本のページ

SINCE 1991

【第45回講談社漫画賞】『ブルーロック』『花野井くんと恋の病』『ゆりあ先生の赤い糸』が受賞

第45回講談社漫画賞が決定!

第45回講談社漫画賞が決定!

講談社は5月13日、第45回講談社漫画賞の受賞作を発表しました。

 

第45回講談社漫画賞3部門が決定!

第45回講談社漫画賞の3部門(少年部門、少女部門、総合部門)の受賞作は次の通りです。

 
■少年部門

原作:金城宗幸(かねしろ・むねゆき)さん/漫画:ノ村優介(のむら・ゆうすけ)さん
『ブルーロック』(講談社)

 
■少女部門

森野萌(もりの・めぐみ)さん
『花野井くんと恋の病』(講談社)

 
■総合部門

入江喜和(いりえ・きわ)さん
『ゆりあ先生の赤い糸』(講談社)

 
各部門の受賞者には、賞状とブロンズ像、副賞として賞金100万円が贈られます。

選考委員は、海野つなみさん、小川悦司さん、久米田康治さん、東村アキコさん、三田紀房さん、大和和紀さん、幸村誠さん。

 

講談社漫画賞について

講談社漫画賞は、講談社が主催する漫画賞です。1960年に創設された「講談社三賞」の一部門「講談社児童まんが賞」、1970年に創設された「講談社出版文化賞 児童まんが部門」を経て、1977年に現在の「講談社漫画賞」として独立し、現在に至ります。

少年部門、少女部門、総合部門の3部門で構成され、受賞者にはそれぞれ、賞状とブロンズ像、副賞として100万円が贈られます。

 

ブルーロック(1) (講談社コミックス)
金城 宗幸 (原著), ノ村 優介 (著)

2018年、W杯。日本代表は無残に散った。今大会もベスト16止まり…。アジアでは強豪? 組織力は世界レベル? そんなことは、もう聞き飽きた! 課題は、絶対的な「エースストライカー」の不在。悲願“W杯優勝”のために、ゴールに飢え、勝利に渇き、試合を一変させる革新的な“1人”を作るべく、日本フットボール連合は300人のユース年代の選手達を招集する。まだ無名の高校2年生・潔世一は、己のエゴを以って299人を蹴落とし、最強のエースストライカーの道を駆け上れるか!? 登場人物、全員“俺様”! 史上最もイカれたエゴイストFWサッカー漫画、ここに開幕!!

花野井くんと恋の病(1) (KC デザート)
森野 萌 (著)

高校1年生の冬、隣のクラスの花野井くんに何気なく傘を貸したのがきっかけで、「僕と付き合ってください」と告白されてしまった日生ほたる。好きな子のためならなんでもしてあげたい花野井くんに戸惑ってばかりだけど、恋する気持ちを知りたいほたるは期間限定の「お試し」で付き合うことになって……!? 『おはよう、いばら姫』の森野萌最新作は、恋を知らない女子×愛が重すぎる男子の初恋ピュアラブストーリー!

ゆりあ先生の赤い糸(1) (BE LOVE KC)
入江 喜和 (著)

かつて姉の影響でバレエをやっていた伊沢ゆりあ50歳。現在は手芸教室の先生として地味ながらも幸せに暮らしている。そんなある日、物書きの旦那が渋谷のホテルで昏倒し、救急車で緊急搬送される。病院に駆けつけるとそこにいたのは旦那と見知らぬ美青年。診断はクモ膜下出血。緊急手術をし一命は取り留めたが、旦那はいっこうに目覚めない。そして後日、病院で再開した美青年の口から語られたのは信じがたい話で・・・・・・。

 
【関連】
第45回「講談社漫画賞」決定のお知らせ〔PDF〕

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です