本のページ

SINCE 1991

矢口高雄さんへの5年にわたるインタビューで振り返る評伝『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』刊行

藤澤志穂子さん著『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』

藤澤志穂子さん著『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』

藤澤志穂子さん著『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』が、世界文化社より12月19日に刊行されました。

本書は、元新聞記者の藤澤志穂子さんが、11月20日に急逝した『釣りキチ三平』の生みの親、矢口高雄さんご本人と関係者への5年にわたる多くのインタビューを通じて見えてきた「マンガ家人生」から、マンガの、そして日本の過去・現在・未来を一冊にまとめたものです。

なお、発売前から予約が殺到したことを受け、発売3日目での重版が決定しました。

 

5年にわたるインタビューで、マンガと故郷を愛し続けた生涯を追う!

矢口高雄さんは筆を折り、病を得ながらも、故郷の「横手市増田まんが美術館」を通じて、81歳で亡くなるまで、マンガと故郷に対して深い愛情を注ぎました。

本書では少年時代の手塚マンガとの出会い、安定した銀行員生活を捨ててのマンガ家転身、そして『釣りキチ三平』の大ヒット、東日本大震災、旧作「マタギ」の約40年ぶりの再評価……など矢口さんの人生を振り返ります。

 
<推薦帯のコメント>

◎「『マタギ』は30年位したら『マンガで学ぶ文化遺産』みたいな感じで読まれる」――里中満智子さん
◎「故郷に帰ると『矢口高雄先生くらいにならないと』とよく言われた」――きくち正太さん
◎「自然の風景を描く際には『釣りキチ三平』を傍らに置いて参考にしてきた」――東村アキコさん

「ガマンだガマン ここ一番が踏ん張りどころ 暗い闇夜も必ず明ける」

(本文より抜粋)
戦後75年、東京五輪が開かれる節目の年だったはずの2020年は、図らずも新型コロナウイルスの感染拡大で様相が一変した。『釣りキチ三平』で知られるマンガ家、矢口高雄は、故郷である秋田県横手市の依頼で、広報誌「市報よこて」の表紙用に、このメッセージを添えたイラストを描いた。5月15日号で掲載され話題を呼ぶ。2020年にプロデビュー50年を迎えた矢口は、ほぼ同じ年月を故郷から離れて久しい。『釣りキチ三平』の連載が「週刊少年マガジン」(講談社)で始まったのは1973年で、すでに45年以上が経過している。それでも「三平くん」は、子供から大人まで、誰もが知っているキャラクターだ。このイラストは矢口のツイッターでも紹介され、約2万7000人ものフォロワーをはじめ、多くの人の心を勇気づけた。

 

貴重な原画も多数収録!

矢口高雄さんは『釣りキチ三平』『マタギ』など、多くの自然や故郷をテーマにした作品を残し、今も読み継がれています。本書では作品の貴重な原画も多数紹介されています。

 

本書の目次

【第1章】80歳のツイッター

【第2章】断捨離と復活

【第3章】「三平」の原風景

【第4章】地方の時代

【第5章】「エッセイ漫画」の境地~秋田の足跡

【第6章】マンガ家たちとの邂逅

【第7章】「名伯楽たち」との縁

【第8章】描きたかった郷愁~作品の魅力

【第9章】横手市増田まんが美術館

 

著者プロフィール

著者の藤澤志穂子(ふじさわ・しほこ)さんは、東京都出身。学習院大学法学部政治学科卒業、早稲田大学大学院文学研究科演劇専攻中退。元全国紙経済記者。

米コロンビア大学ビジネススクール客員研究員、放送大学非常勤講師(メディア論)、秋田テレビ(フジテレビ系)コメンテーターなどを歴任。著書に『出世と肩書』(新潮新書)。

 

釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝
藤澤 志穂子 (著)

2020年11月20日、急逝した『釣りキチ三平』の生みの親、矢口高雄氏は秋田県出身。
新聞記者として東京から秋田に赴任した著者は、街のいたるところで「三平くん」に出会う。
数十年前に流行ったマンガの主人公がなぜ今も……。
筆を折り、病を得ながらも、故郷の「横手市増田まんが美術館」を通じて、81歳で亡くなるまで、マンガと故郷に対して深い愛情を注いだ。
少年時代の手塚マンガとの出会い、安定した銀行員生活を捨ててのマンガ家転身、そして『釣りキチ三平』の大ヒット、東日本大震災、旧作「マタギ」の約40年ぶりの再評価……
著者の足掛け5年にわたるご本人と関係者への多くのインタビュー、取材で見えてきた矢口氏のマンガ家人生から、マンガの、そして日本の過去・現在・未来が見えてくる。
「ガマンだガマン ここ一番が踏ん張りどころ 暗い闇夜も必ず明ける」
コロナ禍のなか、ツイッターでつぶやかれた言葉が心に残る……。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です