本のページ

SINCE 1991

ポストひきこもり小説家・渡辺優さん初エッセイ『並行宇宙(パラレル・ユニバース)でしか生きられないわたしたちのたのしい暮らし』刊行 挿絵は内山ユニコさん

渡辺優さん著『並行宇宙(パラレル・ユニバース)でしか生きられないわたしたちのたのしい暮らし』

渡辺優さん著『並行宇宙(パラレル・ユニバース)でしか生きられないわたしたちのたのしい暮らし』

小説すばる新人賞受賞作家・渡辺優さん著『並行宇宙(パラレル・ユニバース)でしか生きられないわたしたちのたのしい暮らし』が、ホーム社より12月16日に刊行されました。

なお、作家でゲーム実況者の賽助さんとの”ぼっち”対談「並行宇宙を生きるふたりのぼっち」が文芸サイト「HB(エイチ・ビー)」で公開中です。

 

ポストひきこもり小説家の、勇気がわく初エッセイが発売!

『君の膵臓をたべたい』の住野よるさん共感!
「ドヤ感を包み隠さないのって、すごい能力だなって思うんです」

 
著者の渡辺優さんは、青春小説『ラメルノエリキサ』で第28回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、新時代の書き手として注目を集める一人。本書はそのユニークな発想の元がうかがえる、初のエッセイ集です。

 
運転できない、左右がわからない、「普通」がわからない……何かと生きづらい日常を、著者は奇想天外な発想(妄想!?)でひとり飛び越えていきます。自虐とユーモアが炸裂し、冴えない日々がワンダーランドに見えてくる全25篇を収録。

 
【内容紹介】
◎車の運転が驚くほどできない「運転」
◎注射が笑いのツボに入りすぎる「注射」
◎コールセンター勤務では、クレーマーに癒されていた「コルセン」
◎自分はいま全裸なんじゃないか?「不安」
◎素敵なカフェーで、衝撃の裏稼業に手を染めた話「クワガタ」
◎番外編「俳句甲子園観戦記/松山旅行記」
◎特別対談×住野よる「それぞれの不思議な宇宙とやっかいな自意識」ほか

 
気鋭のイラストレーター・内山ユニコさんによるファンタジックなカラー口絵&モノクロ挿絵も多数収録。

 
刊行記念として、ホーム社文芸図書WEBサイト「HB」では、人気ゲーム実況者/作家の賽助さんとの対談を掲載中。また、本書の元になったHB連載「パラレル・ユニバース」が一部試し読みできます。

★刊行記念対談 賽助×渡辺優「並行宇宙を生きるふたりのぼっち」(全5回):https://hb.homesha.co.jp/n/nd4da8afd9547
★HB連載「パラレル・ユニバース」:https://hb.homesha.co.jp/m/me84362c0d310

 

著者プロフィール

撮影:山口真由子

撮影:山口真由子

著者の渡辺優(わたなべ・ゆう)さんは、1987年宮城県生まれ。宮城学院女子大学卒業。2015年『ラメルノエリキサ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。

著書に『自由なサメと人間たちの夢』『アイドル 地下にうごめく星』『悪い姉』などがある。

 

並行宇宙でしか生きられないわたしたちのたのしい暮らし
渡辺 優 (著)

共感かドン引きか――あなたはどっち?
ポストひきこもり作家の勇気がわくエッセイ

「ドヤ感を包み隠さないのって、すごい能力だなって思うんです」
――小説家・住野よる氏

あれもこれもできない日常を、誰も予想できない方向へ飛び越えていく……驚きの発想、自虐とユーモアが炸裂する全25篇。
さらに『君の膵臓をたべたい』『青くて痛くて脆い』などの人気小説家・住野よる氏との特別対談を15ページ収録。
『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』イラストが話題の内山ユニコ氏による、美麗カラー口絵+モノクロ挿絵も多数!

 
【関連】
賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (1)ゲームの話が自己紹介を兼ねる|HB ホーム社文芸図書WEBサイト
連載 渡辺優 パラレル・ユニバース|HB ホーム社文芸図書WEBサイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です