本のページ

SINCE 1991

『魔法科高校の劣等生』シリーズが累計100冊&累計発行部数2000万部を突破!

『魔法科高校の劣等生』シリーズが累計100冊&累計発行部数2000万部を突破!

『魔法科高校の劣等生』シリーズが累計100冊&累計発行部数2000万部を突破!

KADOKAWA「電撃文庫」では、小説『魔法科高校の劣等生』シリーズ(著:佐島勤さん/イラスト:石田可奈さん)を2011年7月から刊行していますが、1月9日刊行の『新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち』をもって「魔法科」シリーズ関連書籍(原作小説・コミカライズ含む)が累計100冊を突破しました。また、シリーズ累計発行部数も2000万部(原作小説シリーズ累計1200万部)を突破しました。

 

電撃文庫『魔法科高校の劣等生』シリーズについて

電撃文庫『魔法科高校の劣等生』は、魔法が現実の技術として確立した世界で、ある欠陥を抱えた兄・司波達也と成績優秀な妹・司波深雪を中心に、魔法科高校での波乱の日々を描いた小説シリーズです。

緻密な魔法の設定と、魅力的なキャラクターたちが織りなすストーリーが高い人気を誇り、TVアニメ化、劇場版アニメやゲーム化、コミカライズ、グッズ製作、スピンオフ小説の刊行など、幅広いメディア展開を行っています。

 
現在は、達也と深雪が大学へ進学した後の物語『続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー』や、シリーズ累計100冊の記念作となった『新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち』の新シリーズ2タイトルが始動。

また、深雪を主人公とした、森 夕さんによるスピンオフコミック『魔法科高校の優等生』が2021年にアニメ化されることが決定しています。なお、「魔法科」シリーズは、2021年に10周年を迎え、様々な展開を予定しています。

 
<あらすじ>
西暦2095年――
魔法が現実の技術として確立し、魔法師の育成が国策となった時代。国立魔法大学付属第一高校に対照的な兄妹が入学した。主席入学を果たした司波深雪は成績優秀な一科生(ブルーム)として。ある欠陥を抱えた兄の司波達也は二科生(ウィード)として。入学直後から、才能容姿ともに完璧な深雪には多くの取り巻きができるが、深雪が心から慕うのは達也のみ。そのせいで達也は一科生から敵視されるようになり……。

 

佐島勤さん プロフィール

著者の佐島勤(さとう・つとむ)さんは、和洋のスペースオペラを糧に少年時代を過ごす。青年時代、ファンタジーと伝奇小説に転向。卒業後、企業戦士として現実世界に魂を売り渡すも、2011年ジュブナイル作家として空想世界に帰還を果たし、『魔法科高校の劣等生』にて電撃文庫よりデビュー。

著作に『ドウルマスターズ』『魔人執行官』(いずれも電撃文庫)がある。

 

電撃文庫『魔法科高校の劣等生』新シリーズ始動!

 
◆『新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち』(著:佐島勤さん/イラスト:石田可奈さん)
【発売日】2021年1月9日

【あらすじ】
伝説の魔法師・司波達也とその妹・深雪が卒業して一年。魔法科高校に二人の少女が入学する。
十文字アリサと遠上茉莉花。
幼少から本当の姉妹のように育てられてきたが、「とある」事情で二年前からアリサは魔法師の名家、十文字家に預けられていた。彼女たちは、第一高校に入学したことで久しぶりの再会を果たす。
無邪気で無防備なアリサと茉莉花。
魔法の勉強、部活、友情、青春、そして恋――たくさんのドキドキワクワクに胸踊らせながら、二人の魔法科高校での生活が幕を開ける!

 
◆『続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー』(著:佐島勤さん/イラスト:石田可奈さん)
【発売日】2020年10月10日

【あらすじ】
数多の強敵を打ち破り、波乱の高校生活に幕を下ろした司波達也。彼は新たな野望の実現のため動き始めていた。
一般社団法人「メイジアン・カンパニー」。
達也が専務理事に就任したその組織の目的は、魔法適性はあるものの実用レベルに至らない存在、メイジアンの人権保護の実現。魔法師が兵器ではなく人間として生活できる新時代へ向け、達也は大学生ながら、確実に歩みを進めていた。
戦略級魔法師を凌駕する影響力を持つ達也の動向は、当然ながら世界中から注目を集める。USNAにある魔法師の結社「FEHR」から、達也の動向を探るべく刺客が送り込まれ……。
司波達也の新たな伝説が幕を開ける――。

 

新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち (電撃文庫)
佐島 勤 (著), 石田 可奈 (イラスト)

続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー (電撃文庫)
佐島 勤 (著), 石田 可奈 (イラスト)

■シリーズ第1弾

魔法科高校の劣等生(1) 入学編<上> (電撃文庫)
佐島 勤 (著), 石田 可奈 (イラスト)

魔法。それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ウィード)、『雑草』(ブルーム)と呼ばれていた。そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウイード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ウイード)。どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

 
【関連】
魔法科高校の劣等生 | 電撃文庫・電撃の新文芸公式サイト
魔法科高校の劣等生 – 佐島勤 OFFICIAL WEB SITE

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です