本のページ

SINCE 1991

【第12回創元SF短編賞】松樹凛さん「夜の果て、凪の世界」が受賞 優秀賞に溝渕久美子さん「神の豚」

創元SF短編賞が決定!

創元SF短編賞が決定!

東京創元社は4月28日、短編SFの新人文学賞「第11回創元SF短編賞」の受賞作を発表しました。

 

第12回創元SF短編賞が決定!

第12回創元SF短編賞の最終選考会が4月27日にオンライン会議システム上で開催され、受賞作が次の通り決定しました。

 
<第12回創元SF短編賞 受賞作品>

■創元SF短編賞
松樹凛(まつき・りん)さん
「夜の果て、凪の世界」(応募時の「夜の先、カムイの果て」を改題)

 
■優秀賞
溝渕久美子(みぞぶち・くみこ)さん
「神の豚」

 
正賞を受賞した松樹凛さんは、1990年生まれ。慶應義塾大学院法学研究科修士課程修了。今年2月、第8回 日経「星新一賞」で優秀賞を受賞

優秀賞を受賞した溝渕久美子さんは、大学非常勤講師。専門は映画学・映画史。共訳書に『影の美学―日本映画と照明』。

選考委員は堀晃さん・酉島伝法さん、小浜徹也さん(東京創元社)。

 
「受賞のことば」など詳細は、http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/ をご覧ください。
選評は、近日中に「Webミステリーズ!」(http://www.webmysteries.jp/)に掲載される予定です。

受賞作品は、2020年6月上旬発売の『ミステリーズ!』vol.101 および、今夏発売予定の『Genesis 創元日本SFアンソロジー』夏季号に掲載されます。

 

創元SF短編賞について

創元SF短編賞は、東京創元社が主催する公募の文学賞です。

対象となるのは、未発表の“広義”のSF短編(40字×40行換算で10枚以上25枚以下)で、受賞作は今夏刊行予定の『Genesis 創元日本SFアンソロジー』に掲載された後、短編単体で電子書籍化され、規定印税をもって賞金となります。

 
【関連】
創元SF短編賞 | 東京創元社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です