本のページ

SINCE 1991

忍丸さん『わが家は幽世の貸本屋さん―春風の想いと狐面の願い―』刊行 純度120%のあやかし綺譚、第4弾 〔ことのは文庫 11月〕

忍丸さん著『わが家は幽世の貸本屋さん―春風の想いと狐面の願い―』(イラスト:六七質さん)

忍丸さん著『わが家は幽世の貸本屋さん―春風の想いと狐面の願い―』(イラスト:六七質さん)

マイクロマガジン社は、オトナ女子向け文芸レーベル「ことのは文庫」より、忍丸さん著『わが家は幽世の貸本屋さん―春風の想いと狐面の願い―』(イラスト:六七質さん)を11月20日に刊行します。

 

人とあやかし、世界の違う住人たちの心の交流を描くハートフルあやかしファンタジー

 
<『わが家は幽世の貸本屋さん―春風の想いと狐面の願い―』あらすじ>

人でありながら、あやかしに育てられた貸本屋の娘・夏織。祓い屋の一族として育てられた水明。
幽世でそれぞれの居場所を見つけ、お互いを意識し始めた二人の前にある日、狐面の男が現れる。

その男から祓い屋の気配を感じた水明は、用心のために自分と一緒に住むことを夏織に提案するが、突然の告白にも似た申し出に貸本屋の面々は大騒ぎ!?
だがそれは幽世を巻き込む大事件の始まりに過ぎなかった――。

 
◆『わが家は幽世の貸本屋さん』シリーズについて

現世とは別にある、あやかしが跋扈するもう1つの世界〈幽世〉。
そこに幼い頃に迷い込んでしまった夏織は、幽世で貸本屋を営む変わり者のあやかし・東雲に拾われ、人の身でありながらあやかし達と暮らしている。
そんな夏織は、ある日、行き倒れていた少年・水明と出会う。
現世で祓い屋を生業としているという彼の目的は「あやかし捜し」。
あやかしに仇なす存在とはいえ、困っている人を放っておけない夏織は、ある事情で力を失ってしまった彼に手を貸すことにするのだが―

シリーズ既刊に『わが家は幽世の貸本屋さん ―あやかしの娘と祓い屋の少年―』『わが家は幽世の貸本屋さん ―偽りの親子と星空の約束―』『わが家は幽世の貸本屋さん ―黒猫の親友と宝石の涙―』がある。

★『わが家は幽世の貸本屋さん』特設ホームページ:https://micromagazine.net/kotonohabunko/kashihonyasan/

 

著者プロフィール

著者の忍丸(しのぶまる)さんは、神奈川県在住。シナリオライターの仕事の傍ら、WEB小説を執筆。『異世界おもてなしご飯』(カドカワBOOK)で書籍化デビュー。

人情味あふれる人間関係や「食」について書くのを得意とする。『わが家は幽世の貸本屋さん』シリーズなど著作がある。

 

オトナ女子向け文芸レーベル【ことのは文庫】について

「心に響く物語に、きっと出会える」

ことのは文庫は、マイクロマガジン社より発行しているオトナ女子向け文芸レーベルです。
2019年6月に創刊後、重版作品『わが家は幽世の貸本屋さん』や『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』など様々な作品が登場しています。新作は毎月20日に発売。

 
★ことのは文庫公式サイト:https://kotonohabunko.jp/
★Twitter:https://twitter.com/kotonoha_mm
★Facebook:https://www.facebook.com/kotonohaMM2
★Instagram:https://www.instagram.com/kotonohabunko/

 

わが家は幽世の貸本屋さん-春風の想いと狐面の願い- (ことのは文庫)
忍丸 (著), 六七質 (イラスト)

幽世でそれぞれの居場所を見つけ、お互いを意識し始めた夏織と水明。だが、そんな二人の前にある日、狐面の男が現れて……?

人とあやかし、世界の違う住人たちの心と心の交流を描くハートフルあやかしファンタジー、怒涛の第4巻!!

■既刊(シリーズ第1弾)

わが家は幽世の貸本屋さん -あやかしの娘と祓い屋の少年- (ことのは文庫)
忍丸 (著), 六七質 (イラスト)

現世と幽世(かくりよ)の狭間を生きる人間の娘と、幾多の妖怪たちが織りなす『あったかい幻想郷の物語』

現世とは別にある、あやかしが跋扈するもう1つの世界〈幽世〉。

そこに幼い頃に迷い込んでしまった夏織は、幽世で貸本屋を営む変わり者のあやかし・東雲に拾われ、人の身でありながらあやかし達と暮らしている。
そんな夏織は、ある日、行き倒れていた少年・水明と出会う。現世で祓い屋を生業としているという彼の目的は「あやかし捜し」。

あやかしに仇なす存在とはいえ、困っている人を放っておけない夏織は、ある事情で力を失ってしまった彼に手を貸すことにするのだが――。笑いと涙と人情の、どこか優しい幽世の物語。

■コミカライズ第1巻も発売中!

わが家は幽世の貸本屋さん 1 (コミックELMO)
目玉焼き (著), 六七質 (イラスト), 忍丸 (その他)

3歳の頃からずっと、貸本屋を営むあやかしの養父と共に幽世に生きてきた人間の娘・夏織。
ある日、幽世で倒れ伏す祓い屋の青年と出会う。

 
【関連】
わが家は幽世の貸本屋さん―黒猫の親友と宝石の涙― | ことのは文庫
ことのは文庫 | MICRO MAGAZINE

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です