本のページ

SINCE 1991

末次由紀さん原画展「ちはやふるの世界~おこしやす京都篇」開催! 末次由紀さんのサイン会も

末次由紀さん原画展「ちはやふるの世界~おこしやす京都篇」開催!

末次由紀さん原画展「ちはやふるの世界~おこしやす京都篇」開催!

2018年に東京・大阪・名古屋、2019年春には聖地のひとつ・福井県あわら市で開催され、大盛況を博した「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~」が、「京都国際マンガ・アニメフェア2019」(京まふ)の連動企画として、2019年9月21日(土)から12月22日(月)まで、京都国際マンガミュージアムにて開催中です。

また、末次由紀さんのサイン会も11月30日(土)に開催されます。

 

小倉百人一首ゆかりの地・京都にて『ちはやふる』の世界を堪能!

ダイナミックな”競技かるた”の魅力や、等身大の高校生たちの熱き青春群像を描く『ちはやふる』。本展は、最新作品を含む美麗な原画の数々を、京都ならではの演出とともに楽しめる構成となっています。

また、ファン必見の目玉イベントとして、これまでの各会場でも大変人気を集めた、『ちはやふる』の原作者・末次由紀さんのサイン会の開催も決定しています。

 

原画展「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~ おこしやす京都篇」 開催概要

■展示内容
◎「ちはやふる」の原画や、「ちはやふる」が各企業とコラボレーションした作品の原画など、総数130点以上(展示替えあり)を展示し、末次由紀さんの流麗な色彩と、繊細なタッチによって描かれた原画の魅力を紹介します。
◎また、生原稿の展示コーナーでは手描きのネームノートもご覧になれるほか、原画展独占公開のアトリエ再現コーナー、本展キービジュアルの制作過程を収めた映像の放映など、多彩な展示を通じて、末次由紀さんの創造の世界を体感できる展覧会です。
※展示の内容は、事前の予告なく変更の可能性があります。

■会場:京都国際マンガミュージアム ギャラリー1、2、3(京都市中京区烏丸通御池上ル)

■期間:2019年9月21日(土)~12月22日(日)
※前期(~11月5日(火))・後期(11月9日(土)~)での展示替えあり。展示替え期間中は展示をご覧になれません。

■開館時間:午前10時~午後6時 (最終入館は午後5時30分)
※9月21日(土)、9月22日(日)は午前10時~午後8時(最終入館は午後7時30分)
※休館日:毎週水曜日

■入場料:無料
※ただし、マンガミュージアム入場料〔大人800円、中高生300円、小学生100円〕は別途必要。
※11月11日(月)は「関西文化の日」につき入場無料

■主催者等
◎主催:京都国際マンガミュージアム/京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会
◎協力:講談社
◎企画制作:第一通信社

★詳細:https://www.kyotomm.jp/event/exh_chihayahuru/

 

末次由紀さんサイン会 開催概要

本展開催に合わせて、末次由紀さんご本人によるサイン会が開催されます。

 
■日時:2019年11月30日(土) 午前11時~午後2時ごろ

■場所:京都市内某所

■定員:70名

■参加方法:参加希望者は往復ハガキに必要事項(住所・氏名・年齢・連絡先電話番号・メールアドレス)を記入の上、マンガミュージアム「末次由紀サイン会係」へ申込んでください。応募にあたっては、下記「参加条件」を事前に確認の上、申込んでください。

<参加条件>
「京都国際マンガミュージアム」ミュージアムショップにて「アートブック」(2,300円)と「公式図録」(1,200円)の合計3,500円(税別)をお買い上げの方がサイン会応募の対象となります。
※サインは公式図録の所定の位置に入ります。
※サイン会場へは、京都国際マンガミュージアムへの入場券が別途必要となります。(ミュージアムショップへは入場料は不要です)
※会期中~サイン会当日まで、ミュージアムショップで上記対象商品を購入した方には「購入証明券」を配布します。サイン会当日は、「当選ハガキ」「購入証明券」の2つともを持参する必要があります。
※応募は参加する本人に限ります。(15歳以下の方は保護者の承諾を得てから応募してください)
※小学生以下は保護者の同伴が必要です。

■申込期間:10月7日(月)~10月27日(日)消印有効
■当選通知:11月8日(金)以降を予定

★詳細:https://www.kyotomm.jp/event/eve_chihayahuru_signing/

 

『ちはやふる』とは

『ちはやふる』は、ダイナミックな“競技かるた”の魅力、主人公「綾瀬千早」、そして「かるた」を通じて幼い頃に出会った「真島太一」と「綿谷新」の3人を中心に、等身大の高校生たちの熱き青春群像を描き、少女漫画の枠を超え男性からも人気を博す青春コミックの金字塔です。

 
2007年12月、講談社『BE・LOVE』にて連載開始。2009年「第2回マンガ大賞」受賞、2010年「このマンガがすごい!」オンナ編第1位獲得、2011年「第35回講談社漫画賞」少女部門賞受賞。コミックス累計42巻、累計発行部数2400万部を突破(2019年7月現在)。

2011年、2013年にアニメ化(日本テレビ)され、2019年10月22日火曜深夜25:29から第3期を放送開始。2016年には広瀬すずさん主演で2部作([上の句][下の句])として実写映画化、2018年にはその完結編として「ちはやふる -結び-」が全国公開され、シリーズ累計観客動員数400万人超の大ヒットを記録しました。

 

末次由紀さん プロフィール

末次由紀(すえつぐ・ゆき)さんは、福岡県生まれ。1992年「太陽のロマンス」で「第14回なかよし新人まんが賞」佳作を受賞、同作品が『なかよし増刊』(講談社)に掲載されデビュー。

2007年から『BE・LOVE』(講談社)で「ちはやふる」の連載を開始。2009年同作で「第2回マンガ大賞2009」を受賞するとともに「このマンガがすごい!2010」(宝島社)オンナ編で第1位となる。2011年『ちはやふる』で「第35回講談社漫画賞」少女部門を受賞。

 

「京都国際マンガ・アニメフェア」について

「京都国際マンガ・アニメフェア」は、関西圏企業と首都圏企業とのビジネスマッチングの場の創出、関西で優秀な若手クリエイターが育つための市場づくり、マンガアニメファン及び外国人も含めた観光客の新たな層の掘り起こしなど、関西圏のコンテンツ市場の促進を図ることを目的として毎年9月に開催される西日本最大規模のマンガ・アニメイベントです。

今年で8回目を迎えます。

 

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早。
そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。
まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

 
【関連】
ちはやふるの世界~末次由紀原画展~ おこしやす京都篇 | 京都国際マンガミュージアム
末次由紀サイン会 | 京都国際マンガミュージアム

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です