本のページ

SINCE 1991

村田沙耶香さん『地球星人』英語版が刊行&英BBC「2020度ベストブック」に選出!

『地球星人』英語版

『地球星人』英語版

100万部を超えたベストセラー『コンビニ人間』の芥川賞受賞後第一作となった、村田沙耶香さんの長篇小説『地球星人』は、『コンビニ人間』を超える衝撃作として刊行時に大きな話題を呼びました。

2018年の刊行から2年、この秋イギリスGranta BooksとアメリカGrove Atlanticから「Earthlings」のタイトルで英語版が刊行。そしてイギリスの公共放送「BBC」が2020年に英語で出版された作品を特集した「The best books of the year so far 2020(2020年これまでのベストブック)」の一冊に選ばれました。

 
既に、イタリア、フランス、ブラジル、台湾、韓国、デンマーク、スウェーデンと各国からオファーがあり、今年6月に刊行されたドイツ語版も好調な売れ行きです。

BBCの同特集では45冊の本が紹介されていましたが、メインの写真は村田沙耶香さん。英国での村田さんへの関心の高さがうかがわれます。

コロナ禍のため、現地に行ってのプロモーションは叶いませんでしたが、ヨーロッパ各地の文学祭(イギリスCheltenham Literary Festival、オーストリアSPRACH SALZ)にオンラインで参加した他、ドイツのラジオ番組でのインタビューや、イギリスの高級紙「Guardian」にも大型インタビューが掲載され、大きな注目を集めています。

★BCCのサイト:https://www.bbc.com/culture/article/20200327-the-best-books-of-2020-so-far
★ガーディアン紙インタビュー:https://bit.ly/37WHBip
★GrantaBooksのTwitter:https://twitter.com/GrantaBooks

 

『地球星人』について

『地球星人』(新潮社)

『地球星人』(新潮社)

<ストーリー>

小学生の主人公・奈月は家に居場所がなく、自分を地球外からきた魔法少女と信じてぬいぐるみのピュートだけに心を開いている。

少女期のつらい事件を経て、大人になった奈月は、性交して子を産む「工場」の「部品」になることが出来ず、性のない婚姻関係を選び、なんとか地球の「普通」から逃れて暮らしている。

しかし「地球星人」たちがそのことに気づき、奈月たちを追い詰め責める中、奈月たち夫婦は生き延びるためにある行動に出た──。

 
誰もが当たり前と思っている常識や価値観をひっくり返すような、衝撃のラストシーンは賛否両論が出ましたが、社会に押しつけられた価値観に苦しむ日本の女性たちの生きづらさを浮かび上がらせた作品として、多くの女性たちの共感を呼び、話題となりました。

 

著者プロフィール

村田沙耶香さん (c)新潮社

村田沙耶香さん (c)新潮社

著者の村田沙耶香(むらた・さやか)さんは、1979(昭和54)年生まれ。千葉県出身。玉川大学文学部芸術文化学科卒業。

2003(平成15)年「授乳」で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)、2009年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞、2016年「コンビニ人間」で芥川賞を受賞。

著書に『マウス』『星が吸う水』『ハコブネ』『タダイマトビラ』『殺人出産』『消滅世界』『生命式』『丸の内魔法少女ミラクリーナ』などがある。

 

■英語版

Earthlings (英語)
Sayaka Murata (著), Ginny Tapley Takemori (翻訳)

Natsuki isn’t like the other girls. Together with her cousin Yuu, she spends her summers in the wild Nagano mountains, hoping a spaceship will take her home. When a terrible sequence of events threatens to part the cousins for ever, they make a promise: survive, no matter what. Now, Natsuki is grown. She lives quietly in an asexual marriage, pretending to be normal, and hiding the horrors of her childhood from her family and friends. But dark shadows from Natsuki’s past are pursuing her. Fleeing the suburbs for the mountains of Nagano, Natsuki prepares herself for a reunion with Yuu. Will he still remember their promise? And will he help her keep it? A dark and magical reckoning with what it might take to survive a shattered life, Earthlings is an exhilarating cosmic flight that will leave you reeling.

■日本語版

地球星人
村田 沙耶香 (著)

衝撃のラストにあなたの常識が破壊される!?
『コンビニ人間』をはるかに超えた、驚愕の芥川賞受賞第一作
なにがあってもいきのびること。
恋人と誓った魔法少女は、世界 = 人間工場と対峙する。

地球では「恋愛」がどんなに素晴らしいか、若い女はセックスをしてその末に人間を生産することがどんなに素敵なことか、力をこめて宣伝している。地球星人が繁殖するためにこの仕組みを作りあげたのだろう。私はどうやって生き延びればいいのだろう――。

 
【関連】
The best books of the year so far 2020 – BBC Culture

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です