本のページ

SINCE 1991

林真理子さん『小説8050』が発売前重版! 「週刊新潮」連載終了時から問い合わせ殺到

林真理子さん著『小説8050』(新潮社)

林真理子さん著『小説8050』(新潮社)

『週刊新潮』連載時から話題となり、発売日の問い合わせが営業部読者係に殺到した、林真理子さんの新作『小説8050』が、4月28日の発売を待たずに事前重版が決定しました。

 

息子が部屋に引きこもって7年、このままでは我が子を手にかけ、自分も死ぬしかない――。

 
<『小説8050』あらすじ>

従順な妻と優秀な長女にめぐまれ、完璧な人生を送っているように見える大澤正樹には、決して家族以外に知られたくない秘密があった。有名中学校に合格し、医師になることを目指していたはずの長男の翔太が、7年間も自宅に引きこもったままなのだ。

「弟のせいで結婚ができない」――相手家族に結婚を反対された長女の悲痛な叫びに、正樹はついに息子と向き合う決意をするが……。

「引きこもり100万人時代」に生きるすべての日本人に捧ぐ、絶望と再生の物語!

 
【連載時からの読者の声】

「はたから見れば恵まれていても、実は問題だらけ――。これぞ、家族の『ニュー・ノーマル』」(40代・女性)

「主人公である父親の悔恨に胸を打たれ、10年ぶりに息子に謝ることが出来ました」(60代・男性)

「わが家も、『まだ間に合う』かもしれない」(50代・男性)

「ラストの息子のセリフに感動。自分の子供と重なって、ぬぐってもぬぐっても涙が止まりませんでした。真理子先生、ありがとう!」(50代女性)

 

著者・林真理子さんのコメント

「発売前からこんなに反響のある作品は、作家生活40年で初めて。真面目に生きてきて積み上げてきたものが、子どものせいで全て失われてしまう「8050問題」の恐怖は、誰にとっても他人事ではありません」

 

著者プロフィール

著者の林真理子(はやし・まりこ)さんは、1954(昭和29)年生まれ。山梨県出身。1982年、エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーになる。

1986年「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、1995年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、1998年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞、2013年『アスクレピオスの愛人』で島清恋愛文学賞、2020年に菊池寛賞を受賞。同年、『週刊文春』での連載エッセイが「同一雑誌におけるエッセイの最多掲載回数」としてギネス世界記録(TM)に公式認定

そのほかの著書に『不機嫌な果実』『アッコちゃんの時代』『我らがパラダイス』『西郷どん!』『愉楽にて』など多数。

 

小説8050
林真理子 (著)

息子が部屋に引きこもって7年、このままでは我が子を手にかけ、自分も死ぬしかない――。
従順な妻と優秀な娘にめぐまれ、完璧な人生を送っているように見える大澤正樹には秘密がある。有名中学に合格し、医師を目指していたはずの長男の翔太が、七年間も部屋に引きこもったままなのだ。夜中に家中を徘徊する黒い影。次は、窓ガラスでなく自分が壊される――。「引きこもり100万人時代」に必読の絶望と再生の物語。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です