本のページ

SINCE 1991

「第三十二回 伊藤園お~いお茶新俳句大賞」新俳句フォトの部は1回目の受賞5作品が決定 2回目および一般作品は募集中

応募締め切り迫る!第三十二回 伊藤園お~いお茶新俳句大賞

応募締め切り迫る!第三十二回 伊藤園お~いお茶新俳句大賞

伊藤園は2月28日(日)まで、第三十二回「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の作品を募集しています。

 

応募締め切り迫る!第三十二回 伊藤園お~いお茶新俳句大賞<2月28日(日)まで>

「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」は、日常の暮らしの中で感じたことや思ったことを、季語や定型にこだわることなく、五・七・五のリズムにのせてのびのびと自由に表現でき、優秀作品が緑茶飲料「お~いお茶」のパッケージで発表されるコンテストとして1989年(平成元年)からスタート。前回は50万人を超える方々から200万句近い作品が寄せられ、累計応募句数が3,765万句を突破した日本一(月刊公募ガイド調べ(2020年10月1日))の俳句コンテストです。

 
新俳句大賞の特徴は、俳句独自のルールにこだわらないため、初応募の方の入賞が多いこと。また新俳句フォトの部は、日ごろ撮りためた画像とともに17文字で表現できますので、「俳句創作は苦手」という方にも気軽に参加できます。

また選考は、一流の俳人に加え、浅井愼平さん、いとうせいこうさん、金田一秀穂さん、宮部みゆきさん、村治佳織さん、吉行和子さんといった、様々の分野の表現者が参加しており、俳句以外の視点からも審査します。

 

「新俳句フォトの部」第1回目の受賞作品が決定!

「新俳句フォトの部」の第1回目の受賞作品が決定しました。

「新俳句フォトの部」はご自身で撮影された写真と、それに合わせた俳句をTwitterの投稿で応募する部門です。新俳句大賞では応募句数が一人6句までと制限がありますが、新俳句フォトの部については応募制限がありません。

 
第1回に応募された作品の中から、写真家の浅井愼平さんによる審査を経て、「新俳句フォト賞」に選ばれた「新俳句フォト賞」5作品は次の通りです。

なお、引き続き、第2回(~1月17日締切)と第3回(1月18日~2月28日)が募集中です。

 
<「新俳句フォト賞」受賞5作品 (第1回分)>

歳時記を置き去りにする自転かな <福寿草さん>

歳時記を置き去りにする自転かな <福寿草さん>

ジャケットの経年劣化年暮るる <富永顕二さん>

ジャケットの経年劣化年暮るる <富永顕二さん>

見てるのか見られてるのか鏡花の忌 <三郎さん>

見てるのか見られてるのか鏡花の忌 <三郎さん>

冬晴れやたまに隅々掃除する <ニコバーさん>

冬晴れやたまに隅々掃除する <ニコバーさん>

くれよんのいづれ愛しき夏の果て <nenさん>

くれよんのいづれ愛しき夏の果て <nenさん>

 

「第三十二回 伊藤園お~いお茶新俳句大賞」募集概要

※詳細は伊藤園新俳句大賞ホームページ(https://itoen-shinhaiku.jp)をご参照下さい。

 
■応募部門(7部門)
「小学生の部(幼児含む)」「中学生の部」「高校生の部」「一般の部A(40歳未満)」「一般の部B(40歳以上)」「英語俳句の部」「新俳句フォトの部」

 
<新俳句フォトの部以外>

■応募期間:2020年11月3日(火)~2021年2月28日(日) 当日消印/送信有効

■応募方法
ハガキ、FAX(A4サイズ)、インターネットのいずれかの方法で、日本語、英語を合わせて一人6句まで応募できます。
「応募部門と作品」「郵便番号」「住所」「氏名」「年齢」「電話番号」「Eメールアドレス」「句会・学校名・サークル名(所属している場合のみ)」を明記してご応募ください。
※ハガキの場合は「応募部門と作品」のみを裏面に、その他を表面にご記入ください。

■応募宛先
◎ハガキ:〒102‐8553 東京都千代田区紀尾井町3‐23 「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」係
◎ホームページ:https://itoen-shinhaiku.jp

■賞
<入賞>
◎文部科学大臣賞(日本語俳句より1名):賞金50万円と副賞
◎金子兜太賞(日本語俳句より1名):賞金20万円と副賞
◎大賞(各部門より1名):賞金20万円と副賞
◎その他、佳作特別賞までの合計2,000名の作品を「お~いお茶」シリーズパッケージに掲載
<入選>
部門問わず佳作の5,000名に、入賞入選者7,000名の作品が掲載された作品集『自由語り』を進呈

■発表
◎伊藤園ホームページなどにて上位入賞作品2,000句を2021年7月7日に発表(予定)。
◎また、応募者には審査結果を7月頃に郵送またはメールにて通知します。
◎なお、入賞作品2,000句を2021年秋より「お~いお茶」シリーズパッケージに順次掲載します。

■審査員(50音順、敬称略)
◎日本語俳句:浅井愼平(写真家)、安西篤(俳人)、いとうせいこう(作家・クリエイター)、金田一秀穂(日本語学者)、黒田杏子(俳人)、夏井いつき(俳人)、宮部みゆき(作家)、村治佳織(ギタリスト)、吉行和子(女優)
◎英語俳句:アーサー・ビナード(詩人)、星野恒彦(俳人)

 
<新俳句フォトの部>

■応募期間
◎第1回:2020年11月3日(火)~2020年12月6日(日) ※終了
◎第2回:2020年12月7日(月)~2021年1月17日(日)
◎第3回:2021年1月18日(月)~2021年2月28日(日)
※各回、締切後「新俳句フォト賞」5作品を決定し発表
※受賞者には入賞通知がダイレクトメッセージで届きます。

■応募方法
◎Twitterで伊藤園新俳句大賞公式アカウント(https://twitter.com/itoen_newhaiku)をフォロー
◎ご自身の写真と俳句(すべて未発表に限る)を「#新俳句フォト #おーいお茶」の ハッシュタグをつけて投稿する

■応募資格
◎本キャンペーンの実施要項全てに同意された個人の方
◎Twitterのアカウントをお持ちの方 ※18歳未満の場合は保護者の同意を得た上でご応募

■賞
◎新俳句フォト賞(各回5名 計15名):市販品「お~いお茶 緑茶 525mlペットボトル」 1ケース(24本入り)
<新俳句フォト賞に選ばれた15作品の中から以下の賞を選出>
◎大賞(1名): 賞金20万円と入賞作品が掲載された「お~いお茶 緑茶 525mlペットボトル」(専用品)1ケース(24本入り)
◎優秀賞(3名):賞金5万円と入賞作品が掲載された「お~いお茶 緑茶 525mlペットボトル」(専用品)1ケース(24本入り)

■審査員(敬称略)
浅井愼平(写真家)

 
【関連】
伊藤園 お~いお茶新俳句大賞

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です