかった、おかしみと哀しみを僕は読みました。

そしてこう思いました。読んでほしい!」
――矢部太郎さん(芸人・漫画家)

 
日本中を幸せに包んだ『大家さんと僕』。そして、あらたな幸せを生んでいる『ぼくのお父さん』。
矢部さんの漫画を読むと、「僕/ぼく」のやさしさも、ちょっと気の弱いところも、伝わってきます。
そんな「僕/ぼく」だからこそ、『読んでほしい』の主人公の“おかしみと哀しみ”に共感したのでしょう。

 
「読んでほしい」が、また言えなかった…と項垂れる、主人公のせつなさ。
気の小さい主人公が、心の底では「読んで!」と叫んでいる、おかしみ。
そんな主人公を、矢部さんが描いています。

 
ということで、こちらが完成したカバーです。

読んでもらえなくて、しょんぼり…な主人公!

読んでもらえなくて、しょんぼり…な主人公!

そして、表紙を開いた、本文の1ページ目(扉)はこちら。

心の中では、必死に叫んでいるのに…な主人公!

心の中では、必死に叫んでいるのに…な主人公!

さらに、カバーをはずした表紙はこんな感じなのですが、ここに、ある仕掛けがあります。が、それはお手に取ってからのお楽しみ。

「見てほしいと、言えない」「がんばったのに、言えない」「言いたいのに、言えない」…
多くの人が感じたことのある“あの気持ち”を、切なさと優しさで包んでくれる物語。どうぞお楽しみください。

 

『読んでほしい』あらすじ

放送作家の緒方は、長年の夢だったSF長編小説をついに書き上げた。
渾身の出来だが、彼が小説を書いていることは、誰も知らない。

――眠る妻の枕元に、原稿を置いた。気づいてもらえない。
――芸術家になった後輩を呼び出した。逆に、彼の作品の感想を求められる。
――仕事仲間のディレクターに的を絞った。仕事の悩みを相談される。
――ー初恋の女性から連絡がきた。読んでとお願いする前に、“お願い”された。

誰かに、読んでほしい。誰でもいいから、読んでほしい。読んでほしいだけなのに!
誰に会っても、自分の話を切り出せない。気づくと、相手の話を聞いてばかり。
はたして、この小説は、誰かに読んでもらえる日が来るのだろうか!?

笑いと切なさがクセになる、そして最後にジーンとくる。“ちょっとだけ成長”の物語。

 

著者プロフィール

 
■著者:おぎすしぐれさん

1978年1月10日生まれ。名古屋で活躍中の放送作家。

16歳(高校1年)のときに名古屋よしもとから芸人デビューするが、2000年に芸人引退。22歳で放送作家に転身。本作が初の小説となる。

 
■装画:矢部太郎(やべ・たろう)さん

1977年生まれ。お笑いコンビ「カラテカ」としてキャリアをスタートさせたのち、『大家さんと僕』で漫画家デビュー。大家さんとの日常を優しく丁寧に描いた作風が評判を呼び、シリーズ累計120万部超えのベストセラーに。同作は第22回手塚治虫文化賞短編賞も受賞した。

最新刊は『ぼくのお父さん』(新潮社)。また、『星の王子さま』の装画・挿絵も手掛ける(ポプラ社)。

 

読んでほしい
おぎす シグレ (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です