本のページ

SINCE 1991

詩人・最果タヒさんエッセイ集『コンプレックス・プリズム』が刊行 嘉江さんの漫画も収録

最果タヒさん著『コンプレックス・プリズム』(画・マンガ:嘉江さん)

最果タヒさん著『コンプレックス・プリズム』(画・マンガ:嘉江さん)

詩人・最果タヒさんのエッセイ集『コンプレックス・プリズム』(画・マンガ:嘉江さん)が、大和書房より刊行されました。

 

あなたがあのころに感じた傷は、いまどうなっていますか?

今最も注目される詩人・最果タヒさんによる人気Web連載が、6篇の描きおろしとともに書籍化されました。10代のときの劣等感に光を当てて映る世界を紡ぐエッセイ集です。

連載時にはなかった嘉江さん (Twitter @mugoisiuchi)による漫画も収録。

 
<「はじめに」より>

劣等感とはいうけれど、それなら誰を私は優れていると思っているのだろう、理想の私に体を入れ替えることができるなら、喜んでそうするってことだろうか? 劣っていると繰り返し自分を傷つける割に、私は私をそのままでどうにか愛そうともしており、それを許してくれない世界を憎むことだってあった。劣等感という言葉にするたび、コンプレックスという言葉にするたびに、必要以上に傷つくものが私にはあったよ、本当は、そんな言葉を捨てたほうがありのままだったかもしれない。コンプレックス・プリズム、わざわざ傷をつけて、不透明にした自分のあちこちを、持ち上げて光に当ててみる。そこに見える光について、今、ここに、書いていきたい。

 

本書の目次

はじめに
天才だと思っていた
わたしのセンスを試さないでください。
謙虚殺人事件
本気の「好き」じゃないんじゃない 「変とか言われて喜ぶやつは凡庸だ」
慰めたいとは思うけど。
生きるには、若すぎる。
私はだれも救えない。
成人の日に。
正しさを気取っている。
何もしたくないわけではないし、できないわけでもないが、しない日。
この良さが、わからないなんてかわいそう。
話すのが苦手って、本当 自分大好きちゃん
憧れは屈辱。
心をあなたに開かない。
拝啓、私は音痴です。
恋愛って気持ちわるわる症候群
「悪い人なんていないと思う」
音楽に救われたことがない。
どうか話しかけないでください。
全てはにわかから始まる。
私は、バカじゃない。
どうか味方ができませんように。
優しさを諦めている。
結論至上主義破壊協奏曲
言語化中毒
あとがき

 

最果タヒさん プロフィール

著者の最果タヒ(さいはて・たひ)さんは、1986年生まれ。2004年よりインターネット上で詩作をはじめ、翌年より『現代詩手帖』の新人作品欄に投稿をはじめる。

2006年、現代詩手帖賞を受賞。2007年、詩集『グッドモーニング』を刊行し、中原中也賞を受賞。2014年、詩集『死んでしまう系のぼくらに』刊行以降、詩の新しいムーブメントを席巻、同作で現代詩花椿賞受賞。

2016年の詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』は2017年に映画化され(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也監督)、話題を呼んだ。

詩集に『愛の縫い目はここ』『天国と、とてつもない暇』『恋人たちはせーので光る』『空が分裂する』など、小説家に『星か獣になる季節』『少女ABCDEFGHIJKLMN』『十代に共感する奴はみんな嘘つき』など、対談集に『ことばの恐竜』、エッセイ集に『きみの言い訳は最高の芸術』『もぐ∞』『「好き」の因数分解』。

2017年に清川あさみさんとの共著『千年後の百人一首』で100首の現代語訳をし、2018年には案内エッセイ『百人一首という感情』を刊行。

★Twitter:https://twitter.com/tt_ss

 

コンプレックス・プリズム
最果 タヒ (著)

劣等感にあてた光が乱反射して言葉となって煌めく、珠玉のエッセイ集。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です