本のページ

SINCE 1991

人気漫画家8名が児童向け名作文庫の限定カバーイラストを描き下ろす「キミはまだ、名作の面白さを知らない」フェア開催! 事前予想キャンペーンも

「キミはまだ、名作の面白さを知らない」フェア

「キミはまだ、名作の面白さを知らない」フェア

ポプラ社は、人気漫画家8名と名作8点がコラボする「キミはまだ、名作の面白さを知らない」夏の児童文庫フェアを6月中旬より全国書店にて開催します。

なお、参加する漫画家と作品のラインナップが事前公開され、あわせて、Twitterでの事前予想キャンペーンもスタートしました。

 

「キミはまだ、名作の面白さを知らない」フェアとは

児童向け文庫レーベル「ポプラポケット文庫」より刊行されている日本の名作文学・世界の名作文学8作品が、この夏、大人気漫画家の手によって期間限定で装いを新たにします。

 
敷居が高いと思われがちな名作ですが、実際に読んでみてはじめてその面白さに気がつくこともあると思います。ジャンルを問わず、現代の作家たちが影響を受けている点も多いはずです。

そんな思いから企画が立ち上がり、人気漫画家総勢8名と “この夏、読めばきっと本が好きになる” 名作8点の豪華コラボ「キミはまだ、名作の面白さを知らない」フェアの開催が決定しました。

今回その熱意に賛同、協力することになったのはこの8名の方たちです。

 
<漫画家一覧> ※五十音順、敬称略
浅野いにお
板垣巴留
市川春子
衛藤ヒロユキ
大童澄瞳
スケラッコ
種村有菜
星野リリィ

 
また、コラボする作品一覧は次のとおりです

<作品ラインナップ> ※順不同
『坊っちゃん』(夏目漱石)
『銀河鉄道の夜』(宮沢賢治)
『注文の多い料理店』(宮沢賢治)
『ドリトル先生』(ロフティング)
『オズの魔法使い』(バウム)
『十五少年漂流記』(ベルヌ)
『ジキル博士とハイド氏』(スティーブンソン)
『おちゃめなふたご』(ブライトン)

 
中身の面白さはそのままに、各漫画家の方たちが描き下ろした1コマ漫画をあしらった限定カバーがこのフェア限定で書店店頭に並びます。

それぞれ漫画家さんご自身が「この作品の魅力を伝えたい!」と作品の中からお気に入りの一場面をピックアップし、イラスト化しています。どんな場面が選ばれているのかも要注目です!

 

『坊っちゃん』(夏目漱石)

『坊っちゃん』(夏目漱石)

正義感が強く、曲がったことが許せない“坊っちゃん”
やがて故郷の東京を離れて、愛媛の松山で教師になります。ところが、そこにはいたずら好きな生徒たちや、一癖も二癖もある先生たちが立ちはだかって……

『銀河鉄道の夜』(宮沢賢治)

『銀河鉄道の夜』(宮沢賢治)

お祭りの夜、ジョバンニ少年は親友のカムパネルラとともに、星空を駆ける美しい銀河鉄道に乗りました。
きらびやかな景色、不思議な人々――様々な出会いを通して、彼らは何を想うのでしょうか。

『注文の多い料理店』(宮沢賢治)

『注文の多い料理店』(宮沢賢治)

お腹をすかせた二人の紳士は、山奥でレストランを見つけます。ところが、お店の中に入ると、指示の書かれたメモと扉が続き、なかなか料理にありつけません。あれ? なんだかヘンだぞ……?

『ドリトル先生』(ロフティング)

『ドリトル先生』(ロフティング)

世界中の動物が知っている、名医のドリトル先生。先生は動物の言葉が話せて、どんな病気でも治せるんです。
ある日、サルからアフリカで伝染病が流行っていると聞き、オウム、犬、アヒル、ブタ、フクロウ、ワニたちと旅に出ますが……

『オズの魔法使い』(バウム)

『オズの魔法使い』(バウム)

竜巻で家ごと不思議な世界に飛ばされたドロシーは、悪い魔女を倒すため旅に出ることになりました。
脳みそがほしいかかし、心がほしいブリキの木こり、勇気がほしいライオン……個性的な仲間たちとの旅は、思いもよらないことばかり!?

