本のページ

SINCE 1991

【2020年度朝日賞】細野晴臣さんら5名が受賞

朝日新聞文化財団と朝日新聞社は、2020年度朝日賞の受賞者を2021年1月1日付で発表しました。

※今回、文学関連での受賞はありませんでした。

 

2020年度朝日賞が決定!

2020年度朝日賞の受賞者と授賞理由は、次の通りです。

 
<「2020年度朝日賞」受賞者>(4件5名)
※順不同、年齢は2021年1月1日現在

■細野晴臣(ほその・はるおみ)さん(73歳/音楽家)
「ポピュラー音楽に大きな革新をもたらした音楽活動」

■森山大道(もりやま・だいどう)さん(82歳/写真家)
「写真の本質を問い続けた60年の実践」

■蔡兆申(ツァイ・ヅァオシェン)さん(68歳/東京理科大学教授・理化学研究所チームリーダー)
■中村泰信(なかむら・やすのぶ)さん(52歳/東京大学教授・理化学研究所グループディレクター)
「量子情報技術の発展に資する超伝導量子ビットの創出」

■望月拓郎(もちづき・たくろう)さん(48歳/京都大学数理解析研究所教授)
「調和バンドルとツイスターD加群の研究」

 
選考委員は、青柳正規さん(多摩美術大学理事長)、伊東豊雄さん(建築家)、上野千鶴子さん(社会学者)、梶田隆章さん(東京大学宇宙線研究所長)、榊裕之さん(前豊田工業大学学長)、田中啓二さん(東京都医学総合研究所理事長)、野田秀樹さん(劇作家)、渡辺雅隆さん(朝日新聞文化財団理事長、朝日新聞社社長)、中村史郎さん(朝日新聞社副社長コンテンツ統括)。

 
受賞者には正賞のブロンズ像と副賞(1件500万円)が贈られます。贈呈式は2021年1月28日(木)に東京都内で、朝日新聞社主催の「大佛次郎賞」「大佛次郎論壇賞」「朝日スポーツ賞」との4賞合同で開催されます。

 

朝日賞について

「朝日賞」は学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、わが国の文化、社会の発展、向上に多大の貢献をされた個人または団体に贈るために、朝日新聞社が1929年に創設。

現在は朝日新聞文化財団が事業を引き継ぎ、各界の推薦をもとに財団と朝日新聞社の選考委員会が審議、決定します。

 
また、本賞以外の分野で、長年にわたり国際的または社会的貢献が著しく、傑出した業績を上げた個人・団体に朝日新聞社より「朝日賞特別賞」が贈られる場合があります。

 
【関連】
2020年度朝日賞、朝日賞特別賞決まる | 朝日新聞社インフォメーション

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です