本のページ

SINCE 1991

「第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」入賞作品が決定! 195万句から文部科学大臣賞をはじめ入賞2,000作品が決定!

「第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」入賞作品が決定!

「第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」入賞作品が決定!

株式会社伊藤園は、入賞作品を商品パッケージに掲載して発表する「第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」入賞作品2,000句を決定しました。

 

「第三十回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」史上初のオンライン入賞作品発表会を10月1日に実施

今回の伊藤園お~いお茶新俳句大賞について、応募句数1,954,888句の中から最高位の文部科学大臣賞に選ばれたのは、神奈川県藤沢市の河本朋広さん(49歳) の作品「天花粉いのちひとつをくすぐれり」です。

また前回より開設された金子兜太賞には、千葉県松戸市の小林花菜さん(11歳)の作品「目に象が乗っているのかねむすぎる」が選出さました。

 
そして、今回はコロナ禍の状況により、例年開催されていた表彰式を取りやめ、初の試みとして、Youtube Liveによるオンライン入賞作品発表会を10月1日 12:30~13:30に開催。文部科学大臣賞、金子兜太賞、各部門大賞など上位入賞作品をはじめ、全入賞者2,000名の発表のほか、いとうせいこうさん、夏井いつきさん、宮部みゆきさんが一般の方からの質問に答えるQ&Aコーナーを設け、応募者以外も楽しめるプログラムとしました。また配信内容はアーカイブとしてYouTubeに残し、いつでも視聴が可能となります。

★視聴はこちらから:https://www.itoen-shinhaiku-contest.jp/

 
さらに、今回より新設された新部門「新俳句フォトの部」には、4,677作品の応募があり、大賞には茨城県ひたちなか市の鳴井柚紀さん(25歳)が選ばれました。

Twitter上での俳句と画像の募集という、これまでとは異なる募集内容でしたが、新俳句の主旨でもある「心の風景をかきとめよう」を多面的に表現したユニークな作品が多数寄せられました。

 

「第三十一回 伊藤園お~いお茶新俳句大賞」受賞作品

 
<文部科学大臣賞>
・賞金:50万円
・賞品:賞状、受賞作品掲載「お~いお茶」、受賞作品掲載額、入選作品集[自由語り]

「天花粉いのちひとつをくすぐれり」
河本 朋広(かわもと・ともひろ)さん 49歳 神奈川県藤沢市

(選評)
湯上りの赤ん坊の体を拭き、天花粉をまぶして裸ん坊の体をこすってやると、くすぐったがってキャッキャツと笑います。その柔らかい手ごたえを、いのちひとつをくすぐると捉えたのです。赤ん坊の肌ざわりが、いのちの体感としてこころよく伝わって来ます。「いのちひとつ」に、かけがえのないものの大切さの思いがこめられているようでもありますね。

 
【作者コメント】

河本さんが俳句を初めて作ったのは、出身地である松山市の小学校の時。それ以降創作していなかったが、10年前に初めて新俳句大賞に応募。その時は佳作特別賞を受賞されました。
今回の受賞作品は、現在小学生6年生の息子さんが、低学年の頃、風呂上がりに「天花粉してえ」と寄ってきて、パフをくすぐったがる無邪気な様子を表現しましたが、一方で「この命を守らねば」という親としての使命感を感じた事も「くすぐれり」という言葉で表現されたそうです。

 
<金子兜太賞>
・賞金:20万円
・賞品:賞状、受賞作品掲載「お~いお茶」、受賞作品掲載額、入選作品集[自由語り]

「目に象が乗っているのかねむすぎる」
小林 花菜(こばやし・はな)さん 11歳 千葉県松戸市

(選評)
春の昼下りの教室。お弁当も食べてしまって、先生のお話もだんだん単調に聞こえてくる頃です。ついうとうととまぶたが下がって来る。これではいけないと懸命に目を開けていようとしても、目に象が乗っかっているかのように重くなってきて、ねむくなるばかりです。「目に象が乗っているのか」という喩え方が、どうしようもない眠たさをうまく捉えています。