『十五少年漂流記』(ベルヌ)

『十五少年漂流記』(ベルヌ)

夏休みの2週間、船旅に出た少年たちは嵐に巻き込まれ、漂着したのは無人島!みんなで協力して住む場所を作ったり狩りをしたり、毎日がサバイバル!
はたして少年たちは、無事に島を脱出できるのか!?

『ジキル博士とハイド氏』(スティーブンソン)

『ジキル博士とハイド氏』(スティーブンソン)

高名な紳士のジキル博士が世話を焼く若い男・ハイド。見る者を震わせる見た目と残忍な性格をもつハイドを、なぜジキルはかばうのか?ジキルの友人・アタスンが調べるうち、街では殺人事件が発生!やがて恐ろしい真実が明らかになり……。

『おちゃめなふたご』(ブライトン)

『おちゃめなふたご』(ブライトン)

わがままいっぱいに育った十四歳のふたご・パットとイザベルは、地味できびしい校風の寄宿学校クレア学院に入学させられることに!いたずらと失敗をくりかえしながら、いつしかふたりは、勇気と思いやりに満ちたレディへと成長していくのです。

 
※カバー、イラストの全貌は近日公開予定です。
※「キミはまだ、名作の面白さを知らない」フェアは6月中旬~全国書店にて順次展開開始を予定しています。フェアの展開状況についてはお近くの書店様に直接お問合せください。
※書店店頭限定のフェアになります。ネット書店での注文に限定カバーはつきませんのでご注意ください。

フェアについての情報は、Twitterアカウントでも順次発信される予定です。
★「ポプラ社ポケット文庫+」Twittetアカウント(@poplar_pocket):https://twitter.com/poplar_pocket

 

誰がどれを描いたのか? 事前予想キャンペーンがスタート!

事前予想キャンペーン概要

事前予想キャンペーン概要

6月中旬のフェア展開開始に先駆け、「全8名の漫画家と8作品の組み合わせ」を予想するクイズ形式のキャンペーンが行われます。

見事全タイトル正解された方の中から抽選で「8作品全巻セット」が計20名にプレゼントされます!
この夏にしか手に入れられない限定カバーが一気にゲットできる貴重なチャンスです。

 
■応募方法
(1) ポプラ社ポケット文庫公式アカウント(@poplar_pocket)をフォロー(https://twitter.com/poplar_pocket
(2) ハッシュタグ「#キミはまだ名作の面白さを知らない」をつけ「どの漫画家がどの作品を描いたと予想するか」がわかるように投稿
※投稿文面に指定はありません。8作品すべての予想が揃っていれば応募完了とします。
(3) 5/22(金)の〆切以降、厳正なる抽選の上、当選者の方には順次ダイレクトメッセージにて連絡があります。

※投稿例

投稿例1(※画像はイメージです)

投稿例1(※画像はイメージです)

投稿例2(※画像はイメージです)

投稿例2(※画像はイメージです)

■募集期間:2020年5月15日(金)~2020年5月22日(金)23:59まで
※応募〆切後、順次正解を発表していきます。
※ポケット文庫Twitterアカウント(@poplar_pocket)では、期間中毎日ひとつずつヒントとなる「証言」も投稿していきます。あわせてご確認ください!

