本のページ

SINCE 1991

「おいしい小説文庫」第2弾刊行記念!のんさん直筆サイン本(ご希望の名前記入)をプレゼント!

「おいしい小説文庫」第2弾刊行記念!のんさん直筆サイン本をプレゼント!

「おいしい小説文庫」第2弾刊行記念!のんさん直筆サイン本をプレゼント!

食小説をとおして読者の心と生活に彩りを添えられたら――そんな思いのもと、立ち上げられた”食”に関する新レーベル「おいしい小説文庫」では、現在3か月ごとに、レシピ、グルメ、レストランなど食に特化した小説を刊行中です。

そして「おいしい小説文庫」第2弾が9月8日に刊行され、これを記念して、アンバサダーを務める女優/創作あーちすと・のんさんの直筆サイン本を4名にプレゼントするキャンペーンが開催されます。ご希望の名前をのんさんが記入します。

 

「おいしい小説文庫」を読んで応募しよう! アンバサダー・のんさんの直筆サイン本プレゼントキャンペーン開催

 
<第2弾(9月分)刊行にあたって、のんさんからのメッセージ>

「すずさん役を演じた映画『この世界の片隅に』では、食事シーンがたくさんありました。そのときに、”食べること”は一番ストレートな幸せなんだ、と思いました。毎日食べること、”ああもうすぐ夕飯だ”と考えること、”明日なにを食べようかな”と楽しみにすること・・・・・・。どれも日常の小さな幸せで、生活を満たすものだと思います。コロナ禍で大変なことがたくさんあるけれど、小説を読んで幸せな気持ちになれたら、その時間が支えになるのではないかと思います」

 
ちなみにのんさんは、コロナ禍で在宅生活を余儀なくされるなか、自炊を続けているとのこと。その間、作った料理について――

「竜田揚げを何度も作りました。そして、ことごとくうまくいかない(笑)。最初は生焼けで火が通っていなかった。2回目は半分にして小さくして揚げたら火は通ったけど、サイズ感に納得いかず。3回目は大きさを元に戻したけど黒こげになって、4回目も同じ結果。5回目は期間が少し空いたから勘がもどってなくて、これも失敗。誰か作り方教えてください・・・・・・」

とのこと。6回目の成功を願っています!

 
そして、「おいしい小説文庫」第2弾(9月分)刊行を記念して、アンバサダー・のんさんの直筆サイン本を4名にプレゼント!ご希望の名前をのんさんが記入します。

【応募方法】
「おいしい小説文庫」9月刊の4冊(『月のスープのつくりかた』『海近旅館』『ラーメン らーめん ラーメンだあ!』『雨のち、シュークリーム』)の帯にあるQRコードよりアクセスして、応募フォームにご記入ください。

【締め切り】
2020年11月30日(当日24時まで)

※当選者の発表は、商品の発送をもって替えるものとします。

 

9月刊行の絶品シリーズはこちら!

 
◆麻宮好さん著『月のスープのつくりかた

幸せって、案外簡単だよ。温かな涙、約束します。

包丁が、料理が恐い・・・。姑との軋轢から婚家を飛び出した高坂美月。新しい職場での思いがけない出会いが彼女の心を溶かしていく。「第1回日本おいしい小説大賞」隠し玉。良い嫁、良い妻、良い母とは――。号泣必至、悩み多き女性たちに贈る、救済の物語。

 
◆柏井壽さん著『海近旅館

ワケあって若女将はじめました。著者厳選全国の名宿も紹介!

母の跡を継ぎ、旅館の女将となった海野美咲。名女将だった母を失った影響は大きく、ひよっこ若女将に世間の風は冷たい。必死で切り盛りする美咲は旅館を立て直すことができるのか?「日本百名宿」「鴨川食堂」の著者が、「日本八名宿」を紹介するエッセイも収録。

 
◆一柳雅彦さん著『ラーメン らーめん ラーメンだあ!

9800杯以上のラーメンを食した著者が描く、極上の逸品とは?

うだつが上がらない独身男、青木義昭の生き甲斐はラーメンの食べ歩きだけだった。ひょんなことから、青木はその舌を見込まれて居酒屋チェーンの新ラーメン開発に携わることに――。これまで9800杯以上のラーメンを食した著者が、その経験をいかし小説家デビュー!

 
◆天音美里さん著『雨のち、シュークリーム

料理×青春 高校生カップルが作る世界一愛しい食卓。

亡き母に代わり家族のごはんを作る洋平と、心を病んだ母をもつ希歩は、高校の調理部で出会った仲良しカップル。ところが、そこに洋平の弟が割って入り恋のライバル宣言をしてきた!? 温かいごはんと甘いおやつが家族と恋人たちをやさしく包む、世界一愛しい料理×青春小説。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です