 
【作者コメント】

HIPHOPダンスに熱中で、ファンタジー系小説を月に2冊ほど読んでいるという小林さん。投句は、授業で俳句を作ったのがきっかけですが、もともと短歌も好きで作っていたことがベースにあるようです。
5時間目の授業で俳句をつくることになり、昼食後という事もあり、とても眠くて、まるでまぶたに象が乗っているかのように重く、勝手に目を閉じてしまう状況を俳句にしたそうです。

 
<大賞>
・賞金:20万円
・賞品:賞状、受賞作品掲載「お~いお茶」、受賞作品掲載額、入選作品集「自由語り」

【小学生の部(幼児含む)】 応募総数536,744句
「寒い夜コペルニクスをつかみとる」

永井 稜大(ながい・りょうた)さん 12歳 大阪府八尾市

(選評)
寒い冬の夜です。コペルニクスは星座の発見者の名前で、蟹座ともいわれる星座の別名です。寒いと空気が澄んで星座がよく見えて来ますね。コペルニクス星座が、もうつかみとれんばかりの位置に鮮やかに輝いています。思わず手を伸ばしてつかみとってしまおうとしたのでしょう。でもその手は空をつかむばかりなのですが、そんな気分にさせられるほど素晴らしい冬の夜空です。

 
【中学生の部】 応募総数460,049句
「鳳仙花誰も私を見ていない」

河野 由奈(かわの・ゆな)さん 13歳 兵庫県加古川市

(選評)
鳳仙花は、「つまべに」「つまくれない」の名もある赤い秋の草花です。その別名の通り、どこかあでやかな感じもするほどの美しさなのですが、小ぶりの花のせいか、道の辺に咲いているとつい見過ごしてしまい勝ちです。「誰も私を見ていない」とは、ちょっとすねた感じでしょうか。そこがまたこの花の愛らしさともいえます。

 
【高校生の部】 応募総数794,242句
「冬の空誰もいないけど誰かいる」

森 ばお(もり・ばお)さん 15歳 愛知県安城市

(選評)
冬の空は、青く冷たそうでかぎりなく美しい。晴れた日はことにがらんとしていて、誰もいないはずなのに、たしかに誰かいるような気配がして来ます。おそらく作者は、そこに詩につながるような、緊張感のある感動を覚えたのではないでしょうか。「誰もいないけど誰かいる」とは、詩のことばが、間近に聞こえて来ている感じですね。

 
【一般の部A(40歳未満)】 応募総数47,699句
「真っ白な自由があって入道雲」

永田 真里奈(ながた・まりな)さん 28歳 岐阜県岐阜市

(選評)
入道雲は夏空の雲。夏空はおおらかで躍動的な活気があります。どこまでも青く広がる空に、入道雲がもくもくと湧いてきました。空はなにひとつさえぎるもののない青空、それを「真っ白な自由」と喩えたのです。そうなると入道雲まで、腕をまくり力瘤をあらわに見せて登場してくるような気さえしてきますね。どうぞ存分にと言いたいほど、「真っ白な自由」が効いています。

 
【一般の部B(40歳以上)】 応募総数77,537句
「夕立や象を洗いてまたたく間」

池田 志保子(いけだ・しほこ)さん 58歳 神奈川県横浜市

(選評)
夕立は、夏の強い日差しで発生する入道雲などから、にわかに降ってくる局地的な大雨です。象は大きな図体ながらいつもほこりっぽい感じなので、激しい夕立は背や体をまたたく間に洗い流してくれます。象にしてみればシャワーを浴びたような爽快感でしょう。巨大な象の体があっと言う間に洗い流されるのは、見ていても気持ちがいい。下五の「またたく間」が、スピード感もあって見事ですね。

 
【英語俳句の部】 応募総数33,940句
「a jellyfish plays jazz
piano trumpet contrabass and vocal
all alone」

