本のページ

SINCE 1991

前田晃平さん『パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ!』が書籍化 エッセイスト・犬山紙子さんとのトークイベントも

前田晃平さん著『パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ! ママの社会進出と家族の幸せのために』

前田晃平さん著『パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ! ママの社会進出と家族の幸せのために』

人気クリエイター・前田晃平さんがメディアプラットフォーム「note」で連載している記事(https://shinsho.kobunsha.com/m/m1e5f608968fe)が、『パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ! ママの社会進出と家族の幸せのために』として、光文社より5月19日に刊行されます。本書はnoteの記事に、新しく書き下ろしを加えて構成。

刊行を記念して、5月24日にエッセイストの犬山紙子さんをゲストに迎え、トークイベント「パパの家庭進出の進め方~子育て家庭と社会のリアル」をライブ配信します。

 

新米パパが「ママの視点」で見つめたら、世界は別の場所だった!

共働き夫婦が多数派になった今でも、日本の妻は夫の3倍もの家事・育児を担っています。また、日本は先進国有数の「親子に冷たい国」なのです。

 
育休を取って初めて気づいた、ニッポンの世の不均衡と子育て世代の生きづらさ。「パパの家庭進出なしにママの社会進出はありえない」と気づいた「普通のパパ」が、「男性育休」「長時間労働」「子育て自己責任論」「夫婦間の不平等」「日本版DBS(性犯罪者の保育・教育現場からの追放)」などのテーマについて、豊富なデータに実体験を交えてわかりやすく綴ります。note大人気連載(1記事の最高スキ数2891)を書籍化。

 
<本書の概要>

「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」をミッションに掲げる認定NPO法人フローレンスで働く著者・前田晃平さんが、育休を2ヵ月取得し新米パパデビュー!その途端、親子に関する社会問題への違和感が見えてきた。どうしてママばかり?いったい、パパたちはどこに行っちゃってるわけ?

自身が NPOスタッフとして取り組んできた親子にまつわる社会問題の議論には、「パパの不在」がとても多かったということに、育休取得後に気づいた前田。パパになって初めて見えた、たくさんの不条理を、1人でも多くの方とシェアすべきと考え、noteにしたためてきました。

さらには保育・教育現場で起こった性犯罪の加害者を保育・教育現場に戻ってこられないようにする「日本版DBS」という仕組みを作るよう国に求めるソーシャルアクションにも取り組み、総理大臣にまで届けることができました。そんな奮闘記が次々と反響を呼び、noteの大人気連載に成長、ついに書籍化!

 

著者・前田晃平さんのコメント

娘が生まれてパパになり、仕事一筋だった私の人生は激変しました。2ヶ月の育休を皮切りに、妻と協力しあいながらの家事育児は、毎日が予期せぬ事件の連続です。最高に幸せなのですが、同時に、大変さも骨身に沁みてます……。こりゃ、子育ては、親だけじゃ無理……!

 
そんな経験を経て社会に戻ってみると、これまでにない違和感を感じるようになりました。家族にまつわる問題に、パパがいないのです。例えば「女性の社会進出」という言葉。大切には違いない。けど、男性はどこに消えた? 私が子育てを通じて実感しているのは、もう女性は、とりわけママは、家事に育児に仕事にと目一杯頑張っています。これ以上、頑張りようがありません。もっと社会でママが活躍するには、「パパの家庭進出」が必要不可欠なのではないか……?でも、この国ではその点が全然議論されていないんです。めっちゃ違和感!

 
でも、いったいどうすれば「パパの家庭進出」は実現するのだろう? 様々なデータや専門家から学び、考え、行動して、そして失敗して……、そんな、私のパパになってからの試行錯誤をまとめたのが本書です。ひとりでも多くの方々、特に! 同胞たるパパたちにとって、家庭、家族、子育て、そして何より、ご自身の幸せについて、今のあり方を見つめ直すきっかけに本書がなれたとしたら、これほど嬉しいことはありません。

 

著者プロフィール

著者の前田晃平(まえだ・こうへい)さんは、1983年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学総合政策学部中退。認定NPO法人フローレンス(https://florence.or.jp/)でマーケティング、事業開発に従事。政府・行政に政策を提案、実現するソーシャルアクションも行っている。

妻と娘と三人暮らしの毎日で、子育てに奮闘中!

★note:https://note.com/cohee / https://shinsho.kobunsha.com/m/m1e5f608968fe
★Twitter〔@coheemaeda〕:https://twitter.com/coheemaeda

 

『パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ!』刊行記念イベントを開催!

 
(1) note主催トークイベント「パパの家庭進出の進め方~子育て家庭と社会のリアル」

5月24日(月) 20:00~21:00、出版を記念してエッセイストの犬山紙子さんをゲストに迎えトークイベントをライブ配信。

【視聴方法】
note公式YouTubeおよびnote公式Twitter(@note_PR)から生配信。どなたも自由にご覧になれますが、https://note.com/events/n/naf3648eae635 より視聴を予約できます。

【料金】無料

★note公式YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=YJk_kZAKlSM
★イベント詳細:https://note.com/events/n/naf3648eae635

 
(2) JPIC主催トークイベント「パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ!」

5月28日(金)19:00~20:30、JPIC(一般財団法人出版文化産業振興財団)主催のオンラインイベントを行います。

★詳細:https://jpic-online.shop/items/6083e40dda019c0c0de6e462

 

 
【関連】
パパの家庭進出で、ニッポンを変えるのだ!|光文社新書

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です