本のページ

SINCE 1991

NHKテキスト『100分de名著』100作目はミヒャエル・エンデ『モモ』 番組では「のん」さんが朗読を披露

番組の朗読は俳優ののんさんが担当

番組の朗読は俳優ののんさんが担当

古今東西の名著をやさしく解説する『100分de名著』(NHK Eテレ)が8月に取り上げるのは、ミヒャエル・エンデの『モモ』。日本でも累計341万部を記録した大ベストセラーは、私たちに「本当に豊かな生とは何か?」という疑問を投げかけます。俳優のんさんが朗読。

 

NHKテキスト『100分de名著』、記念すべき100作目に読み解くのは児童文学の金字塔『モモ』!

記念すべき解説100作品目は、児童文学の金字塔『モモ』

記念すべき解説100作品目は、児童文学の金字塔『モモ』

<『モモ』あらすじ>

ある日、街はずれの円形劇場跡に現れた少女モモには、不思議な力が備わっていました。街の人びとは、モモに話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になり、失った自信をとりもどすのです。

しかし、そこにやってきたのが「灰色の男たち」。彼らは人びとに時間の節約を説いてまわり、浮いた時間を盗んでいく時間どろぼうでした。みなが心の余裕を失うなか、ついにモモが立ち上がる――。

 

現代社会にも存在する「灰色の男たち」

『モモ』には現代社会への強烈な批判も含まれており、単なる児童文学の枠に収まらない作品です。

現在、新幹線や飛行機などの移動交通手段が発展し、インターネットが社会の隅々にまで行き渡りました。しかし、私たちは時間を節約するどころか、ますます忙しくなっていないでしょうか。

 
豊かさを手に入れたつもりで、張り合いのない日々を繰り返していないでしょうか。『モモ』という作品は、「灰色の男たち」が私たちの背後にいることも告発するのです。

 

俳優のんさんによる朗読にも注目!

本シリーズの朗読を務めるのは、劇場アニメ『この世界の片隅に』(監督:片渕須直さん)で声優を務め、大好評を博した俳優のんさん。

『私をくいとめて』(監督:大九明子さん/2020年冬公開予定)で主演を務めることも発表され、ますますの輝きを放つ若き才能がどんな朗読を聞かせてくれるのか。独特の世界観をもつ『モモ』だけに期待が高まります。

 

時間の価値を根源から問いなおす傑作を、京都大学の河合俊雄教授がやさしく解説

講師の河合俊雄さん(京都大学教授)

講師の河合俊雄さん(京都大学教授)

今回『モモ』を読み解くのは、京都大学教授の河合俊雄さん。ユング心理学の巨星・河合隼雄さんを父にもつ、臨床心理学の専門家です。

 
河合さんは、私たちが意識することのない心の深層に迫るためには、『モモ』のようなフィクションを読むことが大事と解説。『モモ』なら何度も読んだという方にも、驚きの読解を披露してくれます。番組では伊集院光さんとの掛け合いにも注目です。

 
<NHK 100分de名著『モモ』(全4回)放送情報>

■放送日時:2020年8月3日(月)、10日(月)、17日(月)、24日(月)午後10時25分~10時50分 ほか放送予定

★公式サイト:https://www.nhk.or.jp/meicho/

 

歴代名著100作の読みどころを紹介する企画もスタート!

100作品突破を記念して、歴代講師が名著の読みどころを紹介する企画「#たちよみ100分de名著」もスタート。お気に入りの一冊を見つけましょう。

★テキスト編集部ツイッター(@100min_meicho):https://twitter.com/100min_Meicho

 

ミヒャエル・エンデ『モモ』 2020年8月 (NHK100分de名著)
河合 俊雄 (著)

ひとりの少女があなたに教えてくれること

ある日、街はずれの円形劇場跡に住み着いた少女モモ。彼女には、人びとの話に耳を傾けるだけで、彼らに自信を取り戻させる不思議な力があった。そこに現れたのが「灰色の男たち」。彼らは街のみなに時間の節約をもちかけ、浮いた時間を奪いとる「時間どろぼう」だった!
1973年の出版以来、世界中で翻訳された『モモ』は児童文学の傑作と名高い。しかしこの作品がもつ真価は、せわしない日常を生きる大人にこそ向けられている。時間の価値とは? 豊かな生とは? そして死とは? さまざまなメッセージに満ちた物語の神髄を、臨床心理学の立場から鮮やかに読みとく。

 
【関連】
100min_meicho (@100min_Meicho) / Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です