■注意事項:以下の条件をよく読んでご応募ください。応募された場合は、以下のすべての条件に同意したものとみなします。
◎応募にあたっては、公開されたTwitterアカウントおよび、ポプラ社ポケット文庫公式アカウント(@poplar_pocket)のフォローが必要となります。
◎本キャンペーンへの応募は、日本国内の居住者(生活の本拠が日本国内)の方のみを対象とします。
◎同じ内容を複数投稿された場合は、2回目以降の応募は無効とします。
◎別の内容で複数投稿された場合は、2回目以降最新の応募のみ有効とします。
◎ご本人が作成した投稿のみが対象です。
◎他人が投稿した内容を自己の投稿として応募したことによって生じる一切の責任は応募者が負うものとします。
◎著作権に違反する内容、公序良俗に反する内容、他人の肖像権・パブリシティ権・プライバシーを侵害する内容での応募は禁止します。このような応募はすべて無効とします。
◎応募の際のインターネット接続料および通信費は応募者の負担となります。
◎本キャンペーンへの参加は、応募者自らの判断と責任において行うものとし、応募に際して応募者に何らかの損害が生じた場合、ポプラ社の故意または重過失に起因するものを除き、ポプラ社はその責任を一切負いません。
◎やむを得ない事情により、商品の内容、デザイン等が変更になる場合があります。
◎商品の換金および権利の譲渡には応じられません。
◎商品郵送中の紛失等の事故についてはポプラ社は責任を負いません。
◎ポプラ社の個人情報の取り扱いについては、https://www.poplar.co.jp/privacyPolicy/index.html をご覧ください。
◎ダイレクトメッセージ配信日から7日以内に返信がない場合は当選が無効となりますのでご注意ください。
◎ツイートの際、指定ハッシュタグを入れていない場合や、キャンペーン終了までに削除した場合またはフォローを解除した場合は抽選対象外となります。

 

今回参加された漫画家8名のプロフィール

■浅野いにお(あさの・いにお)さん
現代を生きる若者の姿を緻密に描き、読む人々の心を抉る作品を描き続ける。実写映画化された『ソラニン』や、『おやすみプンプン』など話題作多数。

■板垣巴留(いたがき・ぱる)さん
2016年『BEAST COMPLEX』にてデビュー。その読み切りが好評を博し、同年、週刊少年チャンピオンにて『BEASTARS』連載開始。連載デビュー作の『BEASTARS』は、「マンガ大賞2018」第1位にはじまり、主要マンガ賞4冠。19年にTVアニメ化。21年に第2期も放送予定。舞台化も決定。

■市川春子(いちかわ・はるこ)さん
幻想的で耽美な世界を軽やかに描き、2010年『虫と歌』で第14回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。連載中の『宝石の国』はアニメ化され、人気を博している。

■衛藤ヒロユキ(えとう・ひろゆき)さん
剣と魔法のRPG的世界観とシュールなギャグが、絶妙な化学反応を生んだ『魔法陣グルグル』は累計1200万部のベストセラーとなり、3度アニメ化された。現在、続編『魔法陣グルグル2』を連載中。

■大童澄瞳(おおわら・すみと)さん
個性豊かなキャラに斬新な構図、自由な発想で物語を紡ぐ気鋭。デビュー作『映像研には手を出すな!』はアニメ化され、一時書店からなくなるほど話題に。ドラマ化、映画化も。

■スケラッコさん
日常のすぐ裏に潜む非日常をほのぼのと描き、独自のワールドを展開する奇才。家ほどの大きさの犬との交流を描く『大きい犬』は「このマンガがすごい!2018」にランクインした。

■種村有菜(たねむら・ありな)さん
繊細かつ美麗な画風と詩的な心情描写は、幅広い世代の乙女に支持されている。
代表作『神風怪盗ジャンヌ』は累計発行部数500万部を突破、アニメ化もされた。

■星野リリィ(ほしの・りりぃ)さん
軽快でポップな作風と、艶のある端麗な男性キャラクターが魅力の人気漫画家。『おとめ妖怪ざくろ』などの作品のほか、アニメのキャラクター原案なども手掛ける。

 
【関連】
ポプラ社ポケット文庫+ (@poplar_pocket) / Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です