本のページ

SINCE 1991

文豪・谷崎潤一郎×イラストレーター・夜汽車さん「乙女の本棚」シリーズ『刺青』刊行

谷崎潤一郎×夜汽車さん「乙女の本棚」シリーズ『刺青』刊行

谷崎潤一郎×夜汽車さん「乙女の本棚」シリーズ『刺青』刊行

立東舎は、文豪・谷崎潤一郎とイラストレーター・夜汽車さんがコラボレーションした、「乙女の本棚」シリーズの最新刊『刺青』を刊行しました。

 

乙女の本棚シリーズに文豪・谷崎潤一郎が登場! イラストレーター・夜汽車さんとのコラボで『刺青』が発売に!

「乙女の本棚」とは、文豪の名作に、現代のイラストレーターが自由な感性でイラストを添える、絵本感覚で楽しめるコラボレーション・シリーズです。

 
シリーズ第21弾となる『刺青』は、幅広いジャンルで活躍する人気イラストレーター・夜汽車さんが、描き下ろしで多くのイラストを制作しています。オールカラーで、小説世界をより豪華に楽しむことができる作品です。

 

著者プロフィール

 
■谷崎潤一郎(たにざき・じゅんいちろう)

明治19年(1886年)、東京生まれ。東京帝国大学国文科中退。在学中に同人雑誌「新思潮」(第二次)を創刊し、「刺青」などを発表する。代表作に『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』『陰翳礼讃』など。

 
■夜汽車(よぎしゃ)さん

イラストレーター。少女を描くことと19世紀末の挿絵画家を好む。懐かしいような落ちついた雰囲気のイラストを目標に制作している。著書に『おとぎ古書店の幻想装画』『Illustration Making & Visual Book 夜汽車』などがある。

 

刺青 (立東舎 乙女の本棚)
谷崎 潤一郎 (著), 夜汽車 (著)

人気シリーズ「乙女の本棚」第21弾は谷崎潤一郎×イラストレーター・夜汽車のコラボレーション!
小説としても画集としても楽しめる、魅惑の1冊。全イラスト描き下ろし。

お前さんの命を貰った代りに、私はさぞ美しくなったろうねえ

刺青師の清吉には、いつか理想の美女の肌に刺青を入れたいという野望があった。

谷崎潤一郎の『刺青』が、ノスタルジーを感じさせる美しい作品で大きな話題を呼び、本シリーズでは坂口安吾『夜長姫と耳男』を担当するイラストレーター・夜汽車によって描かれる。
名作文学と現代の美麗なイラストが融合した、珠玉のコラボレーション・シリーズ。
自分の本棚に飾っておきたい。大切なあの人にプレゼントしたい。そんな気持ちになる「乙女の本棚」シリーズの1冊。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です