木村 優那(きむら・ゆうな)さん 14歳 北海道北広島市

(訳)
クラゲがやるのはジャズ
ピアノ、トランペット、ベースにボーカル
すべて独りで

(選評)
クラゲの鳴き声を一度も耳にしたことがない。けれど「クラゲが演奏する」と言われてみれば、深くうなずく。常に波といっしょに動き、身体の隅々までが音波を具現しているようだ。もし、たとえるなら、どんなジャンルの音楽か? 作者は観察してジャズだろうと閃き、実感をつかんだ。しかもクラゲジャズは、全部のパートを一匹だけのワンマンバンドが奏でる。そんなクラゲの離れわざを、英語の一句に表わしたのも、また離れわざと言える。

 
【新俳句フォトの部】 応募総数4,677句

「レモンかむ母の助言を裏切って」
鳴井 柚紀(なるい・ゆうき)さん 25歳 茨城県ひたちなか市

(選評)
俳句も写真も素直で爽やかだった。それぞれにレモンがあるが、この場合、まったく無理なく自然で美しかった。のびのびとした表現が生れて「新俳句フォト」の出発にふさわしい。

※ 各受賞者の年齢はすべて応募時のものです

 

第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞 募集要項

■応募部門(7部門)
「小学生の部(幼児含む)」「中学生の部」「高校生の部」「一般の部A(40歳未満)」「一般の部B(40歳以上)」「英語俳句の部」
「新俳句フォトの部」 ※以下の要項については他部門と一部異なるため、別途表記

■募集要項(新俳句フォトの部以外)
◎主催:伊藤園新俳句大賞実行委員会
◎応募締切:2020 年2月29日(土) 当日消印/送信有効
◎賞(入賞2,000名、入選5,000名 合計7,000名)
入賞:日本語俳句より文部科学大臣賞1名(賞金50万円と副賞)、金子兜太賞1名(賞金20万円と副賞)、各部門より大賞1名・計7名(賞金20万円と副賞)、優秀賞47名、審査員賞11名、後援団体賞10名、都道府県賞240名、佳作特別賞1,687名の合計2,004名の作品を「お~いお茶」のパッケージに掲載します。
入選(佳作):部門問わず5,000名に、入賞入選者7,000名の作品が掲載された作品集『自由語り』を進呈します。
◎審査員(50音順、敬称略)
日本語俳句:浅井愼平(写真家)、安西篤(俳人)、いとうせいこう(作家・クリエイター)、金田一秀穂(日本語学者)、黒田杏子(俳人)、宮部みゆき(作家)、村治佳織(ギタリスト)、吉行和子(女優)
英語俳句:アーサー・ビナード(詩人)、星野恒彦(俳人)
◎発表:伊藤園ホームページなどにて上位入賞作品2,000句を2020年10月1日に発表。また、応募者には審査結果を10月上旬頃に郵送またはメールにて通知。なお、入賞作品2,000句を2020年秋より「お~いお茶」シリーズのパッケージに順次掲載します。

■募集要項(新俳句フォトの部)
◎応募期間
第1回:2019年11月3日(日)~2019年12月8日(日)
第2回:2019年12月9日(月)~2020年1月19日(日)
第3回:2020年1月20日(月)~2020年2月29日(土)
※各回、締切後に月間賞5作品を決定し、発表 ※受賞者には入賞通知がダイレクトメッセージで届きます。
◎応募資格
・本キャンペーンの実施要項全てに同意された個人の方
・Twitterのアカウントをお持ちの方 ※18歳未満の場合は保護者の同意を得た上でご応募
◎賞
新俳句フォト賞:各回5名 計15名 「お~いお茶」1ケース
<新俳句フォト賞に選ばれた15作品の中から以下の賞を選出>
大賞:1名 賞金20万円と副賞
優秀賞:3名 賞金5万円と副賞
◎審査員(敬称略):浅井愼平(写真家)

※詳細は伊藤園新俳句大賞ホームページ(https://itoen-shinhaiku.jp)をご参照ください。

 
【関連】
結果発表 | 伊藤園 お~いお茶新俳句大賞
伊藤園お~いお茶 新俳句大賞 オンライン入賞作品発表会

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です