本のページ

SINCE 1991

塩野七生さん唯一の”歴史ミステリー”『小説イタリア・ルネサンス』が30年の時を経て宝塚歌劇団で再演!

塩野七生さん著『小説イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』

塩野七生さん著『小説イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』

宝塚歌劇団では、雪組新トップコンビの彩風咲奈さん、朝月希和さんのお披露目公演として、塩野七生さん著『小説イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』(新潮社)を原作とする『ヴェネチアの紋章』を初演から30年の時を経て再演します。

 

初演から30年の時を経て、塩野七生さんの唯一の歴史小説『小説イタリア・ルネサンス』が宝塚歌劇団で上演!

『ヴェネチアの紋章』は1991年、塩野七生さんの”最初にして最後”の「歴史小説」である『小説イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』を原作とし、柴田侑宏さんによる脚本・演出で花組のトップコンビ大浦みずきさん、ひびき美都さんのサヨナラ公演として上演され、絶賛を博した作品です。

 
初演から30年の時を経た2021年、雪組の新トップコンビの彩風咲奈さんと朝月希和さんのお披露目公演として、謝珠栄さんによる新たな演出で復活。ロマンチック・レビュー『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』(作・演出:岡田敬ニさん)とともに上演されます。

彩風咲奈さん((c)宝塚歌劇団)

彩風咲奈さん((c)宝塚歌劇団)

朝月希和さん((c)宝塚歌劇団)

朝月希和さん((c)宝塚歌劇団)

 
<宝塚歌劇雪組公演 ミュージカル・ロマンス『ヴェネチアの紋章』概要> ※敬称略

■原作:塩野七生『小説イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』(新潮文庫)

■脚本:柴田侑宏
■演出:謝珠栄

■主演:彩風咲奈、朝月希和

■公演期間:2021年6 月1 日(火)~15 日(火)

※詳細は、後日発表となります。

 

原作『小説イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』あらすじ

<あらすじ>

時は16世紀――。ヴェネツィア共和国の若き外交官マルコは、欧州制覇を目論むスペインとイスラムの盟主トルコに挟撃される国難打開の密命を託される。

しかし、トルコでマルコを出迎えた旧友で敵国の宮廷深くに通じるアルヴィーゼの瞳にひとたび暗い光が灯ると、世界の命運は激しく変転していくのだった……。

愛と陰謀が渦巻くルネサンス時代を描いた傑作歴史小説(『緋色のヴェネツィア』改題)。

 

塩野七生さん プロフィール

塩野七生さん((c)新潮社)

塩野七生さん((c)新潮社)

著者の塩野七生(しおの・ななみ)さんは、1937年7月7日生まれ。東京都出身。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を『中央公論』誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』で1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。

1982年『海の都の物語』でサントリー学芸賞、1983年に菊池寛賞を受賞。1992年よりローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくむ(2006年に完結)。1993年『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞、1999年に司馬遼太郎賞を受賞。2002年にイタリア政府より国家功労勲章を授与される。2007年、文化功労者に選ばれる。

2008―2009年、『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年「十字軍物語」シリーズ全4冊完結。2013年『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。2017年「ギリシア人の物語」シリーズ全3巻を完結させた。

 

小説 イタリア・ルネサンス1〈ヴェネツィア〉 (新潮文庫)
塩野 七生 (著)

<友よ、きみは祖国に復讐するのか――
若き外交官マルコと元首の庶子アルヴィーゼ 二人の若獅子が地中海世界の命運を決する
塩野七生唯一の「歴史ミステリー小説」 書き下ろし新作を加えて復活 連続刊行全4巻

時は16世紀――。ヴェネツィア共和国の若き外交官マルコ・ダンドロは政務に励みつつ、愛人である高級遊女オリンピアとともに満ち足りた日々を送っていた。しかし、欧州制覇を目論むスペインとイスラムの盟主トルコに挟撃される国難打開の密命を託されると、彼の運命は激しく動き出す。トルコの首都コンスタンティノープルでは、敵国の宮廷深くに通じる元首の庶子アルヴィーゼが出迎えたが、その瞳にひとたび暗い光が灯ると、地中海世界はさらなる激動の時を迎えるのだったーー。愛と陰謀が渦巻くルネサンス時代を描いた傑作歴史ミステリー。『緋色のヴェネツィア 聖マルコ殺人事件』改題。豪華口絵とともにおくる、壮麗な「ルネサンス小説」。

 
【関連】
30年の時を経て復活!  塩野七生さん唯一の「歴史ミステリー」が 完全新作600枚を加えて新潮文庫より刊行開始 | News Headlines | 新潮社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です